2011年5月25日

IMG_0287.jpg


迷ったけれど、書かなくては先に進めないような気がして。
ケジメとして。


先日、父が亡くなりました。67才でした。
突然のことだったので、先週はいくつか予定をドタキャンして、通夜、葬式とバタバタしていましたが、いまは落ち着いて日常を過ごしています。

隠すつもりはなかったのだけど、友人にもあまり話していません。
父親の死というと、多くの人が思い浮かべるだろうショックと私の感覚に差があるだろうと思い、何となく言い出せず。

中学の時に両親が離婚して母の実家である函館に行ったので、父とは20年間会っていませんでした。
ショックを感じないわけではないけれど、20年間会っていなかった父の死をどう受け止めていいのか、むしろ戸惑いの方が大きいのです。

ただ亡くなる前に一度も会わなかったことが、今さらながら鈍く痛いです。

通夜や葬式の間、ちょこちょこ動き回ったり小さな声で騒いでいた幼い姪っ子たちに心から救われました。

もっと悲しんだり、後悔したりすべきなのかもしれないと思いながらも、葬式が終わって少し経つと、思い出すことも少なくなるほど。。

このまま何もない顔して普段どおりにブログ更新もできたのですが、何となく不誠実な気がしたので。

先日会った友人にも、特に告げるタイミングもなく普段どおりに接していたのだけど、やっぱり言うべきだったのかな?
わざわざ父の死を告白することで、気づかいをしてほしくなかったのです。

同じ日ではありませんが、その週に知人の赤ちゃんが生まれたという話しを聞いて、無常を感じました。

トップの写真は、先週末に行った湘南の海。
茅ヶ崎で行われたワークショップに参加して、その帰りに数人で海に寄りました。
久しぶりの海はまだ冷たくて、足元に寄せては返す波をみていました。


さて、旅のブログも書きかけのまま、まだアップしていません。
その間もいろいろな場所に行きました。
山梨とか、茅ヶ崎とか。
続きは、また。


今回の独白は、ふ~ん、てな感じでサラッと流してもらえるとうれしいです。


Masako

コメント[1]

Masakoさん

ダメで元々・・・
無理を承知で

お願いしたい事があるのですが・・・