2011年2月24日

手前味噌復活プロジェクト

最近、何人かの人から、このところブログ更新されてないね~、とつっこまれてしまいました・・(汗)
そうか、読んでくれている人がいるのよね。
ありがたいことです。

報告したい記事は溜まっていますが、順を追って。。
今回は「手前味噌復活プロジェクト」について。

函館でも講座を開催したのですが、それをきっかけに自宅でもやってしまおうと。
「プロジェクト」なんて大げさな言い方をしてみましたが。
単に、二人以上希望者がいたらいつでも、(都合あえば)ウチで味噌仕込みワークショップやりまっせ!というだけのこと。

というわけで、2/5と6に開催しました♪
両日とも、3名様ずつのご参加。ありがとうございます!

味噌仕込み、一見ハードル高そうで、実はとっても簡単!!
昔は各家庭で当たり前のように作られていたもの。
ウチの味噌が一番ウマイ!なんて、手前味噌って言葉が生まれるほど。

ご多分に漏れず、私も自分の味噌が一番ウマイ!と思っている口です(笑)

今ではスーパーにならんでいる、工場で生産された味噌が主流になっているけれど。。
全然違うのです。
味も、栄養も。

そんなわけで手前味噌プロジェクトの目指すところは・・
冬になると家庭のお母さん、一人暮らしのOLさんでも、もちろん男性も!、「今年はもう味噌仕込んだ?」、「今週末、一緒に味噌仕込もうよ。」なんて会話が当たり前になる社会を妄想したりして。

きっと昔は近所の奥様が集まって、お姑さんの愚痴(お姑さんはお嫁さんの愚痴)とか言いながら、ワイワイ仕込んでいたんじゃないかなぁ、なんて思います(笑)

味噌づくりの工程をザックリ言うと・・

1、大豆をゆでる。
2、大豆をつぶす。
3、塩切り麹(塩と麹を混ぜたもの)とつぶした大豆を混ぜる。
4、容器に詰める。

以上。材料は大豆と塩と麹だけ。
ね、簡単でしょ☆

もちろん、大豆の茹で方にコツがあったり、容器に詰めるときもできるだけ空気を抜いて・・、とかいろいろあるけれど。
塩の分量さえちゃんと使えば、素人がやっても失敗は少ないようです。
(下手に減塩なんてすると、雑菌が繁殖しやすくなって失敗することがあるらしい。)

ちなみに一番時間がかかるのは、大豆をゆでる工程。

CIMG6022.JPG

10時間以上浸水させた大豆をたっぷりの水で、アクとりや差し水をしながら3~4時間以上ゆでます。(時間の関係上、この作業はみんなが来る前に下準備でやってしまいます。)

あとは温かいうちに、ひたすら豆をつぶす!

CIMG6023.JPG

今回はマッシャーを使いました。

麹をほぐしたものと、分量の塩を混ぜて、つぶした大豆とムラにならないよう混ぜます。

CIMG6033.JPG

あとは、大豆のゆで汁で固さを調整して、ハンバーグの時の要領で空気を抜きながらボール状にした種を容器にたたき入れます。とにかく空気が入らないように。。

CIMG6036.JPG

こんな感じで、楽しく味噌仕込みました(笑)
私の友人ですが、3人とも初対面同士とはとても思えないくらい。
一緒に味噌を仕込むうちに会話が生まれて仲良くなっちゃいました♪

みんなが大豆を潰している間に私はお食事づくり。
大豆や味噌料理にこだわってみました。


CIMG6021.JPGCIMG6025.JPG
写真左は5日の食卓。
玄米ご飯(黒豆、小豆入り)
里芋のお味噌汁
水菜とひじきのサラダwith大豆ドレッシング(味噌味)
えのきのねぎ味噌和え
ふろふき大根と味噌だれ
大豆の酢醤油漬け


6日(写真右)は若干変更。
大根と人参の味噌キンピラ
豆腐ステーキの味噌だれ

お料理も好評で、味噌づくりも楽しんでもらえたようです♪

ご参加のみなさま、ありがとうございました!


「手前味噌復活プロジェクト」は希望者がいれば3月も開催しようと思います。
でも週末がほぼ埋まっているので、開催しても平日かなぁ。。
今のところ友人知人限定ですが、どうしても興味ある!という方はコメントに記載してくださいね。(別途メールさせていただきます。コメントの「メールアドレス」欄に記載いただいてもブログ上では公開されませんので、ご安心ください。)

味噌仕込みイベントは、今もあちこちで開催されているようです。
ぜひお近くのイベントもチェックしてみてください。

ちなみに味噌仕込みのセットは、NPOトージバや鎌倉TREEPでも入手できます。
せっかく仕込むなら、大豆も麹も国産無農薬のものがうれしいですね。

鎌倉TREEP
/store/cat_normal/komekoji.html

NPOトージバ
http://thats.toziba.net/blog/?cat=8


ではでは、楽しい味噌ライフを♪


Masako

2011年2月 7日

伝えたい想い~映画「森聞き」morikiki~

morikiki01.jpg

ちょっとしたご縁で、映画『森聞き』の広報にかかわることになりました。

広報にかかわっているから、ではなくて、この映画をひとりでも多くの人にみていただきたいと心から思っています。

『森聞き』は、「森の聞き書き甲子園」に参加する高校生4人と農山村に住むお年寄り「森の名人」を追ったドキュメンタリー映画。3/5にポレポレ東中野で全国初公開されます。

ただの映画じゃ、ありません。
1日3回上映のうち前半2回、できるだけ毎日、上映後に監督がトークをするという前代未聞の映画です。しかもゲストを呼んで。
(ゲスト情報は、決まり次第HPにアップします。:http://www.asia-documentary.com/morikiki/)

さらに、トーク後には「『森聞き』コーヒータイム」があります。希望者先着10名の方と館内の喫茶店に移動して、お話ししましょうという試み。
この映画を観た方が、「観た後に、誰かと話したくなる映画」とおっしゃったそうです。
監督も、観客のみなさんとぜひ話したいと思っています。
(残念ながらどうしても監督が行けない日は、上映後スタッフとゲストのトークになります。)

この映画は、高校生だけのものじゃありません。
現代に迷う、私たちのための映画です。

「とりあえず、食いはぐれないように生きていきたいです」
映画のなかで将来を聞かれた高校生の男の子が言いました。

「つかみどころのない不透明な時代というか・・、ぬかるみというか、そういうものを感じるようになりました。」
高校生の女の子が言います。

言葉を失いました。
社会経験のある先輩として、私は彼らになんて言えばいいのだろう・・?

森に寄り添って生きてきた名人たちの暮らしのなかに、答えはあるのかもしれない。
昔の日本人の暮らしは、わざわざ持続可能なんて言葉が必要ないくらい、当たり前に続いていた営みです。でも、それが今まさに途絶えようとしている。。

消費しか生きる術を知らない私たちは、それでも彼らの叡智を受け継ぐことのできる最後の世代です。
どうか、手遅れになる前に。

「不透明な時代」のなかで、「ぬかるみ」を感じているのは、高校生だけではないはず。

ぜひこの機会に、「森の名人」の声を聞いてください。
そしてあなた自身の心の「森の声」に耳を傾けてください。

2/1~2/12 国分寺にあるカフェスローのイベントギャラリーにて、『森聞き』morikiki展を行っています。
設営の様子はコチラから。(Café Slowさんのブログ)
→ http://blog.cafeslow.com/?eid=1151590
わたしも設営手伝いました!

映画の挿入歌である、フィンランドの素敵なCD絵本も置いてあります。
常時予告編も上映していますので、ぜひこの機会に『森聞き』の世界を覗いてみてください。
同店でチケットも販売しています。
もしお会いする機会のある方でしたら、私もチケットを持っていますので、ぜひお声かけください。

みなさまのお越しを監督、スタッフ一同お待ちしております。

映画『森聞き』公式HP:http://www.asia-documentary.com/morikiki/
柴田監督のブログ:http://www.himeyuri.info/kantoku_blog/

2011年2月 4日

1/29農風ツアー@ピポカの畑のご報告♪

落ち葉の音が聞こえてきそう

と、写真を見て秋間さんがおっしゃいました。


千葉県は成田市に「ピポカの畑」はあります。

「ピポカの畑」の秋間さんは、Earth Day Marketでおなじみの「東峰べじたぶるん」メンバー。(「東峰べじたぶるん」というのは、3軒のオーガニック農家さんの集りです。)

今回は「春の種まき」(春野菜の種まき)の予定だったのですが変更になり、落ち葉掃きと踏み込み温床づくり。
自然相手のことなので、予定通りにいかないことも多々あります。。

でも、カサカサ(・・というか、ガッサガッサ)と落ち葉を掃き集める作業も、集めた落ち葉に水をかけて踏み込む作業も、新鮮で、楽しい。

種をまく前の準備。地味な作業ではありますが(笑)
これも大事なおしごと。
貴重な経験です。
種をまいて育った野菜を収穫する、だけが農作業ではないのですね。

ちなみに踏み込み温床というのは、落ち葉を集めて、水をかけながら踏んで発酵させることで熱を発生させ、その温床に野菜の種を撒いて育てる農法です。

最近では電熱線を使って温度を一定に保つことができるので、ごく一部の農家さんしか実践されていないようです。

お昼ごはんは各自持参ですが、旬の野菜を使ったお味噌汁やお漬け物をご用意いただきました。

とてもおいしくて、おいしくて、おかわりしちゃいました。
ごちそうさまでした♪

着替えや昼休憩に使わせていただいた場所は、「三里塚ワンパック野菜」さん(会員制の無農薬野菜・産地直送グループ)の作業所。(「東峰べじたぶるん」とも農家さんが重なっているようです)。
お昼はそちらでバイトをしている若者の男性2人も一緒に食事をして、興味深い話しを聞くことができました。

ひとりは「麻」を通して日本文化の復興を目指そうと、栽培免許の申請を試みています。
※大麻取締法により麻を栽培するためには免許が必要ですが、申請しても通るケースは滅多にないようです。昔の日本では、綿は貴重品でした。麻は栄養価も高く、無農薬でも栽培しやすい作物のため、昔から衣服や食用に大活躍だったようです。
いまでも、輸入ものが大半ですが、ヘンプナッツやオイルなどが販売されています。

そしてもうひとりは、農業を通して、身近にいる失業者、ホームレス予備軍の人たちを受け入れる場をつくりたいと語っていました。
食べ物さえ自給できれば、強いです。とりあえず飢えることはありません。

最近、素敵な「想い」をもった人にたくさん出会っています。
それだけの人たちが集まったら、本気で、日本を変えられるんじゃないか?と思ってしまうほど。

最後に参加者の方から、彼らの話しが聞けたことがよかった、という感想もいただきました。

帰る前に、おみやげにいただく大根や長ネギの収穫をしました。

一部男性陣は里芋掘りへ。一緒に行けなくて残念だったけど、これがなかなかの重労働だったようです。お疲れ様でした!

今回は直前で1名キャンセルがあり、参加者8名。ウチ5名が男性と、農風ツアーでは珍しい展開に。
いつもは女性参加者の方が多いのです。
ガールズトークも楽しいけれど、特に力仕事がある場合は男性陣がいると頼もしいですね!これからもバシバシ参加していただきたいものです。

秋間さんご家族の温かいお人柄もあって、参加者の方から、楽しかった、ぜひまた行きたい!という声を多数いただきました。

そしてうれしいことに秋間さんからも、またみなさんに来てほしい、とおっしゃっていただきました。

そうそう、私がモタモタしている間に、とっくに「無農薬野菜の東峰べじたぶるん」のブログが更新されていました(笑)
週末農風の風景 (02/01)
週末農風がやってきた (01/30)
をご覧ください☆


「ピポカの畑」、また行きます!
次はどんな企画にしましょう♪


まさこ

2011年2月 1日

タネマキビトの集い! 2011/2/25-27 @東鳴子温泉 開催!

立て続けになりますが、イベントのお知らせです。

フードハートパーティに続いて、こちらも、超オススメ!のイベント。
土日の1泊のみの参加も可能だそうです。

ちなみに、去年は「大豆レボの集い」として開催されました。
去年の様子(ブログ)→
http://treep.jp/blog/earthday/2010/02/27231653.html

今年はもっとゆるく、大豆レボリューションにかかわっていない人でも、誰でも参加できるイベントということで「タネマキビトの集い」という名まえになりました。

去年、このイベントで出会った人の何人かと、今でもつながっています。
ちなみに週末農風のアイデアが生まれたのも、実はこのイベントの時なのです☆
収穫祭は26日の晩の予定。
そこでも事例発表をする予定なので、「週末農風」誕生秘話(!?)を知りたい方は鳴子へGo!

以下、詳細です☆

湯+湯+湯+湯+湯+湯+湯+湯
トージバ
タネマキビトの集い!! 2011 @東鳴子温泉 開催!!

みんなで一緒に湯治して1年の疲れを癒しましょう!

湯+湯+湯+湯+湯+湯+湯+湯

昨年はじめて開催して盛り上がった大豆レボリューションの湯治イベント。
今年は、大豆に限定せず広く種を蒔く人「タネマキビト」で湯治しよう!
という集まりにします。
トージバとつながっているヒトははもちろん、興味のあるヒト、
お湯に浸かりたいヒトなど。。どなたでも参加可能です。
みんなでゆっくり湯治しながら飲みましょう♪ 歌いましょう♪ 交流しましょう♪
昨年の湯治イベントの様子はコチラ↓
http://yumori.jugem.jp/?month=201002

タネマキビトの集い!! 2011 @東鳴子温泉
◎日にち:2011年2月25日(金)~27日(日)2泊3日 途中参加可
◎場 所:東鳴子温泉 大沼旅館他
◎料 金:素泊まり 1泊1名4,700円
※湯治部屋利用、2名様以上の相部屋になります。
※宿泊料金は今回のツアーのために特別料金となります。
※各自食材を持ち込んでの自炊も可能です。
【食事オプション】
・一汁三菜膳 夕食1800円 朝食800円
・通常の宿膳 夕食2500円 朝食1000円
<宿泊予定旅館>
・旅館大沼
・勘七湯
・いさぜん旅館
宿HPは下記にあります。
http://www.naruko.gr.jp/file-ryokan-hotel/higashinaruko.htm
【アクセス】
高速バスと電車の利用をオススメします。
◎高速バス 新宿駅西口発 仙台駅着 ★バス会社へに要予約★
仙台駅からは電車が便利です。
◎JR 仙台駅〜JR新幹線 〜古川駅 乗り換え
JR陸羽東線・鳴子温泉行 ~ 鳴子御殿湯下車
【イベントオプション】参加自由・別途参加費が掛かります。
◎おとな〜子どもまでみんなで楽しむ雪あそび
場所:鳴子周辺のスキー場他
雪山トレッキングやスキー、スノボ、雪合戦など。。。
雪の中で楽しむ遊びを行います。
詳細は別途案内いたします。
◎大豆レボ収穫祭
@大沼旅館 山荘 17:00 - 20:00 参加費:1000円
全国から集まった大豆レボテイケイ畑の農家さんとオー
ナーの交流会です。各地で収穫した地大豆を使った料理
と農作業の話で盛り上がりましょう! どなたでも参加
可能です。料金などの詳細は別途案内いたします。
■ 鳴子温泉郷について
鳴子温泉は平安時代開湯し古くから湯治場としても
栄え今だに湯治文化が息づいている温泉郷です。
源泉数約400本、泉質9種類のバラエティも日本屈指です。
全国で注目された地域の農を地域で支える
「鳴子の米プロジェクト」を推進したり、
再生可能エネルギーを利用した、地熱発電所も
古くからあったり、何かと注目されている場所なんです。
■ 湯治場における大豆レボを展開中
トージバの名前の由来「湯治場」での初めての
大豆レボリューションを鳴子温泉で展開しています。
日本の伝統的保養文化の湯治と週末農レジャーを
組み合わせた「地大豆湯治」は大盛況!
鳴子温泉郷のみならず全国の湯治場にも
広がって欲しいプログラムとなりました。
◎地大豆湯治@鳴子温泉郷について→www.ohnuma.co.jp/kikaku/daizu.html
【参加申し込み】
申し込みフォーム
http://www.ohnuma.co.jp/kikaku/daizu_form.html

イベントのお知らせ☆2011/2/12 フードハートパーティー@Cafe Slow

イベントのお知らせです。

週末農風も参加します。
なんと、事例発表もしちゃいます。

イベントが開催されるカフェスローは、国分寺にある私の大好きなお店。
お食事も、とってもおいしいです。

すでに多数の申し込みがあるようです。
ご興味のある方は、お早めに!

以下、詳細です。

☆+☆+☆+☆+☆+☆+☆+☆
農家さんと交流して友達になろう!
アースデイマーケット交流会
「フードハートパーティー」開催 !!
2011.2.12 @cafe Slow
☆+☆+☆+☆+☆+☆+☆+☆

一昨年、昨年と2年間開催してきたフードハートパーティーでは、
「農家と友達になる!」を合言葉に、多くの農家さんと食べる人を
つないでマッチングしてきました。
そんな中から、農家さんの魅力、そして農業や農村の素晴らしさを
多くの人に伝える伝道師 「フードハートコミュニケーター」が生まれ、
畑からはじまる新しいコミュニティを作り出してきました。


今回のフードハートパーティーは「東京朝市アースデイマーケット」で
おなじみの農家さんたちとの交流会です。ふだんマーケットでしか
なかなか会えない素敵な農家さんたちと、じっくり話してみませんか。


こんな方の参加をお待ちしています。
・農家さんと友達になりたい方
・コミュニケーターになりたい方
・農村に行ってみたい方
・おいしいモノが食べたい方
・食べ手の方とつながりたい農家さん
-----------------------------------------------------------
【プログラム】
■□フードハートコミュニケーターの実践事例紹介
先駆的な活動をしているフードハート•コミュニケーターと
農家の方にこれまでの活動のお話しいただきます。
「週末農風」飯田雅子さん・イトウトモさん
「トージバ・大豆レボリューション」渡邉尚
■□わくわく交流&ライブ
参加農家さんのおいしい野菜を使ったバイキング料理を食べながらの
フリータイム。 たくさんの農家さんと交流しましょう!
ライブ:未定
-----------------------------------------------------------

日にち :2011年2月12日(土曜日)
時  間:17:00開場 17:30スタート 21:30 終了
場  所:カフェスロー(国分寺)
地図→http://www.cafeslow.com/map/access.html
参加費 :3,500円
参加農家の野菜を使ったバイキング形式の食事+1ドリンク付
定  員:50名(定員になり次第〆切ります)

【申し込み】 カフェスロー
以下URLの申込みフォームより、お申し込みくださいませ。
http://event.cafeslow.com/?eid=1070568

主催:トージバ http://www.toziba.net
共催:
アースデイマーケット http://www.earthdaymarket.com
種まき大作戦 http://www.tanemaki.jp
TNCコラボ計画
協力:
カフェスロー http://www.cafeslow.com
週末農風 http://blog.goo.ne.jp/shumatsunofu