2009年7月24日

15分deご飯☆玄米もち

アグリガールとはいえ、平日は派遣OL。

ウチに帰れるのは早くて19時くらい。
帰りが遅くなるほど自炊が億劫に。。

それでも!できるだけ野菜使ったご飯が食べたいと日々心がけていること。

それは、

いかに短時間でご飯を作るか。


そんな私の強い味方。

そう、玄米もちの登場!
もちを焼いてのり、だけでも充分においしい。
でも野菜もとりたい、というわけで、こうなりました。

玄米もち.JPG


焼いている間に小松菜とえのきのお吸い物も。

0724今日のご飯.JPG

あまりに簡単なので、レシピというほどではないけれど。
一応、作り方を。

材料
<玄米もち>
・玄米もち
・おくら
・えのき
・塩
・のり
<お吸い物>
・小松菜
・えのき
・水(あれば昆布と干椎茸の出汁)
・塩
・しょう油

おくらは塩で板ズリしてから軽く洗い、もち、えのきと一緒に焼くだけ。これにのりを巻いて食べます。

お吸い物は水を180mlほど沸騰させて、えのきと小松菜を入れて2、3分ゆでて、塩としょうゆで味をととのえるだけ。えのきからダシが出るので、ダシいらず。

ね。簡単でしょ?
これだと、ほんとに15分でできるのです☆
写真とってたら少し過ぎちゃったけど(笑)

のりに巻いた完成形はこんな感じ。

玄米もち完成形.JPGのサムネール画像


私は玄米もち、たいていストックしてます。
個包装のものか、そうでなければ食べやすい大きさにカットして、冷凍庫で保存。
今回みたく細長い長方形にすると、冷凍でも早く焼けるので便利。
さらに半分に小さく切ったおもちは、そのままおみそ汁やお吸い物に入れて。

そうすると、お腹が空いたけどご飯ない!て時の心強い助っ人に。

今回使用したのは、アースデーマーケットで購入したもの。
「みやもと山」という農家さんが、無農薬無科学肥料の玄米を搗いて作っています。
(http://www.yasai-gurashi.com/shop/miyamotoyama/index.html)

実はこのお餅、めっちゃめちゃおいしいです。
手作りなので玄米のつぶつぶ感が少し残っていて、その香ばしいことといったら・・!
初めて試食した時以来ハマってしまい、マーケットのたびに購入して冷凍庫にストック♪

みやもと山さん、いつもおいしいおもちをありがとう!

Masako