2011年5月25日

IMG_0287.jpg


迷ったけれど、書かなくては先に進めないような気がして。
ケジメとして。


先日、父が亡くなりました。67才でした。
突然のことだったので、先週はいくつか予定をドタキャンして、通夜、葬式とバタバタしていましたが、いまは落ち着いて日常を過ごしています。

隠すつもりはなかったのだけど、友人にもあまり話していません。
父親の死というと、多くの人が思い浮かべるだろうショックと私の感覚に差があるだろうと思い、何となく言い出せず。

中学の時に両親が離婚して母の実家である函館に行ったので、父とは20年間会っていませんでした。
ショックを感じないわけではないけれど、20年間会っていなかった父の死をどう受け止めていいのか、むしろ戸惑いの方が大きいのです。

ただ亡くなる前に一度も会わなかったことが、今さらながら鈍く痛いです。

通夜や葬式の間、ちょこちょこ動き回ったり小さな声で騒いでいた幼い姪っ子たちに心から救われました。

もっと悲しんだり、後悔したりすべきなのかもしれないと思いながらも、葬式が終わって少し経つと、思い出すことも少なくなるほど。。

このまま何もない顔して普段どおりにブログ更新もできたのですが、何となく不誠実な気がしたので。

先日会った友人にも、特に告げるタイミングもなく普段どおりに接していたのだけど、やっぱり言うべきだったのかな?
わざわざ父の死を告白することで、気づかいをしてほしくなかったのです。

同じ日ではありませんが、その週に知人の赤ちゃんが生まれたという話しを聞いて、無常を感じました。

トップの写真は、先週末に行った湘南の海。
茅ヶ崎で行われたワークショップに参加して、その帰りに数人で海に寄りました。
久しぶりの海はまだ冷たくて、足元に寄せては返す波をみていました。


さて、旅のブログも書きかけのまま、まだアップしていません。
その間もいろいろな場所に行きました。
山梨とか、茅ヶ崎とか。
続きは、また。


今回の独白は、ふ~ん、てな感じでサラッと流してもらえるとうれしいです。


Masako

2011年5月13日

映画「森聞き」名古屋にて上映中!

こんにちは。

何度もご案内している映画『森聞き』ですが、ただいま名古屋で上映中だそうです!
ただ名古屋上映は現在苦戦しているとのこと。。

とても素敵な映画ですので、ぜひ一人でも多くの人に観ていただきたいと思います。


以下、事務局の方からのメールを転記しますね。

2011年5月12日

「北川園茶摘み手伝い隊2011」第一弾の報告!

第一弾の手伝い隊は4/30-5/1の一泊二日。
定員10人をオーバーして、12人の参加!

今年は収穫時期が遅れていたので、茶摘みはできませんでしたが、それでも草取りや工場の掃除などをお手伝いして、農家さんと楽しく交流。
旬の味覚もお腹いっぱい食べてきました(笑)

JR東海道本線の金谷駅に昼頃到着し、北川さん宅によって着替えを済ませてから、景色のいい茶畑でお昼ごはんを食べました♪

でも強風で弁当のふたが飛ばされそうになったり、なかなか大変でした^^;
その日は、いつも以上に風が強かったそうです。

 

私たち手伝い隊は、基本的にお昼ご飯は持参にしていますが、北川園さんのところに行く時はそのご近所のお惣菜屋さんにお弁当をお願いしています。
これもひとつの地域貢献?
(しまった、弁当写真を撮り忘れた。。)

 

べにふうき茶畑にて草取り。
さすがは自然農の茶畑だけあって、なぜかあさつきやシソの葉、自然薯、夏場にはゴーヤも採れる茶畑(?)なのです。

私は夕食の準備のため、途中でお買い物へ。
参加者の一人にも付き合ってもらい、杉本さん奥様と北川さんお母さんに近所のスーパーへ連れて行っていただきました。
東京では珍しい黒はんぺんや生しらすも買い物かごへ。

夕食の準備中、17時過ぎに作業から帰って来たみんなと合流、一緒に温泉に行きました♪

夕食は参加者12名に北川さんや茶農家仲間の杉本さんご家族も加わって、20名近い大宴会!

 →  

摘みたての茶の芽を天ぷらに!

筍ご飯、味噌汁、蟹玉クリームパスタ、豆腐マヨネーズのポテトサラダ、ほうれん草と人参のナムル、大根おろしとしらす干し、茶の芽の天ぷら、かき揚げ、生しらす、エシャレット、無添加チーズのサラダ、静岡おでん、など。
参加者の方からもお酒や食べ物の差し入れもあって、豪華でした♪


2日目、目が覚めると雨音が。。
いやいや、これも恵みの雨。
朝6時頃から朝食の支度を開始しました。
早く起きた人がキッチンに来て、朝食を準備するというゆるい感じ。
他に手のあいた人には布団の片づけや掃除をお願いしました。

雨ふりのため、作業はお茶工場の掃除。
掃除の前に、一通り工場見学をさせていただきました。

前のブログでも紹介しましたが、北川園さんは「しぜんのわ研究会」という4軒の有機栽培のお茶農家さんのメンバーです。
仲間の杉本園さんが工場を持っていて、そこで採れたお茶を加工します。
オーガニックの認証のためには、慣行栽培の茶葉と混ざらないように専用の工場が必要なのです。

なかなか掃除のやり甲斐がありました。
雑巾が、みるみるうちにまっ黒・・ではなく、緑!
お茶の汚れなので、汚い感じはしませんでした。

いつの間にか夢中になって、あっという間にお昼に。
そろそろお別れの時間です。。

「お茶畑に来たいと思っていた夢が実現できてよかった。」
「去年も参加して楽しかったから、今回も参加しました。ぜひまた来たいです。」
「草取りが思った以上に楽しくて、みんなでワイワイできたのがよかった。除草剤を使った草の生えていない隣の畑に比べて、雑草があって虫たちがいる北川さんの畑は生きていると感じた。」

など、お昼ごはんを食べながら様々な感想をいただきました。
今回は茶摘みの手伝いができずに参加者のみなさには申し訳なかったのですが、私たちのコンセプトは農体験というよりも農家さんのお手伝いになることに重点を置いています。
農作業の楽しさを知ると同時に、農家さんがふだんどんな仕事をしているかも知って、楽しく交流してほしい。
そういう意味ではコンセプトに合っているつもり、ですが、楽しかったという感想をいただけて、ホッとしました!
というか、私自身もとても楽しかったです。

またぜひお会いしましょう♪

前回のブログでも書きましたが・・、
この後私はすぐには東京に戻らず、西へ放浪の旅に出るのでした。

まずは静岡から北山村(和歌山)へ。
詳細は、そのうちw

まさこ@東京

2011年5月 6日

高野山からの便り

IMG_0116.jpg

背景  ブログをお読みいただいている皆様

いま、私は高野山にいます。
なぜ高野山にいるのか?
それは秘密です。というよりも、深い理由はありませんw

先週の土日は週末農風ツアーで静岡のお茶農家「北川園」さんをうかがいました。
(農風ツアーの報告は後ほど。。)

それ以降、PHSやwifiの電波もないような場所で西日本をふらふらしていたので、捜索届がでる前に生存報告しておきますね(笑)

静岡での農風ツアーの後は和歌山県へ直行し、知人が関係している「おくとろ温泉」(北山村)のオープニングイベントをボランティアで手伝いました。3日ほど。ごほうびに(?)筏下りを体験。
その後は大阪へ。
オーストラリアでのワーホリ時代の友人宅にて、子供2人(4才と1才)にもみくちゃにされつつ2泊。

それから大阪から意外に近い(といっても鈍行で約2時間半)ことを知って、高野山に来ちゃいました。
高野山では宿坊といって、宿泊できる寺院が多いのです。

大阪で友人との再会はとても楽しかったのですが、自然の豊かな静岡、和歌山からだと人が多くてギャップが。。
高野山に向かう電車の中、緑が濃くなるにつれてどんどん気持ちが開放されていきました。

というわけで、来週の初めには東京に戻る予定でいますが、未定です☆
京都の友達にも会いたいし。

「北川園茶摘み手伝い隊」と「おくとろ温泉」(北山村)の報告は後ほど。

敬具


Masako@高野山

2011年5月 2日

映画森聞き

先日もご案内した映画、『森聞き』(Morikiki)。
→http://treep.jp/blog/earthday/2011/02/07120856.html

1回目の上映は4/1に終了しました。
が、ただいまポレポレ東中野にてアンコール上映中!(4/23~5/6)

上映期間中に地震が起こり、数日間休止した後に再開するも、交通機関の乱れや不安が続く状況のなかで客足もまばらな日が続いたそうです。。
ですが、徐々に回復して、最終日には満席!補助席を出すほど!
私も最後はお客さんとして、観ました。
なんと3回目(笑)
観る度に新鮮な気持ちになって、シミジミいい映画だなぁ、と。
思ったのは私だけではないようで、他にも3回足を運んでくださった方が2人、4回観にきてくださった方も!
その方はお友達と来たり、姪子さんを連れてきてくださって、最後は一人でご覧になったとのこと。
映画館「ポレポレ東中野」には、もう上映しないのですか?という問い合わせの電話が多数寄せられたようです。

いま、エネルギーが問題になっています。
私たちはどのエネルギーを選択するのか?
そもそも、そんなにたくさんのエネルギーが本当に必要なのか??

「森聞き」は、ダイレクトにそれを問う映画ではないけれど。
森に寄り添って暮らしてきた「森の名人」といわれるお年寄りと、電気があって当たり前の時代に生まれてきた高校生の交流に、なんだか胸がジーンとします。
私たちが失ってしまった大切なものを思い起こさせてくれるような気がするのです。

ご案内が遅くなってしまいましたが、5/6まで上映しています。
この連休に、ぜひ足を運んでみませんか?

------------------------------------------
『森聞き』アンコール上映決定!
4月23日(土)~5月6日(金) 11:00~(1日1回上映)
★4月30日(土)上映終了後、ゲストトーク決定!
大西琢也さん(NPO「森の遊学舎」代表)× 大兼久由美(本作プロデューサー)
料金:当日一般1,500円 大学・専門1,300円 中高シニア1,000円 小学生700円
ポレポレ東中野 TEL:03-3371-0088
http://www.mmjp.or.jp/pole2/news.htm
-----------------------------------------------

Masako@熊野