2010年12月26日

12月22〜26日 出版記念トークライブ・ツアー 無事終了!

今日で、岡部先生、吉度日央里さんとのトークライブ・ツアーは無事終了しました。
まるで祭りの後のように、ホッとしたような、さみしいような気分。。
イベント3日目から、ようやく写真を撮るよゆうができました(笑)

CIMG5718.JPGCIMG5722.JPG
(左)12/24 Cafe Blueにて、岡部先生、吉度さんトーク。(右)Cafe Blueのお食事。(バイキング形式でした♪)

CIMG5727.JPGCIMG5731.JPG
(左)12/25 まさにオウチカフェな「こだまや」さん。(右)ギターを弾く模彌君。トークの後に、ホッと癒されました。

CIMG5733.JPGCIMG5736.JPG
(左)12/26 Cafe Ohanaにて。模彌君と小畑君コンビのDawn-People。(右)ピタサンド(高野豆腐カツ)。美味!玄米プレートもおすすめです☆

12/22~26の5日間、なんだか不思議な時間でした。
とても勉強になり、楽しい時間でした。
そのなかで、自分の変化を感じることができました。

人前で話しをすることは、とても緊張します。
うまく話そうとするほど、緊張して、力が入ってしまい、言葉がでてきません。
せっかく貴重な機会をいただいたのに、私はなんで話しが苦手なんだろう・・?

そこで、ふと原点にかえって考えてみたのです。
今回吉度さんはなぜ私に声をかけてくださったのかな??

そう。岡部先生も吉度さんも、伝えたい思いがあって本を出版されたのです。
その「食(マクロビオティック)」と「農」、両方のキーワードに引っかかる私に体験談を話してほしいと依頼されたのでした。

そっか。
うまく話す必要なんて、ないんだ。
(説明は講師の岡部先生にお任せしちゃえ!)
私は、私の体験したことや感じたことを伝えればいい。
そう気づいたときに、ふっと肩の力が抜けてラクになりました。

今回出版された『心とからだをキレイにするマクロビオティック』岡部賢二著(PHP研究会)のなかの大事なキーワードが、サヌキとアワ。
「サヌキ」とは人と差をつけてやろう、抜きんでてやろうという特性をあらわし、「アワ」は無条件にすべてを受け入れる、人に先を譲ることをよしとする、縁の下の力持ち的な特性。

うまく話をしよう、カッコよく見られたい、という思いはサヌキ性。。
カッコ悪くてもいいから、私の体験が何かのお役に立てるのなら、という気持ちはアワ性。

そう気づいて3日目からは精いっぱい思いを込めてお話しするようにしました。
アトピー体質を克服しようと食を切り替えてからの心身の変化、「週末農風」を立ち上げたきっかけ、農の現状の問題点について。
そうしたら、日毎に話すことに慣れてきたね、と先生におっしゃっていただけてうれしかったです。(やっぱり人前で話すのは緊張しますが・・)

今回出版された『心とからだをキレイにするマクロビオティック』の編集者であり、『種まき大作戦』(サンマーク出版)の著者、吉度日央里さんには3人のお子さんがいらっしゃいますが、ギターを弾いてくれた長男の模彌君はアトピーで生後3ヵ月のときから全身がひどい状態になり、入院したそうです。お医者さんに、1歳まで生きられないとまで言われたとのこと。。。
それがマクロビオティックの玄米菜食で乗りきったというのです。
いま模彌君は21歳、うらやましいほどつるつるのきれいなお肌。
そんな吉度さんは、編集者として今までたくさんのマクロビオティック関連の書籍や農に関する本を出版されています。
この5日間は寝る時間もほとんどとれなかったようですが、疲れた様子も見せずに毎日元気で、玄米パワーを感じました(笑)

5日間の出版記念トークライブに関わったすべての人に感謝です。
心のこもったお二人の本が、たくさんの人の手に届きますように。

Masako

2010年12月25日

手作り味噌講座@函館

年末年始は函館に帰省します。
そして、2011年1月8日に、味噌づくり講座を開催することになりました!

大豆は貴重な国産の無農薬大豆を使用します!
(大豆の自給率はわずか6%ととても低いのです。。)
味噌づくりは、実はとっても簡単です。
昔は各家庭で作られていたほど。

この講座はお味噌をつくるだけじゃありません。
調味料について考える場でもあり、おいしいマクロビオティックのランチが食べられる場でもあり、そして函館近郊にお住まいで食について関心のある方の交流の場になれたらと思っています。

2011/1/2現在、ま~だまだ募集中(苦笑)
函館近郊にお住まいの方は、ぜひお申込みを!!
函館にお友だちのいらっしゃる方は、ぜひ宣伝のご協力をお願いします!

以下、詳細です♪

。☆。・。☆・。。・☆ * 。・。☆。・。☆・。。・☆

大量生産の安価な味噌と、伝統的な手作り味噌では、
いったい何が違うのでしょうか?
日本の誇る究極のスローフード味噌。
発酵をキーワードに、
調味料がカラダにもたらす効果について
考えてみましょう。

。☆。・。☆・。。・☆ * 。・。☆。・。☆・。。・☆

日 時 :2011年1月8日(土)
     11:30~15:30
定 員 :10名
料 金 :4000円(ランチ料金込み)
場 所 :函館市総合福祉センター
   あいよる(若松町33-6)

持ち物 :エプロン、三角巾、マイ箸、ふきん2枚
     味噌を持ち帰る容器
    (1.5~2.0kg前後のお味噌を持ち帰り頂きます)

申込先 :エコビレッジ函館事務局
E-mail : eco_love_hakodate☆yahoo.co.jp
    (☆を@にして送信下さい)
     氏名、住所、電話番号、メールアドレス、
     ご意見、ご質問など。

* 託児室が無料で使用可能です。
お申し込み時にお問い合わせ下さい。

。☆。・。☆・。。・☆ * 。・。☆。・。☆・。。・☆

2010年12月23日

12/22 トークイベント、初日を終えて。

今日はまるで夢のような時間でした。
Earth Art Caféという最近オープンしたばかりの青山にあるオーガニック系のお店でのイベント。以前から憧れていた平田シェフが総料理長をされているお店です。
平田シェフの開催しているSMM(Simple Modern Macrobiotic)という教室は募集を開始するとすぐ満席になってしまうほど大人気。

そんな素敵なお店で、岡部先生、吉度さんのトークライブに加えていただいたのです。
大人数(今回は20名程度)の前でお話をする経験はほとんどないので、と~っても緊張しましたが、吉度さんや先生がお話を振ってくださって話しやすかったです。

お食事のときには参加者の方と一緒にテーブルに座らせていただいて、交流の時間をもてました。週末農風の活動に興味を持ってくださる方も多数いらっしゃって、うれしかったです!

イベントの後に岡部先生や平田シェフ、お店のスタッフの方たちとゆっくりお話することができました。なんて贅沢な時間なのでしょう。。。

私は岡部先生の本(『心とからだをキレイにする マクロビオティック』
)の中でマクロビオティックを実践して夢を叶えた人の一人としてご紹介いただきましたが、本に載ったうえにみなさんの前でお話しする機会をいただいたこと、そして岡部先生や平田シェフとお話しできたことがまさに夢のようでした。

それにしても、お料理がほんとうにおいしかったです!
また今度、改めてうかがいたいと思います。
(今度は緊張していないときに、ゆっくり味わって食べたい・・。笑)

出版記念トークライブは本日を皮切りに、26日まで毎日開催します!
(場所や時間帯は毎日違うので、要注意です!)
12/4の記事をご参照くださいね。

http://treep.jp/blog/earthday/2010/12/04003053.html

特に千葉のイベントはまだお席によゆうがあるとのこと。
(12/24は千葉市内のカフェで、25日は千葉の長生郡、Browns Fieldの近くだそうです。)
もちろんおいしいお食事つき!


26日の「カフェオハナ」(三軒茶屋)も素敵なお店ですよ~!


ぜひお越しくださいませ♪

Masako

2010年12月20日

12/19 Earth Day Marketと週末農風忘年会のご報告☆

先にご案内したように、昨日は週末農風の忘年会を開催しました。
Earth Day Marketと同日の開催にしたことが功を奏したのか、なんと30人もの方にお越しいただきました!

日中のマーケットでは、初めて単独で「週末農風」ブースを出店。

マーケット本部の隣で、写真や今までのポスターを展示したり、1月、2月のイベントチラシを配って私たちの活動をPR。
予想どおり寒かったけれど、思いきり着ぶくれて行って正解でした。(だるまさん状態。笑)

立ち止まって写真を見てくださる方とお話しをしたり。
友人、知人や今までの参加者の方が立ち寄ってくださったり。
私たちの活動を聞いて訪ねてきてくださった方もいて、うれしかったなぁ。
そして何といっても、マーケットに出店している農家さんからぜひ来てほしいとオファーをいただけたことに感激しました。
過去にうかがった農家さんからも手伝い隊の要請をいただいて日程を調整中ですが、特に5月、6月あたりにイベントが集中しそうな予感☆

マーケットにはお客さんがたくさん来てくれてにぎわっていましたが、農家さんに聞いたところ野菜の売れ行きはイマイチだった様子。。


無農薬というだけじゃなくて、とっってもおいしい野菜なのに、もったいない。。
寒いと購買意欲が薄れるようです。。
スープやお茶漬け、ベジ坦坦麺など温かいモノが売れていました。

夜の忘年会は、農家さんや過去のイベントへの参加者の方だけではなく、マーケットスタッフの方やボランティアさん、出店者さん、そして週末農風の活動に興味をもたれた方など、いろいろな方にお越しいただきました。

ご参加いただいた農家さんは、静岡のお茶農家自然のわ研究会の「北川園」さんとそのお茶農家仲間である「杉本園」さん。

そして、山形から出店されている「山形新規就農ネットワーク」の松藤さん、生稲さんにもご参加いただきました。

みなさん遠いのに、ありがとうございます!!


このりんごが、マジうまいんです!
しかも、全部蜜入り・・って、どうやってわかるの!?
品種(サンふじ)ももちろんですが、育て方にコツがあるとのことでした。

忘年会の場所は渋谷のCafé Respectにて。
(地域通貨「Earth Day Money」の使えるお店です!)
奥のソファー席もあわせて、6人ずつで5テーブル。
貸切ではなくて他のお客さまもいるので、簡単に最初の挨拶と乾杯だけ、後は各テーブルでお話していただくかたちにしました。


1テーブルに6人という人数がよかったようで、多くの方が初対面だったのに、予想以上の盛り上がり!

開始時間が大幅に遅れたり、いろいろと反省点もありつつ、楽しい交流の場にする、という今回の目標は達成できたかな~と、密かにガッツポーズでした(笑)
(力不足の幹事を支えてくださったみなさまのおかげです!)

来年もいろいろと企画していきたいと思っています!

☆来年の予定☆
1/29 (春野菜の)種まき隊@ピポカの畑(東成田)募集中!
2/13 2/12(土) フードハートパーティ@カフェスロー(トージバ主催:詳細未定。)
2/26-27 田んぼの溝きり@豊穣庵(那須) 募集中!
他、いろいろ♪

忘年会の成功もそうですが、私たちが活動を開始してから半年、今までやってこれたのはたくさんの人の理解とご協力があってこそ。
そう思うと、感謝の気持ちでいっぱいです。

忘年会にご参加いただいたみなさま、そして都合があわず残念ながら参加できなかった方にも、ありったけの愛と感謝を☆

残りわずかな今年をめいっぱい楽しんで、来年も良い年にしましょう!!

Masako

2010年12月 9日

「Food Inc」試写会に行ってきました!


映画配給会社の方と偶然ご縁があって試写会にご招待いただいたので、平日だったのですが有休をとって行ってきました。

『フード・インク』公式サイト
http://www.cinemacafe.net/official/foodinc/

以前観た「いのちの食べ方」や「未来の食卓」などの映画もとてもインパクトがありました。こちらも同系といえばそうですが、それらがより映像や感情、感覚に訴えてくる要素が強いのに対して、「Food Inc」はところどころにデータの提示や説明が多くてわかりやすく、納得できます。

ひとにぎりの大企業がフードシステムを握っている実情。
食品がいのちあるものではなく、工業製品と同じように扱われている工場。
政府までもが大企業に頭があがらず、消費者の安全と健康が金儲けの下敷きになっている事実。。

そのことが養鶏場を運営しているファーマー、オーガニックのファーマー、O-157の感染で子どもを亡くした母親の口から、説得力をもって語られます。

もちろん、気の遠くなるほど広大なコーンファームや養鶏場の様子など、映像も見ごたえありです。

これはアメリカの映画なので、そのまま日本に当てはまるとは限りません。
でも日本が輸入大国であることを考えると、他人ごとではないですよね。。
日本ではそうした映画を製作しようとしても、そうした動きは圧力がかかって消されてしまうようです。

こうした映画の鑑賞後には、いつも胸が苦しくなってしまう。。
私に何ができるだろう?
いくらマクロビオティック、オーガニックなんて言っても、所詮は社会システムに取り込まれて生活しているというもどかしさ。

ごくシンプルに、みんなが楽しく暮らせる社会がいいなと思う。
理想主義かもしれないけど。

映画の最後の方に、歌と共にでてきたフレーズ。
You can change the world with every bite.
(あなたはその一口で世界を変えることができる。)

つい、無力感に陥ってしまいがちだけど。
I can change the World. を信じていたいな。


Masako

週末農風♪忘年会のお知らせ


温暖化とはいえ日に日に寒さが増し、少しずつ年の瀬が迫ってまいりました。
2010年もあとわずか!
いかがお過ごしでしょうか?

今年春より活動を開始した週末農風も、もう半年が経ちました。
今までご縁のあったみなさまに、日ごろの感謝を込めて、忘年会を開催したいと思います!
農的な志向のあるみなさまの楽しい交流の場になることを目指しております♪

日時:12/19(日) 19時~
料金:4,000円(2時間飲み放題込み)
場所:Café Respect(渋谷駅から徒歩5分)
東京都渋谷区渋谷1-11-1 2F
URL:http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13031820/
農的なことや週末農風にご興味のある方ならどなたでも大歓迎!
申込締切:12/13(月)
申込み先:shumatsu.nofu☆gmail.com
※☆を@に変えて送信してください。
※お申し込みの際は、以下の項目を記載してください。
・お名前
・同伴者人数、氏名
・電話番号
・Email
・週末農風に興味を持ったきっかけ

ご連絡、お待ちしております!

なお、忘年会当日の12/19は代々木公園にてEarth Day Market(10:00~16:00)が開催されます。
日中はぜひ、代々木公園にお立ち寄りください♪


Masako

2010年12月 4日

12月22〜26日イベントのお知らせ☆ 出版記念トークライブ・ツアー

イベントのお知らせです!

出版記念トークライブ・ツアー!!
といっても、私が本を出版するわけじゃ、ありません(残念ながら、笑)
でも、私もちょこっと顔を出させていただいている本です。
もちろん私以外にもたくさんの方が紹介されているのですが、今回出版になる本の2冊どちらにも載せていただいていることもあって、トークに参加させていただくことになりました(汗)

『心とからだをキレイにする マクロビオティック』岡部賢二著
この本では、私はマクロビオティック実践者の一人としてご紹介いただいています。
岡部先生のファンで、トークイベントに出かけたり、ムスビの会で販売しているMI塾の講義録CDで勉強していましたが、まさか一緒にトークできるとは・・・、夢のようです!

吉度日央里著 『種まき大作戦 〜土と命に触れる生き方』
タイトルどおり、土と命に触れる生き方をしているたくさんの人が登場する、素敵な本です。
こちらの本では、私が友人と主宰している「週末農風」の活動を紹介していただきました。
日央里さんは、下の紹介にもあるように、敏腕編集者であり、ライターであり、マクロビオティックインストラクターでもある、とにかくすごい人です!

というわけで、12/22~26の日程で都内、もしくは千葉に出没します!

詳細は以下をご覧ください。
そしてぜひ、お越しくださいませ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『マワリテメクル小宇宙 ~暮らしに活かす陰陽五行』と『月のリズムでダイエット』の著者でおなじみの岡部賢二先生待望の新刊『心とからだをキレイにする マクロビオティック』が、12月22日にPHP研究所より刊行されます。
 この本の編集者の吉度日央里さんも、10月にサンマーク出版より『種まき大作戦 〜土と命に触れる生き方』という本を上梓しました。
 そこで、2冊の本の出版を記念して、岡部先生と吉度さんのトークライブ・ツアーを都内と千葉県各所で開催することにいたしました(22日と23日は、岡部先生の単独出版記念会)。
『心とからだをキレイにする マクロビオティック』の中で、岡部先生は、食事オンリーで考えられがちなマクロビオティックを、創始者桜沢如一氏の思想の原点に立ち戻って、その精神性を掘り起こすとともに、日本の上古代の「カタカムナ文明」から「アワとサヌキ」といった考え方を取り入れ、まさに「NEWマクロビオティック」とも呼べるところにまで自分をもっていく提案をしています。
 吉度さんの『種まき大作戦』では、食の安全性が危ぶまれるいま、「農」を暮らしに取り入れよう、という提案をするとともに、「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんや、マクロビオティック料理家の中島デコさん、歌手で農事法人「鴨川自然王国」理事の加藤登紀子さんなど、これまで様々な種をまいてこられた40人の活動とそれぞれの熱い思いを伝えています。
 今回は、この二冊の本のなかで紹介されている援農ツアー「週末農風」を企画・運営しているいいだまさこさんにも登場していただき、マクロビオティックでのアトピー克服体験や「週末農風」立ち上げの際のお話などをしていただきます(24日昼の会ではなし)。
 トークのあとは、ギターやヴァイオリン、歌で癒されてください(出演者は日によって変わります。22日は、会場の都合で音楽ライブなし)。

* 会場で、『心とからだをキレイにする マクロビオティック』、『種まき大作戦』など、二人の本を購入できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岡部賢二著『心とからだをキレイにする マクロビオティック』
   出版記念トークライブ@青山
「マクロビオティックで、あなたの夢がかないます!」

日時 2010年12月22日(水) 18時半〜21時(18時開場)
場所 earth art café AOYAMA
   東京都港区南青山3丁目827柴崎ビル1F
内容 岡部先生のトーク・岡部先生×いいださん×吉度さんのトークセッション
参加費4500円。平田シェフ指導のマクロビオティック夕食つき。
先着25人。要予約。
問い合わせ先 TEL03-6380-5586
申し込みは電話かHPの参加申し込みフォームから。締め切り12月19日。
【URL】http://www.nfst.jp/p/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岡部賢二著『心とからだをキレイにする マクロビオティック』
   出版記念トークライブ@渋谷
「マクロビオティックで、あなたの夢がかないます!」

日時 2010年12月23日(木・祭)
   18時00分〜20時00分(17時半開場)
内容 岡部先生×吉度さんのトーク・いいださんの体験談・「Dawn-People」ライブ
先着30人。要予約。
場所  マクロビオティック料理教室「青山コンペイトウ」
    渋谷駅から徒歩5分、表参道駅から徒歩7分
    詳しい場所はお申し込み後にご連絡します。
【URL】http://www.akiko-tomoko.com/
参加費 3500円(「青山コンペイトウ」主宰・平尾安樹子さん手作りの食事つき)
    飲み物(アルコール類以外)は、各自持参してください。
問い合わせ先 TEL090-9373-0578/E-mail moon@e-oryza.com
申し込みは電話かメールで。締め切り12月21日。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 岡部賢二著『心とからだをキレイにする マクロビオティック』
 吉度日央里著 『種まき大作戦』  出版記念トークライブ@千葉
「マクロビオティックで夢の種をまこう!」

日時 2010年12月24日(土) 19〜21時(18時半開場)
場所 「カフェブルー」 千葉県千葉市中央区弁天1-30-1
内容 岡部先生×吉度さんのトーク・いいださんの体験談・「モヤッテラッキー」ライブ
参加費 3500円。マクロビオティック・クリスマスバイキングつき(ドリンク別)。
先着30人。要予約。
問い合わせ先 TEL&FAX.043--285--6308
申し込み は電話かFAXで。締め切り12月21日。
【ブログ】http://earthmarketplace.blog23.fc2.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岡部賢二著『心とからだをキレイにする マクロビオティック』
 吉度日央里著 『種まき大作戦』  出版記念トークライブ@長生郡
「マクロビオティックで夢の種をまこう!」

日時 2010年12月25日(土) 15〜17時(14時半開場)
場所 「こだまや」 千葉県長生郡長生村驚30
内容 岡部先生×吉度さんのトーク・いいださんの体験談・吉度模彌さんのライブ
参加費1500円(オーダーは別途・要オーダー)。
先着50人。要予約。
問い合わせ先 TEL&FAX.0475(?32)?7781/E-mail info@kodama8.com
申し込み は電話かFAX、メールで。当日まで申し込み可。
【URL】http://www.kodama8.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岡部賢二著『心とからだをキレイにする マクロビオティック』
 吉度日央里著 『種まき大作戦』  出版記念トークライブ@三軒茶屋
「マクロビオティックで夢の種をまこう!」

日時 2010年12月25日(土) 15〜17時(14時半開場)
場所 「カフェオハナ」 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 豊栄ビル1F
参加費 2000円(オーダーは別途・要オーダー)。
内容 岡部先生×吉度さんのトーク・いいださんの体験談・「Dawn-People」ライブ
先着30人。要予約。
問い合わせ先 TEL&FAX.(03) 5433-8787
申し込みはHPのお問い合わせフォームから。当日まで申し込み可。
【URL】http://www.cafe-ohana.com/


■出演者プロフィール

岡部賢二(おかべ けんじ)
1961 年、群馬県生まれ。日本玄米正食研究所所長。フードアンドメディカルコンサルタント。大学在学中に渡米して肥満の多さに驚き、「アメリカ社会とダイエット食品」をテーマに研究するが、日本の伝統食が最高のダイエット食と気づく。その後「正食」と出会い、松岡四郎氏(故・桜沢如一氏の直弟子)から指導を受ける。正食協会講師として活躍後、2003 年、福岡県の田舎に移り住み、日本玄米正食研究所を開設。05 年、「ムスビの会」を発足。06 年、セミナーハウス「四季の舎ながいわ」を開校し、マクロビオティックレストラン「ながいわの郷ムスビ」をオープン。09 年、仲間8人と「マクロビオティック九州」を立ち上げる。
著書に『マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行』(ムスビの会刊)、『月のリズムでダイエット』(サンマーク出版刊)がある。
マクロビオティックの講演やプチ断食セミナーで全国を回っている。
「ムスビの会」のホームページ http://www.musubinokai.jp
「マクロビオティック九州」のホームページ http://www.macrobi-q.com/

吉度日央里(よしど ひをり)
1960年、静岡県生まれ。オーガニック系を専門とする編集者、ライター。マクロビオティックインストラクター(ムスビの会認定)。「マクロビオティック・ピクニック」主宰。長男の重症アレルギーを機に出版社を退社し、玄米菜食に出会う。尾形妃樺怜氏に師事し、故・大森英櫻氏、大森一慧氏、山村慎一郎氏、岡部賢二氏の講座にも学ぶ。
『マクロビオティック望診法―美人のレシピ』(山村慎一郎著・中島デコ料理、洋泉社)、『発酵道』(寺田啓佐著、河出書房新社)、『からだの自然治癒力をひきだす生きかた』(大森一慧著)、『月のリズムでダイエット』(岡部賢二著、以上2冊サンマーク出版)、『みなみ屋さんのお弁当』(みなみ屋さん著、パルコ出版)などの編集を手がける。2007年、「種まき大作戦」に立ち上げから参加し、出版部門を担当。『半農半Xの種を播く』や『土から平和へ』(以上2冊塩見直紀と種まき大作戦編著、コモンズ)『土にいのちの花咲かそ』(加藤登紀子著、小社)などを制作。マクロビオティック料理教室や手当て法講座を開催。トークライブ、イベントの企画・進行なども行っている。 
                   
いいだまさこ
1976年生まれ。北海道出身。クシマクロビオティックアカデミーアドバンス修了。リマクッキングスクール師範科通学中。山村塾望診法講座上級通学中。2006年10月よりマクロビオティックの食事法を実践して、アトピー体質を克服。同時に様々な不調が解消されて、食と身体と心のつながりを実感。2008年NPO「種まき大作戦」主催の「棚田チャレンジ」に参加し、農作業の楽しさに目覚める一方で、耕作放棄地の問題や、地方の過疎化などの問題を知る。自分にできることを考えた結果、2010年春に志を同じくする友人と「週末農風」を立上げ、援農ツアーを主宰。2010年5月より、都内自宅にて身体と心を調える「食」を伝えるべく、マクロビ教室「農(みの)りの風」を開催
ブログ「EarthDayな日々」 /blog/earthday/
ブログ「週末農風」 http://blog.goo.ne.jp/shumatsunofu

Dawn-People
2009年結成、吉度模彌(変則チューニングアコースティックギターと歌)、小畑亮吾(ヴァイオリンと歌)からなる二人組。アコースティック編成ではあるが、オルタナティブ・ロック由来の楽曲を製作・演奏。カフェ、野外イベント、ギャラリースペース、ライヴハウス、レストラン、街頭、バーなど、ところ構わず活躍中。
「Dawn-People」試聴 http://www.myspace.com/yoakenohitobito

モヤッテラッキー
ラキタとモヤ(吉度模彌)の若い二人が音で遊ぶ、次世代型ギター弾き語りユニット。
ラキタは1990年、NY生まれ。幼少を湘南で過ごし、その後沖縄で育つ。物心ついた時には、家族で旅をしながら多彩な音に触れていく。ファンクバンド「ズットズレテルズ」を結成し、アルバム「第一集」リリース。現在は東京在住。ギター弾き語りで、主にソロ活動中。
吉度模彌は1989年、東京生まれ。小畑亮吾(ヴァイオリン、歌)と組んでいる「Dawn-People」では、変則チューニングアコースティックギターで、オルタナティブ・ロック由来の楽曲を製作・演奏。オーガニックカフェや農イベント、エコイベントなどで活躍中。また、関東のライブハウスシーンで活動を展開している「ドロバナ」のギタリストでもあり、津軽三味線奏者・佐藤通芳率いる「寿BAND」にも所属をしている。