2009年10月25日

10/18 土と平和の祭典~なすの気持ち~

今年で3度目を迎える土と平和の祭典。
ボランティアスタッフとして2回目の参加です。

何と約4万人もの来場者が来たらしく、今年も大盛況でした!!

CIMG2162.JPG
オープニング


CIMG2163.JPG
鏡割り!


試食あります.JPG
試食あります♪

マーケット.JPG
おなじみの竹テントブース

歌あり.JPG
歌あり

脱穀体験.JPG
子供の遊び場や脱穀体験

糸つむぎ.JPG
糸つむぎの実演も

Funkist.JPG
去年の土と平和でファンになったFUNKIST!!

空へ.JPG
ボーカル染谷さんに促されて見上げた空。
こんなに気持ちのいい空なのに、イベントに夢中で、全然見ていなかったことに気づいた。。


そして今年の祭典の名物!?は・・

なすだいこんきのこ.JPG

じゃじゃ~ん。ベジガールズでーす。
(さすがに恥ずかしいので、写真は小さく。。)


そう、私、なすになりました。
まさかこの年令で、なすになるとは思いもよらず・・。

スタッフ休憩所で、「せっかく持ってきたのに着る人がいないんだよ~。誰か着てみてよ!」という話しになり、おもしろそうなので「一瞬だけなら着てみたい。」と。注意一秒ケガ一生。

「うん、似合ってる!」と笑いながらほめられて(?)喜んでるばあいではなかったのだ。(←うれしいのか!?)
そのまま「カンパお願いします」の札をぺたっと貼られて、「行ってらっしゃ~い」てな羽目に。

でも、大根ときのこも道連れさ。
こうなったらと開き直って、カンパ集めにレッツゴー。

そしたら何だか、とても楽しかった。

人間のときよりも周りの人の目がやさしいし。(←ていうか引いてた!?)
子供たちも寄ってきてくれる。


「わぁ、ナスだぁ~」
「ナス好き?」
「ううん、嫌い。」
「・・・」


カンパにご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!
ベジガールズは、一日限りで引退します!!(笑)


ところで、前年のこのイベントで農に目覚めて人生変わったという話しを耳にしました。

そんなイベントに、ボラスタッフとしてかかわれたことをとてもうれしく思う。
たとえなすでも。いやなすだからこそ土の大切さがわかるのだ☆

Masako

2009年10月24日

旅風景その6~旅の終わりに~

シャロムでは毎朝6時からヨガがあるのだけれど、目が覚めたのが6時!?
慌てて着替えて、地下にあるヨガルームにかけこみました。。


CIMG2119.JPG

7時からはエコツアー。
シャロムの持続可能な農的暮らしを説明つきで見てまわります。
その日はオーナー臼井さんのツアーでした。

CIMG2123.JPGCIMG2129.JPG

自然農の畑にびっくり。。
なるほど、野菜の味が濃くておいしい理由がわかりました。


CIMG2131.JPGCIMG2134.JPG

朝食はバイキングで食べ放題♪
石釜で焼いている天然酵母パンが最高!


CIMG2107.JPG

10時にチェックアウトしたけど、しばらくホールに居座って読書したり、自然農の畑を散歩したりと時間を稼いで・・


CIMG2147.JPGCIMG2149.JPG

お目当ては12時開店のレストランにて、石釜で焼いたピザ!
これは食べる価値ありです。


4泊5日の安曇野、いろんな出会いがあって、おいしいものをたくさん食べて、予想以上に内容の濃い旅になりました。

改めて、出会ってくれた人たちに感謝です!
安曇野で、東京で、また会おうね!!


Masako

旅風景その5~いよいよシャロムヒュッテへ~

いざ、念願のシャロムヒュッテへ。

アクセスは穂高駅から。
夕方17時半に送迎があると聞いたけれど、地球宿の望さんお勧めもあって、ひつじ屋さんで自転車を借りることに。

自転車での移動は大正解!
自由にあちこちまわれるし、前方に山を眺めながらペダルを漕ぐのは最高に気持ちが良かった。

CIMG2051.JPG


出発して5分も経たないうちに移動販売カーこらくると出会いました。

CIMG2045.JPG
CIMG2048.JPG
CIMG2049.JPG

玄米ぴざの文字に引き寄せられて、つい・・(笑)

地球宿でのイベントに出店することもあるようで、望さんともお知り合いでした!
地元の農家さんを応援したいという気持ちが、私のお手伝いしているアースデーマーケットとも通じるものがあって、しばらく立ち話し。

うれしいことに、ピザもラザニアも肉や化学調味料不使用でベジ対応です(チーズは使っているけれど、なしにもできるとのこと)。

こらくるさん、ぜひぜひ東京でも出店してください!
これからの季節、野菜の重ね煮おでんが食べたいです。(そのときのメニューになかったけど、後日チェックしたこらくるさんのブログに載ってたの!)


注文したのは野菜ラザニアピタサンド。
少し先にあった川原でいただきました。

CIMG2055.JPGCIMG2060.JPG

CIMG2065.JPG
ボリューム満点でとってもおいしかった!
知らない人が食べたら、お肉が入ってないなんて気づかないと思う。


CIMG2070.JPG

あまりに気持ちが良くて、しばらく河原で寝そべっていました。


その後は観光客らしくギャラリーなどに立ち寄った後、「ひつじ屋」さんお勧めのお蕎麦屋さん「ふじもり」に向かいました。(おいしいお店は地元の人に聞くのが一番です♪)
CIMG2087.JPGCIMG2088.JPG
CIMG2090.JPGCIMG2093.JPG

さすがに連休真っ只中、人気のお店らしくとても混んでいて、残念ながら玄そばは売りきれ。でも八割そばもとってもおいしかった。植物性のだしを使った精進つゆにしてもらったのだけど、これがまたうまい!
お店の人の笑顔と対応がとても良くて、素敵なお店でした。

その後絵本館に立ち寄り絵本の鑑賞とのんびりティータイムの後、夕方17時前にはシャロムヒュッテに到着。

CIMG2097.JPG
はじめて来たのに、何となくなつかしい感じがする。。
オーストラリアでのワーホリ時代に泊まっていたバックパッカーの宿に、雰囲気が似ているのかもしれない。


CIMG2111.JPG
その日のメニュー

CIMG2112.JPGCIMG2114.JPG
CIMG2116.JPGCIMG2117.JPG

基本的に和食中心の養生園とはまた違って、コース料理。
マクロビではないようだけど、基本的には玄米菜食です。
もう言うまでもなく、おいしかった。手の混んだ工夫がされていて、思わず作り方を聞いてしまうほど。
同席した、やはり一人旅の女性と仲良くなっていろいろと話しをしました。
シャロムに泊まってみたくて、高知から高速バスで来たとのこと!

20時からはオーナーの臼井さんと、掘りごたつを囲んでスライドショーとお話しができる時間。
元シャロムのスタッフの方も宿泊客で参加されていました。
都内で働きながら、群馬で畑をしているとのこと。
そのすばらしい行動力は、やはりスタッフ時代に培われたのかしら!?

なんだかんだと話し込んでいたら23時を過ぎてしまって・・、翌朝のヨガプログラム(6時~)に寝坊するのでした(汗)


いったいこの旅の間に、どれだけの人と知り合っただろう!?


Masako

2009年10月22日

旅風景その4~穂高養生園、そして地球宿へ!~

CIMG2016.JPG

養生園で過ごす最後の日は気持ちのいい秋晴れ!

朝のプログラムはヨガ。
いわゆるハード系ではなくて、ゆっくりとした動きの呼吸を大事にするヨガでした。

朝ご飯はお粥。こんなご飯が毎日食べたい。。。

CIMG2019.JPG 


朝食後は、すっかり気に入ってしまったカフェへ再訪。
初日に仲良くなったSさんと、前日から宿泊のNさんとの3人で。

CIMG2006.JPGCIMG2023.JPG


楽しい時間を過ごした養生園に後ろ髪をひかれつつ、その日の宿泊地、地球宿へ。


実は地球宿、それまで名前も知りませんでした。。(望さん、ごめんなさい!!)


きっかけは、お目当ての日にシャロムの予約がとれず養生園にもう1泊?と思っていたところ、偶々その話しをした知人の強い勧めがあって。


「安曇野やったら先輩が宿やっとんねん!そこ泊まったらええがな。連絡しといたるで!!」と・・(笑)


ところが養生園やシャロムともつながりがあって、安曇野では有名な宿なのです。
翌日出会ったこらくるの人からも、地球宿は安曇野を元気にしていこう、という動きの牽引的的存在でもあるんだよ。と聞かされました☆


一日市場駅までオーナーの望さんが車で迎えにきてくれて、いざ地球宿へ。

CIMG2031.JPG

なるほど、農家民泊のような感じ。
宿の写真はこちら
→http://chikyuyado.com/


15時過ぎに着いてしまい特にすることもないので、田んぼと畑に行くという望さんについて行くことに。
CIMG2035.JPG地きゅ宿の畑.JPG

野沢菜の間引きをちょっとだけお手伝い。


夕ご飯は全員で食卓を囲みます。
私を入れて女性二人、男性が二人の宿泊客に産後ステイ(ウテキアニ助産院での自然出産前後に滞在するユニークなシステム)中のお母さんと赤ちゃん、望さんのご家族もいるのでにぎやか。
さながら大家族のようで、一人暮らしが長い私には新鮮な感じがうれしい。

基本的に野菜が中心のご飯、家庭的でおいしかった!(ベジタリアンでも対応してくれます。ブレてしまったので、写真がないのだけど。。)


もう一人の女性客と相部屋になったのだけど、年令が近いこともあってすぐに打ち解けて。将来のこととか、方向性とか、悩んでいるところがなんとなく似ていたりして、夜中までつきることなくおしゃべりしてしまいました。


楽しい旅の思い出がまたひとつ。
紹介してくれたMさん、ありがとう!


地球宿はまた行きたい、というより「ただいま」って帰りたくなる場所でした。

望さん、悦子さん、お世話になりました&これからもよろしくお願いします!

Masako

2009年10月20日

旅風景その3~穂高養生園 2日目~

養生園の朝は8時のプログラムから始まります。
毎朝ヨガと散歩のどちらかを、一日おきに開催。

その日は散歩の日でした。
8時にホールに集合すると、軽くストレッチをしてから出発。

あいにくの曇り空でちょっと寒かったけれど、森を抜けて、小川にかかる丸太の橋を渡り、沢の流れる音に耳を傾けながら歩く気持ちの良い散歩道。
他の参加者の人たちとの楽しくおしゃべりをして、時々休憩をはさみながら、あっという間の1時間。

有明山神社.JPG
散歩途中に有明山神社を参拝。奥には小さな滝がありました。


写真はあまり撮りませんでした。
澄んだ空気がとても気持ちが良かったのでその場を感じたくて、カメラを取り出す気にならないのです。


戻ってきて、読書の続きをしながら10時半からの朝食を待ちます。


2日目の朝食.JPG
ひじきととうもろこし入り玄米ご飯
きのこのみそ汁
ごぼうと人参のゴマ味噌煮
小豆かぼちゃ
切り干し大根とキャベツの梅酢サラダ
青菜の油揚げロール葛あん
香の物

遅めにとるボリュームたっぷりの朝ご飯、というよりもブランチ。
やさしい味が体に沁みてきます。心から満たされるような感じ。

こんなご飯を作ることができたら、私にも人を幸せにすることができるだろうな。きっと。


朝食後は、養生園の森の家近くにできた、木と人カフェへ。
9月にオープンしたばかりの宿泊者用のカフェ。
私の泊まった里の家から徒歩で20~30分ほどの場所にあります。
昨日知り合った人たちと4人で行きました。

絵本にでも出てきそうなほど、かわいらしいカフェ。

木と人カフェ入口.JPG木と人カフェ.JPG
ペチカ.JPGスコーン.JPG


午後15時からは、びわの葉温灸を申し込んでいました。
養生園には鍼灸師さんが常駐していて、予約すると鍼灸やびわの葉温灸、指圧マッサージなどが受けられます。
詳細はこちら
→http://www.yojoen.com/stay/therapy.html


びわの葉温灸は今まで気になりつつも、どこか悪いわけでもないのにわざわざ鍼灸院行くこともなかったのでいい機会でした。

気温が低い日で体が冷えていたのだけど、じんわりと温かくなりました。
とても気持ちがよかったです。
自然療法に興味があるので、鍼灸師さんにいろいろと質問しちゃいました。

2日目の夕食.JPG
2日目のでざーと.JPG
酵素玄米
れんこんの挟み焼き
人参と糸こんにゃくの炒り煮
蕪の葉のエゴマ和え
かぼちゃとひよこ豆、たまねぎの煮物
高野豆腐とキャベツのおみそ汁
香の物
デザートは豆腐のティラミス


連休前の金曜日だけあって、前日よりも宿泊客が増えてにぎやかに。
女性同士のグループやご夫婦で来ている方、そしてやっぱり一人旅の女性も。
話しをしてみたところ、同じ年ということが判明して息投合!

旅先で出会うと、とても打ち解けやすい気がする。
日常とは違う空間で、心も体も開放的になっているせいかな?


その日も20時過ぎにお風呂に入って、本を読んでから就寝。


朝の散歩とカフェへの往復でけっこう歩いた一日でした。
おやすみなさい。

・・・Zzz

Masako

2009年10月17日

旅風景その2~穂高養生園 1日目~

CIMG2017.JPG

初日の宿、穂高養生園に着いたのは16時頃。
ここは夕飯が17時半と早めで、すでにキッチンの辺りからいい匂いがしていました。


穂高養生園はよくオーガニックやエコ系の雑誌で紹介されています。「穂高養生園の週末ごはん」というレシピ本を読んでずっと気になっていて、念願の宿泊。せっかくだからのんびりしようと2泊しました。
実際に泊まってみて、その良さを実感!

では養生園がどんなところか、体験をもとにご紹介しましょう☆

「養生園は、「食事・運動・休養」という3つのアプローチを通じて、体調を改善するための様々なプログラムを提供し、「自然治癒力」を高めることを目的とした宿泊施設です。」(HPより抜粋)

定期的にデトックスプログラム(2泊3日の半断食)などを行っているみたいですが、通常の宿泊は1泊2食付で10000円。
食事はマクロビオティックを基本とした玄米菜食。さすがレシピ本を出しているだけあって、とっってもおいしかったです!

ただし残念ながら宿泊客以外は食事不可とのことで、宿泊しない友人は食事ができません。。でも園内の見学は自由にさせてもらえました。

私が泊まった2階の部屋は和室。シンプルな畳の部屋に小さな木の机。お布団はセルフで敷くのだけどふかふかの羽毛布団。
1階の部屋は洋室(ベッド)のようです。
養生園の部屋.JPG

ホールには常に三年番茶とハーブ水が用意されていて、フリー。他にも有料で梅醤番茶やハーブティーのパック、穀物コーヒーなども置いてあって、ほしい人は50円を箱に入れてセルフで。


さてさてお待ちかねのご飯!!

100809晩御飯.JPG
酵素玄米、トマトソースのグラタン(里芋、たまねぎ、人参、小かぶ、しめじ等)、キャベツとかぼちゃとモチキビのミルフィーユ、角切り野菜のおろし和え(大根、ズッキーニ、りんご、黒豆、さつまいも(素揚げ)、ごぼう(素揚げ)等)、ポタージュスープ(レンコンすりおろし、オートミール)

みかんデザート.JPG
デザートはみかんの葛粉プディング!

都内でもいろいろなマクロビカフェに行きましたが、ここはいろんな意味で質の高さを感じました。ご飯を食べておいしいと思うことはよくありますが、感動することは滅多にありません。ていねいに心を込めて作られているのが伝わってくる、そんなご飯でした。

お食事はホールでいただくのですが、2つの長テーブルに相席することになります。どこに座ろう?と迷っていたところで、他の方から声をかけていただきました。友達同士だろうと思っていた女性客3人が、実はそれぞれ一人旅とのこと。
そのうち二人は、今回が何度目かの宿泊。やっぱりリピーターが多いみたい。
食事のあともお茶を飲みながら4人でおしゃべり。

そしてお風呂は何と中房温泉から源泉を引いてきているとのこと!
あまり広くはないけれど、とっても気持ちがよくてのんびり長風呂しました。

客室近くの通路に本棚もあって、興味深い本がたくさん。
夕飯が早いと、楽しいおしゃべりに長風呂の後でもまだ22時前。時間がゆっくりと流れていきます。
部屋に戻ってお布団の中で本を読みつつ、安曇野の夜は更けていくのでした。。

Masako

2009年10月15日

旅風景その1~松本、安曇野へ~

松本城.JPG

先週末は連休に有休をプラスして、松本経由で安曇野へ4泊5日の旅行に行ってきました!

新宿~松本は高速バスが出ていて、思っていたよりも安くて近くて、手軽に行けました。
連休だけあって、帰りは渋滞に巻き込まれて大幅に遅れましたが。。


今回の旅の目的は、ずっと気になっていた宿、穂高養生園シャロムヒュッテに泊まること。さらに知人の紹介で、地球宿というところにも泊まることになりました。
3件ともとっても個性的な宿です!

それ以外は何も考えずに行ったので、観光スポットも何もチェックしていない。。

初日は松本在住の友人に案内してもらったのですが、そんな私にちょっとあきれ顔(笑)
とりあえず松本城に連れて行ってもらいました。

城の中と庭を入場料600円で見学できます。

敵の侵入を防ぐためとあって階段は一段一段の高さがあり、かなり急。
昔の火縄銃など展示物もなかなか興味深いですが、石落としや鉄砲狭間と呼ばれる窓もあって建物自体戦国時代を彷彿とさせる造りでした。


ランチは松本から車で20分ほどのそば集落へ。
おすすめと書いてあったので二八の粗引きを注文。
十割蕎麦も気になっていましたが、おいしかったので大満足。
やっぱり信州といえば蕎麦ですね♪(蕎麦の写真は撮り忘れました。。)
そば集落.JPG蕎麦や.JPG
http://www.suisya-ya.com/

そして目的地の穂高養生園へ。

穂高養生園は宿泊施設ですが、ふつうの宿とはちょっと違います。
(というよりも、今回宿泊した3軒ともふつうの宿ではありませんでした(笑) 良い意味で。)

それぞれの宿の詳細は、別途ご紹介します!

Masako

2009年10月 2日

秋の木の実拾い・・サバイバルな人生に向けて!

秋です。実りの秋。
奥多摩に木の実拾いに行ってきました。


木の実いろいろ.JPG

最近とっても、野草や木の実に興味があるのです。

とはいっても、何が食べられるのか見分けがつかないし、どう食べたらいいのかもわからない!
というわけでBe Nature Schoolの主催するイベント「東京グリーンライフ・木の実を拾って木の実を食す」に参加。


奥多摩の自然.JPG木の実拾い.JPG

奥多摩の大自然、空気がおいしくて都内とは思えません!
夢中になって木の実を拾いました。

コナラ.JPG
これはコナラ。アクが強い方で、アク抜きがちょっと大変。

食べられない赤い実.JPG
一見おいしそうな赤い実ですが、食べられないそうです。残念。。

野草や木の実は毒があるものもあるので、むやみに食べないよう気をつけましょう。

歩き回ってお腹が空いたところで、毒草を食べてしまわないうちに(笑)ランチです♪
アウトドアなランチをスタッフの方が用意してくださっていました!

栗ご飯.JPGCIMG1943.JPG

時間の都合上、拾ってきた木の実は食後に調理を。
その間スタッフの方が、下ごしらえや準備。

皮むき.JPG
どんぐりはまず水につけて、浮いたものは取り除きます。
皮むきは根気のいる作業だけど、おしゃべりしながらだと楽しいです。

スダジイ.JPG
これはスダジイ。アクがほとんどなくて、生でも食べられるそう。
奥多摩にはあまりない種類らしく・・、スタッフの方が事前に石神井公園で拾ってきたもの。
奥多摩じゃなくてもよかったのでは・・、な~んて無粋なつっ込みはなし(笑)
大自然を満喫しましょう☆

炒ったスダジイ.JPG
皮を剥いて、炒ったスダジイ。茹でてもいいです。
ちょっと炒りすぎたかな?と思うくらい色が変わったスダジイも、カリッとした食感がおいしい。
ちょっと味の薄いナッツ(?)といった感じ。ほのかな甘みがあって、私はけっこう好き。

CIMG1959.JPG
皮ごと茹でてから剥いた栗。文句なしにおいしい。
野生の栗は市販品よりもだいぶ小さめ。だけど甘みはこちらの方が強いそうですよ。


ちなみに、どんぐりはブナ科の果実の総称。
上でもコナラとスダジイの2種類を紹介しましたが、いろんな種類があります。

詳しくはWikiで・・
→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA


後から判明したのですが、スダジイはウチの近所の公園にもあるらしい。


木の実や野草・・、お金も手もかけずに食料を入手できるなんて、すごいことだと思いません!?
もちろん食べるまでには手がかかることになるのですが。まさに自然からの恵み。

将来的にどこで暮らすかわからないし、田舎暮らしの可能性も充分あるし・・。

サバイバルな人生に備えて、知識や経験を磨いておきたいと思っています。

Masako

2009年10月 1日

9/23 Earth Day Market

9/23は、ほどよく太陽が出て雲もあって、寒くもなく暑すぎないマーケット日和でした。

CIMG1910.JPGCIMG1911.JPG

たくさんの人でにぎわいました。

すっかり定着したこのイベント、スタートは朝10時からですが、早めに来て人気のある野菜、果物をしっかりgetする人も。

今回はようやく、念願の包丁研ぎをお願いできて大満足でした。
プロの研士、「砥真」さんにお願いしたのは愛用している(わりには半年以上研いでいなかった・・)Tojiroの包丁。

包丁研ぎ.JPG

その成果たるや、すごい!
気持ちいいくらい、スパスパ切れます。
お料理がますます楽しくなりました。


ところで今回は菜種油絞り体験もありました。
Earth Dayマーケットでは、こんなユニークな取り組みもしています。

詳細です→
------------------------------------------
■場所

アースデイマーケットはじめる自給チャレンジ ブース内

■内容:
1)菜種油絞り体験
2)菜種の配布

■時間(予定)
午前に1回(11:30-)
午後に2回(13:00-/14:00)

■参加費:アースデイマネー200r

■特典!:
1)菜種油絞り体験ができます。
2)絞った油は参加者で配分。持って帰れます。(30~40ml程度)
(参加される方は、小瓶を持ってきてください。
※小さめのペット ボトルでも代用できます)
3)参加者全員に、来年2010年の搾油用に、菜種をプレゼント!

■参加の方法・お申し込み:当日参加でOK。各回、先着5
(予約の必要はありませんが、先着順の受付となります。
また持って帰る用の容器がある方に限ります)

■実施団体・特別協力:農業生産法人 有限会社マザーアースクラブ

http://www.earthdaymarket.com/348/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%8B%E8%87%AA%E7%B5%A6%EF%BC%81%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8-%E3%83%99%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%8B%EF%BC%81/
------------------------------------------

実はちょっとしたいきさつがあって、10/4(今週末!)のマーケットではこちらのブースを担当することになりました。
説明や菜種油絞りの実演は、マザーアースクラブの方がやってくださいます。

ブースはこんな感じ。↓
CIMG1906.JPGCIMG1905.JPG

絞りたての菜種油がほしい!という方、ペットボトルでもいいので容器をご持参くださいね。
そして早めに来て、予約しておくといいかもしれません。

このブログをご覧いただいた方、「読んだよ!」って声をかけていただけたらうれしいです。

当日が楽しみ!でもちょっとドキドキ☆


10/4の出店者情報は、Earth Day MarketのHPをご覧くださいね。
→http://www.earthdaymarket.com/category/schedule/yoyogi/2009-10-04/


Masako