2009年11月21日

11/15 サティシュクマールさんのお話し会@鴨川自然王国

15日夜は、鴨川自然王国でサティシュクマールさんのお話し会がありました。

基本的には鴨川在住や移住予定の方々の集まりのようだったのですが、紛れ込んで参加☆

一人一品のポットラック(持ち寄り)パーティ形式。
私達(棚チャレメンバー4人+王国研修生2人)も、調理の直前に畑からとってきた新鮮な野菜で一品ずつ作っていきました。

テーブルに並んだ数々のごちそう!!
がんばったけど、全種類食べることはとうてい叶わず・・(笑)

20091114 074.JPG

20091114 075.JPG

このお話し会、参加メンバーがすごい!!

加藤登紀子さん、辻信一さん、きくちゆみこさんなど、すごいメンバーがサティシュさんと並んで、交代で通訳してくださっていました。
→サティシュさんのプロフィールはこちらへ。
http://www.sloth.gr.jp/aboutus/event/event_now.html


なまけものクラブの人やキッタさん、新規就農の農家さんなどなどいろんな方がいらっしゃっていました。


サティシュさんは始終穏やかで、ソウルとスピリットについて、土とつながる生活がいかに大切かということについて、エゴからエコへつながる呼吸法について、お話しされました。

今は変革の時期。リーダーはオバマ大統領でも鳩山総理でもなく、あなたたち一人一人だと、熱のこもったサティシュさんのお話しに感動してしまいました。


会が終わって最後にサティシュさんに握手していただきました。
大きくて温かい手でした。

思わず「今は都内で仕事をしているけれど、いつかは自分の田畑を持ち自給自足の生活をしたい」と言ったところ、"You will Marry with farmer."と目を見て言われてしまい・・!?

ちょっとびっくり。
さて予言だったのか、ただの冗談だったのか・・結果が出るのを楽しみに待ちましょう(笑)


いま鴨川が熱いです!!

Masako

はじめる自給!チャレンジ★ニュース('09.11.21)

種まき大作戦の「はじめる自給!チャレンジ★ニュース」を転記します。

楽しい予定が目白押し!
ちなみに22日のアースデーマーケットは本部にいると思うので、見かけたらぜひ声をかけてくださいね♪

--------------------
..................................
『はじめる自給!チャレンジ★シリーズ』開催スケジュール
..................................
□11月21日(土)
平和フォーラム2009 Be the Change @築地本願寺 ★入場無料・予約不要
サティシュ・クマールさん再来日!
→ 詳しくはこちら http://www.sloth.gr.jp/aboutus/event/event_now.html
..................................
□11月22日(日)
東京朝市アースデイマーケット@代々木公園けやき並木 ★入場無料・予約不要
→ 詳しくはこちら http://www.earthdaymarket.com/
※たなチャレに参加した方!1回の参加当たり400gの新米を受け取れます。
アースデイマーケットに来て下さいね。
(配送のご要望はお断りしています。あらかじめご了承下さい)
..................................
□11月23日(祝) 麦まきからはじめる!天然酵母パンチャレンジ
ぱんチャレ!麦まきツアー(千葉県神崎町こうざき自然塾)★募集中!明日まで

→ 詳しくは以下に!
..................................
□12月6日(日) 種まきからはじめる!手前味噌チャレンジ
みそチャレ!100人の収穫祭(千葉県神崎町こうざき自然塾)
→詳しくは以下に!
..................................
□12月13日(日)麦まきからはじめる!地ビールチャレンジ
びーチャレ!麦ふみ&クリスマスパーティー!(埼玉県小川町)
→ 詳しくは来週!

●皆さんぜひ、参加してね!

土土土土土土土土土土土土


■11/23(祝)麦まきからはじめる!天然酵母パンチャレンジ
ぱんチャレ!麦まきの巻

皆さんの要望にお応えして今年からやります!『麦まきからはじめる!天然酵母
パンチャレンジ 』です。
種まき大作戦とコラボレーションしませんか?パンづくり大好きな方、パン屋さ
ん募集中!
みんなの手でめちゃめちゃおいしい天然酵母のパンをつくりましょう!

◎日時 :11/23(勤労感謝の日)雨天延期 ※日帰り
◎集合:10:33 「下総神崎駅」
◎予定 (都合により若干の時間の変更ございます。予めご了承ください)
「下総神崎駅」10:33着 = 徒歩 =11:00-13:00 収穫作業
=13:00-15:30 交流会 =16:21「下総神崎駅」発 成田行き
(東京駅までだいたい2時間です)
◎ 持ちもの :
□ポットラック一品持ちより(一人がおなかいっぱいになる量であれば何でもOK

□飲み物 □マイ食器 □てぬぐい □着替 □帽子 □長靴 
◎参加費:3000円 ※大学生2000円(高校生以下 無料)
◎募集人数 :制限なし。
◎参加方法&締め切り:
以下を必ず明記の上、11/17(火)まで以下にお申し込みください。
..................................
11/23(祝)ぱんチャレ!麦まきの巻に参加します!
□参加者氏名:
□性別:
□連絡先(携帯番号)
□メールアドレス
□いっしょに参加される方のお名前(性別):
..................................


【協力】こうざき自然塾
http://www.kozaki-shizenjyuku.jp/

土土土土土土土土土土土土

■12/6(日)
みそチャレ!100人の収穫祭

待ちに待った大豆の収穫。今年は豊作!すごいぞ大豆まみれ!
みんなで祝おう!!餅つきしよう!踊りましょう!

◎日時 :12/6(日) 雨天延期 ※日帰り
◎集合:10:33 「下総神崎駅」
◎予定 (都合により若干の時間の変更ございます。予めご了承ください)
「下総神崎駅」10:33着 = 徒歩 =11:00-13:00 収穫作業
=13:00-15:30 交流会 =16:21「下総神崎駅」発 成田行き
(東京駅までだいたい2時間です)
◎ 持ちもの :
□ポットラック一品持ちより(一人がおなかいっぱいになる量であれば何でもOK

□飲み物 □マイ食器 □てぬぐい □着替 □帽子 □長靴 
◎参加費:3000円 ※大学生2000円(高校生以下 無料)
◎募集人数 :制限なし。
◎参加方法&締め切り:
以下を必ず明記の上、12/1(水)まで以下にお申し込みください。
..................................
12/6(日)みそチャレ!100人の収穫祭に参加します!
□参加者氏名:
□性別:
□連絡先(携帯番号)
□メールアドレス
□いっしょに参加される方のお名前(性別):
..................................
■申し込み先:
ハッタケンタロー seed★tanemaki.jp
(★を@に変えてね)

【協力】こうざき自然塾
http://www.kozaki-shizenjyuku.jp/

土土土土土土土土土土土土

はじめる自給!チャレンジ★ニュース('09.11.21)
http://www.tanemaki.jp

2009年11月20日

11/14-15 棚田チャレンジ芋煮忘年会 2日目☆

棚チャレ2日目は晴天!

気持ちのいい青空の下、9月に収穫して乾燥させていた雑穀の脱穀と籾摺りをしました。


まずは脱穀。茎からつぶつぶをとる作業です。

CIMG2241.JPGCIMG2243.JPG

板に荒縄を巻き、そこに雑穀をこすり付けて籾を落とします。
それがないときは、軍手をはめた両手で挟んでごしごしとこすり合わせてもパラパラと落ちてきます。

あわ.JPGひえひえ.JPG
左から、もちあわ、ひえ


もちきび.JPGたかきび.JPG
左からもちきび、たかきび


籾摺りの難易度は種類によって違いがあって、もちきび、もちあわ、ひえは比較的簡単。タカキビはなかなか離れなくて苦戦。。

みんなで脱穀.JPG
ポロポロと落ちるのが楽しくて、みんな夢中!


次はふるいにかけて、ごみと雑穀を分けます。

脱穀後のタカキビ.JPGタカキビふるい.JPG
こちらはたかきび。

籾摺りは、籾殻を取り除く作業。
今回はもちあわともちきびだけ籾摺りしました。

ひえとても時間がかかるらしく、高きびについては家庭用精米機でもできるらしい、ので、また後日。

籾摺りの方法はいろいろあります。
すり鉢.JPGミキサー.JPG
一升瓶.JPG
すり鉢でする、ミキサーにかける、一升瓶に入れて、棒でつくなど。
ミキサーを使う場合は2~3秒回して、止めて、を慎重に、少しずつ繰り返します。
やり過ぎると粉になってしまうので。。

風の力で・・.JPG手箕.JPG
うちわ戦法.JPG
外れた籾殻を飛ばします。
風を利用して飛ばす、息で吹く、うちわで扇ぐ、など。
ちなみに上写真の緑色のちりとりのようなモノは、手箕といいます。

上記の作業(籾殻を外す、飛ばす)を殻がなくなるまで繰り返します。

あわ使用前使用後.JPG
もちあわ。右から1回目、2回目、3回目と上記の作業を繰り返してすこしずつ籾殻がとれていきます。それでも少しは残ってしまうので、あとは手作業で。。

気の遠くなりそうな作業。。
みんなでおしゃべりしながらやると楽しいけど、だんだん口数少くなってきます(笑)

お店で販売されているものは機械を使っていますが、最終的にはやっぱり手作業が必要とのこと。雑穀って栽培しやすいというわりに、安くないのはこういうことだったのね。。


ウチの姫たちは、お兄ちゃん達にかまってもらって楽しく遊んでいました。
ほってぃと姪.JPGしゅんすけと姪.JPG

ランチはココナツミルクを使ったタイカレー。マジウマ☆
カレーと小松菜.JPG
カレー番長ジョー様、ごちそうさまでした!


結局脱穀は時間内に終わらず、各自分担して持ち帰ることに。
後は自宅でやって、1月の開墾新年会のときに持ってきましょうね。

ちなみに次回は1/30・31あたりにあるらしい。
参加希望の人は、ぜひ予定をあけておきましょー。
(変更あるかもしれないけど。。)

解散したのは15時過ぎ。

みんなが帰った後、連泊組みの4人は特別企画、サティシュクマールさんのお話し会&ポットラックパーティの準備です。

そちらの報告は、また後日upしますね☆

Masako

2009年11月18日

11/14-15 棚田チャレンジ芋煮忘年会の報告!

CIMG2237.JPG

秋。何度も見ても飽きることのない、鴨川の里山風景。


今回の棚チャレ芋煮忘年会は1泊2日。でも15日夜の特別企画に参加するため、月曜の仕事をお休みして鴨川に2泊!

移動の関係で金曜夜には会社から兄の家(埼玉)に直行。
そんなわけでトータル3泊4日のプチ旅行。
前回の稲刈りに参加した兄と姪2人に加えて、義姉と末っ子の三女(2才)も加わって、兄家族が総出で参加してくれました

さて、最初の作業は崩れてしまった田んぼの土手の修復。

作業の間はほとんど降らなかったけれど、前日と当日朝に降った雨で、現場はドロドロの状態。。

20091114 009.JPG

みんな泥だらけになりながら、シャベルを使い、崩れた土手の土を運んで固める作業。
水を含んだ土はドロドロで、重くて大変!
手でやった方が早い、とシャベルを放り出して手で泥を運ぶことに。バケツリレーならぬ泥リレー。
泥しぶきをあげながら、下の人が土手の上の方の人に泥をパス!上にいる人はその泥を固定させるようにシャベルで押さえます。

20091114 026.JPG

Tシャツも上着も手ぬぐいも顔もめがねも泥模様。
大人になってからはありえないような泥んこ遊び。

20091114 027.JPG
最後に杭を打って丸太を積み上げ、堤防をつくったら完成!!の、はずだったけど。。
土砂崩れ発生!!
崩れてくる泥になすすべもなく、無念ながら修復失敗。。。

20091114 029.JPG

がっかりしたけれど、泥んこ遊びはおもしろい経験。
失敗もまた、学ぶことあり。

・・と、気をとりなおして畑へ。


陸稲、ピーマン、えごまを収穫し、里芋を掘りました。小豆の収穫だけ12月頃になるようだけど、他は全て収穫完了。
その後は畝を平らにする仕事。


今年みんなで開墾した畑は、残念だけど地主さんに返すことに。
でも水はけのために堀った溝はそのまま、有効利用されるみたい。


畑から戻る途中、きれいな夕焼け空に目を奪われてしまいました。
田舎暮らしの醍醐味ここにあり。とたたずんでいたら、なんと虹も出現。
6才の姪にとっては、初めて見たほんものの虹だったようです。


夜は例によって、みんなでご飯を作りながらキッチンで一次会!
つまみながら飲みながら、楽しくお料理して、手の空いているひとから順番にシャワー。

親芋.JPG親芋ステーキ.JPGのサムネール画像

自分達で育てた里芋。
ふだんお店で売られているのは小芋や孫芋だけど、実は親芋もホクホクしていておいしいのです。お店に出回ることはめったにないので、これも貴重な体験。

親芋ステーキが焼けて皿に盛られたと思ったら、秒殺!
一口食べると・・「アツッ!ウマッ!!」思わず声がもれます。

まきちゃんの芋煮.JPG
今回のメインテーマは芋煮忘年会。
掘りたての里芋(小芋)で作った芋煮のメインシェフは、山形出身の現役大学生まきちゃん。芋煮は山形の郷土料理なのです☆

宴会芋煮.JPG宴会右テーブル.JPG
キッチンから場所を移して山小屋での宴会。

一年間の労をねぎらいながら、来年の村チャレ計画を話したり、わいわいがやがや盛り上がりました。


夜中も0時をまわって、ほろ酔い加減で外に出ると満点の星空。

でも、反対側の空はぼんやりと明るい。
どうも東京方面の空のようです。。
普段はあの眠らない街で暮らしているんだな。。

鴨川は懐中電灯が必須なほど、真っ暗闇な夜。

いつ来ても変わらぬ鴨川の里山風景、満点の星空と流れ星。

土手の修復は失敗したけれど、虹を見ることができてよかった。

今月も鴨川に来られてよかった。

Masako