2011年8月25日

福島の親子息抜きツアー@大山支援村(鴨川)

更新が前後しますが・・、8/4-5は鴨川(千葉)の大山支援村で、福島親子の息抜きツアー受け入れのお手伝いをしました。
アースデー東京タワーボランティアセンターの活動の一環です。
大山支援村は2年前に廃校になった小学校を利用して、有志の住民により運営されている施設です。

CIMG6644.JPG

東京からのボランティアは8名。
到着後、まずは支援村スタッフの岩田さんからの説明を受けます。

CIMG6614.JPG CIMG6586.JPG

福島からツアーご参加のみなさんは、日中マザー牧場で楽しい時間を過ごし、早めにBBQの夕食を済ませてくる予定です。
私たちの任務はみなさんが気持ちよく泊まれるよう、夕方までにお掃除や布団などの準備をすること。

午前中に2階のベランダに布団を干したのですが、事務所(元職員室)でランチを食べ終わって談笑していたら、ひとりが外を見て「あれ、雨が降ってきた?」と気づき。その瞬間・・、顔を見合せてみんなで2階へダッシュ!
力を合わせ30組の布団を超特急で取り込んだところに本降りになってきて、ひとまずセーフ。

準備も完了して暗くなった頃に大型バスが到着。
今回のツアーに参加された福島の親子は大人10名、子供13名です。

CIMG6618.JPG CIMG6619.JPG

夜には準備していた花火♪

CIMG6633.JPG CIMG6630.JPG

お子さんの年齢は0~8歳と小さいので、お母さんと一緒に花火をする姿も。
みんな楽しんでくれたかな?

今回の息抜きツアー参加者は福島市にお住まいの方々。
福島市は原発から離れてはいるものの、放射線レベルが比較的高く、不安を感じている住民の方は多数いらっしゃるようです。
特に小さいお子さんがいらっしゃる方は。。

復興だとか、被災者や避難された方たちへの補償などの話は進んでいますが、放射線レベルが高い地域でも避難勧告が出ずに、今もどうしたらいいのか悩みながら、不安のなかで生活されている方たちがたくさんいるのです。。

3.11以降、子供を外では遊ばせることができず、窓を閉め切った家のなかで過ごし、外出の際は夏でも長そでにマスクを欠かせないという方もいらっしゃいました。。


そんなお母さんたちからのリクエストのひとつが水遊び。

というわけで翌日は鴨川自然王国で水遊びやトマトの収穫。

CIMG6654.JPG CIMG6656.JPG
CIMG6675.JPG CIMG6676.JPG

ランチはおいしいカレーをいただきました。
加藤登紀子さんもいらっしゃってくださいました。

CIMG6688.JPG CIMG6694.JPG

子どもたちにとって楽しい夏の思い出になるといいな。
そしてお父さん、お母さん方にとっても。
1泊2日という短い時間では、ほんの気休めに過ぎないかもしれないけれど。
それでも、張りつめた日々を過ごしている親御さんには、気を休める時間が必要だなはず。。

みなさんが帰ったあとは、小学校に戻って後片付け。
予定よりも早く終わってしまい、高速バスの時間まで笹谷窯でコーヒーをごちそうになりました。

CIMG6721.JPG CIMG6723.JPG
陶芸家杉山さんの工房と併設したカフェは居心地がよくて、丁寧に淹れていただいたコーヒーにホッと一息。


3.11からもうすぐ半年。
いま東京はすでに日常に戻りつつあって(すっかり日常とも思える・・)、震災があったことなんて遠い過去のよう。
でも福島をはじめ被災地では、今も日常の生活に戻れないまま、不安を抱えている人、困っている人たちがたくさんいます。

たいしたボランティアもできていなくてエラソーなこといえないけれど。
まずは一人でも多くの人が事実を知ることが大事なのかもしれない。

震災について改めて考えさせられる貴重な経験になりました。

支援村スタッフをはじめ関係者のみなさま、ありがとうございました。
更新が遅くなってごめんなさい(汗)


Masako

2011年8月16日

8/6週末農風 バターナッツ磨き隊@ポコアポコ農園

前回ご案内した7/31アースデーマーケットの報告記事は、週末農風ブログにイトウトモがアップしてくれたので、そちらに譲るとして。。

8/6に開催しました週末農風手伝い隊の報告です☆
茨城那珂市にある自然農の畑。
ポコアポコ農園さんに行ってきました!

IMG_1087.jpg

当日1名キャンセルが入ったけれど、11人です。
週末農風で「ポコアポコ農園」さんに行くのははじめてでしたが、いきなり定員を越えるほど大人気。
自然農の畑に興味を持って参加された方が多かったようです。

今回は珍しく男性参加者が多くて、男女の比率が半々でした。
しかも、農学部出身だったり、農業学校を出て農業法人で働いていたという人も。
今までの参加者は農業未経験の方が多いので、これまた珍しい現象なのです。

まずは自己紹介に少し時間をとってから、畑の見学をさせていただきました。

IMG_1080.jpg
こちらは食用ほおずき。クーズベリーという種類だそうです。

味見用にひとつずついただいて、パクリ。
なんとまあ、甘酸っぱくておいしいこと!
まるで果物のようなのに、なんと茄子科なのだそうです。

IMG_1077.jpg
きくいも。

IMG_1079.jpg
粟とか、稗とか、あと雑草とか(自然農ですから。笑)

IMG_1083.jpg
この大きい葉っぱは、さといも。

IMG_1085.jpg
日本では珍しい、スペルト小麦。
スペルト小麦は殻が硬くて、日本の小麦とおなじ脱穀機では脱穀できないそうです。
そのため毎年栽培して種をとっているのだけど、自家用に使う分を少量手で脱穀しているだけ。
他は脱穀できないので、種取り用に。もったいない。。
どなたか、スペルト小麦の脱穀機をお持ちの方はいませんか?(←国産のスペルト小麦がほしい方、ぜひご協力を。)

IMG_1086.jpg
トマトやエディブルフラワー、ハーブを植えてあるハウス。

などなど、掲載しきれないほどたくさんの種類の作物があります。

お昼に奥さんがバターナッツのポタージュを差し入れてくださいました♪
IMG_1090.jpg
自然な甘味で十分においしかったけれど、収穫してから追熟(しばらく置くことで熟させる)したものを使った方がもっと甘くておいしいとのこと。
ちなみに、それ以外のかぼちゃでも数ヶ月間はそのまま常温で日持ちします。(カットしたら日持ちしません。ラップをして冷蔵庫へ。)

私も一応、バターナッツとなすのぬか漬け、そしておやつにくるみゆべしを作ったのですが、なんと!写真撮り忘れました(爆)
(ほんとだよ。ちゃんと手作りだったのよ。。涙)
まあ写真はともかく、みなさんは喜んでくださいました♪(たぶん・・)


さて、お腹もいっぱいになったところで作業開始。
今回のミッションはバターナッツ磨きだ!

お店で並んでいるかぼちゃに泥がついてることって滅多にないですよね?
収穫したかぼちゃを布できれいに拭くのも、農家さんの仕事のひとつなのです。

IMG_1074.jpg

IMG_1098.jpg

なかなかユニークでおもしろいカタチをしたバターナッツが勢ぞろい。

IMG_1100.jpg IMG_1101.jpg
これは、他の種類と交配しちゃったらしく、形が全然違う。。
もし農協などに出荷する場合、規格に合わないカタチの悪い野菜は出荷できません。
カタチは良くても、大きすぎたり、小さすぎたものもダメです。
ふつうだったら捨てられるか、自宅で消費するしかないこうしたお野菜も、レストランなどではかえって高い価値がつくことが多いそうです。

IMG_1106.jpg
首の長いネッシーのようなのは、バターナッツじゃなくてトロンボーンというかぼちゃの種類。緑のは飾りかぼちゃで、固くて食べられないそうです。
確かに、飾りたいほどかわいい♪

IMG_1102.jpg IMG_1103.jpg
みんな熱心にゴシゴシ。

汗かきながら、おしゃべりしながら。
丁寧に磨いています。

大勢でやると作業が早くて、ピカピカになりました。
ひとまず任務完了です!

ちなみに、去年の4倍もの株を植えたのだけど、場所を変えたので土が合わなかったためか収量が少なかったそうです。

それなのに・・


自然農だとよくあることです。
まぁ、受け入れるしかないでしょう。

と言える大らかな人柄が和知さんの魅力だと思う。
あるがままの自然を受け入れられる人じゃないと、自然農ってできないのだろうな。。


さて、お次はネギの植え付け。
今回植えるのは、赤ネギ。

IMG_1107.jpg
あれれ?ふつうのネギに見えるけど・・?

実はこれ、大きくなると白い部分が赤くなるのです。

ねぎは日の当たる部分は青くなってしまうので、白いのは土のなかに植えてある部分。赤ねぎも同じ原理で、日の当たらない部分が赤くなるのだそうです。

植え方は、ねぎ(の苗)を20cm間隔で溝に置いて、根っこの部分に土をかぶせます。

IMG_1110.jpg IMG_1111.jpg

でもこれだと、ねぎが寝たままだよ?しかも、土をかける部分が少しだけで大丈夫なの??と不安になるわたし・・。

少しずつ、根っこが土に根づいてちゃんと立ってくるのだそうです。
そしたら徐々に土をかけるのだそうです。
植えてからも手間がかかるのですね。。

IMG_1116.jpg IMG_1117.jpg

作業はハウスにあるねぎの苗を取ってくる人と植える人に分かれて。
さらに植える人は、ねぎを置く人と土をかける人にわかれて、広い畑にねぎを植えていきます。

IMG_1120.jpg
作業全部は終わらなかったけれど、早く帰る人もいるため、おみやげ用になすとミニトマトを収穫させていただきました♪

IMG_1122.jpg
白いなすも入って、トマトとなすだけとは思えないほどカラフル☆

IMG_1123.jpg IMG_1124.jpg

楽しそうですねー(笑)

でも、なんといっても今回のベストショットはこちら!

IMG_1132.jpg

土にダイブした後の写真。
さすがは農家の息子。
泥まみれの得意気なポーズに脱帽です☆

今週末、8/21(日)はアースデーマーケット。
週末農風も、ポコアポコ農園さんも出店しますよ!
ぜひ遊びに来てくださいね♪