2011年6月15日

週末農風~田植え!@豊穣庵 with NHK

6/11-12の土日は週末農風手伝い隊で、那須の豊穣庵さんにうかがいました!豊穣庵さんは田んぼと牧畜がメインで、無農薬のお野菜もつくられている循環型の農家さんです。

田んぼガールズ.jpg

「田んぼの草取り隊」のはずだったのですが、作業が変更になり、田植え。
というのも、気候の影響でまだ雑草が少なかったのです。

CIMG6525.JPGCIMG6533.JPGのサムネール画像
田植えといっても最初からではなく、植えてあった苗が台風の影響で流されてしまったり、植え残しのスペースを補う作業。
今年は田植えに行くチャンスを逃していたので、うれしい!
足をとられそうになりながら、田んぼのぬかるみに入るのが好きなのです(笑)

田植えは早々に終って、他にも細かい作業がたくさんあります。

CIMG6544.JPGCIMG6545.JPG
CIMG6549.JPGIMG_0336.jpg

豆(花豆、パンダ豆など)の種まき、トマトの苗を支柱に固定するため紐でしばる作業、レタスの収穫(自分たちが食べる分)、翌日は田植えの続き(別の田んぼ)を少しと、マルチを敷いて、とうがらしの苗の定植など。

それから、野蕗を摘んで伽羅蕗作り。
これは作業というより、体験。
IMG_0330.jpgIMG_0340.jpg

自宅用にも摘んで帰ったので、さっそく作ってみたところ、おいしくできました!
(自画自賛w)
伽羅蕗の作り方、一年ほど前に京都の綾部(里山交流大学)で教わったけど、あく抜きの仕方もすっかり忘れてたの・・(汗)

CIMG6576.JPGIMG_0328.jpg

それにしても、ご飯がおいしい!釜戸炊きだし!!!
豊穣庵さんは農家レストランも営まれています。
そんなおかあさんのよし江さんと一緒にお料理できるのは、楽しいだけじゃなくて、教わるところも大きい!
食材は採れたての野菜以外に、山菜や野草もふんだんに使います。

2日目は朝からNHKさんが取材に来ました。
「こんにちは いっと6けん」という番組。
緊張した~!
参加者のみなさんも、カメラを向けられて視線のやり場に困っていたようです(苦笑)

それでもディレクターの女性が素敵な方で、年齢も近いので親しみやすく、週末農風のコンセプトをご理解いただけての取材だったのでうれしかったです。

IMG_0329.jpgIMG_0327.jpg

2日目のお昼は餅搗き!!

IMG_0349.jpgIMG_0351.jpg
みんなで餅づくり.jpg餅4種.jpg

3升ものもち米をみんなで搗きました。
今回の参加者は全員女性。
なのでおとうさんと、NHK関係者の男性3名が大活躍。
(車にいたドライバーさんまで引っ張り出してしまった。。笑)

田舎に行くと、男性の株が上がる、ような気がする。
都会では女一人でだって生きていけると思ってしまうけど、農作業や力仕事の必要な場面では、男性の力を見直す機会が多々あるのです。

世の男性陣、ぜひ田舎へ行く機会をつくってくださいねw
(という話しを後日友人(男性)にしたところ、「うーむ。逆に幻滅される可能性もあるよねぇ。。」って・・、オイオイ。がんばれ男子!!)

週末農風で豊穣庵さんのところにうかがうのは三度目なのに、今まで私は予定があわず、実は今回が初参加。。

行ってみて、豊穣庵さんのリピート率の高さに納得。
楽しいだけじゃなくて、ご夫婦の人柄。林に囲まれた素敵な風景、お母さんの料理の腕に、山菜に関する豊富な知識!

CIMG6561.JPGIMG_0316.jpg

採れたての自家野菜だけじゃなくて、季節の山菜、野草料理、納豆も手作りです。
「みんなの笑顔が見たくて」と、一日目のおやつはなんと手作りの柏餅。柏の葉っぱはその辺の山でとってきた、とのこと。

IMG_0315.jpg

そして感激したのは、お水のおいしさ!
山から湧き出る清水を利用しているので、ずっと水が流れたまま。
水道に慣れている私達は、止まらずに流れ続ける水がもったいなくてドキドキ・・(笑)
といっても水は循環して、ちゃんと山に戻るのです。

印象に残ったのは、できるだけ昔の生活に戻るよう心がけているとおっしゃったおかあさんの話し。
毎日釜戸でご飯を炊くそうです。

IMG_0314.jpgIMG_0321.jpg

昔からそういう生活をしてきたわけじゃありません。
おかあさんは結婚する前のお勤めしていた頃、毎朝トーストに珈琲という生活をしていたのだそう。(今でも、珈琲は毎朝欠かさないみたいですが。)

それが農家に嫁いで、少しづつ価値観が変わってきたとおっしゃいます。
便利ないまの時代よりも、不便な昔の生活に本当の価値があるのではないか、と。

食料を買うのではなく、つくれるという素晴らしさ。

そしてここ数年は自分たちだけそういう生活をするのではなくて、後の世代を育てることの大切さを感じるようになり、農体験としてたくさんの人を受け入れています。

照れ屋のおとうさんはNHKの方から、「たくさんの若い女性に囲まれていかがですか?」と質問を受けて、一言、「はずかしい・・」と(笑)

「一人で農作業をするのは大変だけど、みんなが来てくれて一緒に作業すると楽しい。来てくれるのを本当に楽しみにしていたんだ。」と、おっしゃってくださいました。

記念撮影.jpg

帰るとき、「寂しくなるなぁ・・」とのつぶやきに、こっちも寂しくなって、「また来ます!」と言わずにはいられませんでした。(ここの娘になりたいくらい!)

心からのおもてなしをいただいた豊穣庵の渡辺さんご夫妻、
楽しく場を盛り上げてくださった参加者のみなさま、
餅つきまで協力してくださったNHKのみなさま、
ありがとうございました!!

毎回、素敵な農家さんに出会えて、本当に幸せだと思います。
一人でも多くの人にそんな農家さんたちの思いを知っていただけるように、これからも繋いでいきたい。と、改めて感じた2日間でした。


Masako
※6/17-22はさくらんぼ葉っぱ摘みの手伝いに山形へ行ってきます!