2013年5月29日

里山合宿 in 舟形町~田植え編~

里山合宿、無事終了しました!

IMG_2284.JPG

新庄駅に集合して、まずは翌日の田植えでお世話になる農家さん、佐藤さんのお宅へ。

IMG_0822.JPG IMGP4194.JPG
IMGP4196.JPG IMG_0828.JPG

お昼ご飯をいただきました。
おふかし(おこわ)、わらびやアスパラの一本漬け、ふきの煮物、青ばた豆の浸し豆など・・心のこもった季節のごちそうです。
おやつに牛乳寒天のジャム添えと黒豆、赤豆、栗を揚げたもの。
どれも手作り!

昼食後は地下を見学させていただきました。

IMGP4205.JPGのサムネイル画像 IMGP4206.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
RIMG0380.JPGのサムネイル画像 RIMG0382.JPGのサムネイル画像

お米や味噌、米ぬか(堆肥用)などが保存されているのですが、流しもあって、不思議な空間。
「まるで魔女のキッチンみたい」、という声もw

畑も案内していただきました。

「これからは自給自足の時代がくる。
自然の恵みをいかして生きることを大事にしたい。」
佐藤さんは無農薬無化学肥料で有機栽培を実践されています。

IMGP4229.JPGのサムネイル画像 IMGP4227.JPGのサムネイル画像

2種類のニラがあって、細くて背丈の低いものと、大きいニラと。
小さい方は昔からのニラで、70代の佐藤さんのおばあちゃんの時代から継いでいるものだそうです。
まるで森のなかにあるような畑.JPG IMGP4219.JPG

まるで森のなかのような素敵な畑。

畑のアイドル、カエル君も歓迎してくれました。

IMGP4222.JPG


9月にはラズベリー摘みができるそうです!
ラズベリー、9月には収穫できるよ.JPG

たくさん採れたらジャムを作りましょう♪

うるいやうど、アイコなどのお野菜をたくさんいただきました。


さて、次の案内人は舟形町の環境保護団体「ブナの実21」の阿部さん。
原木栽培のしいたけとわらび採りへ。

IMG_0870.JPG IMGP4240.JPGIMGP4281.JPGRIMG0406.JPG

しいたけやわらびが生えているのを初めて見た参加者のみなさんは、感動しきりの様子でした。

若あゆ温泉で汗を流し、宿泊の「ブナの実塾」へ戻る前に、町の方から差し入れをいただきました。

先日「里山合宿」の話しをしたところ、お料理をつくって待っていてくださったのです。
こちらでは、春になるとたくあんや青菜の漬物を塩抜きして炒め物にすることがよくありますが、今回いただいたのは漬物チャーハン!
おからのサラダ、マリネもいただいて、とってもおいしかったです。
しかも、趣味でつくられているという山ぶどうの皮細工のストラップも参加者人数分いただきました。

ブナの実塾へ戻ると、阿部さんがいろりで鮎を焼いていました。
またもや地元の方からの差し入れで、山菜の天ぷらやわらびの一本漬、ふきの煮物など。
IMGP4322.JPG

お昼ごはんの時のおこわやおかずの残りもあったので、下準備していた竹の子(細竹)のみそ汁と、いただいた山菜(こしあぶら、うど等)で天ぷらをつくったくらいで、食べきれないほどのごちそうが並びました。
自炊のつもりでしたが、結果的に必要なかったようです(苦笑)


IMGP4348.JPG RIMG0429.JPG
いろりを囲んで話しが弾み、夜が更けていきます。


2日目は6時に起床!
IMGP4293.JPG

いただいた野菜やお料理は朝食でも食べきれず、分けてお持ち帰りにw
田植え開始は8時から。

佐藤さんご夫妻の他に、手植えベテランの長沢親和会の八鍬さん、矢野さんにも来ていただきました。

木枠を転がして、苗を植える位置の目印をつけます。
まずはベテランのお父さん。

IMG_2227.JPG
きれいに目印をつけるのは、なかなかに難しいのです。
挑戦あるのみです。


IMG_2258.JPG IMG_2235.JPG

暑過ぎず、寒くもなく、ほどよい気候のなかで作業もはかどります。

IMG_2206.JPG IMG_2244.JPG
無事に育ちますように。
IMG_2245.JPG

今回植えたのは、ひめのもちという餅米の種類です。
秋には、餅つきをしましょう♪

予定より早くお昼前には田植え終了!
お疲れ様でした!!

IMG_2302.JPG

お昼ごはんは「さばね山そば」へ。

ここは雪室そばを使っていて、敷地内にある猿羽根山地蔵尊の若住職さん手打ちのおいしいおそばをいただきました。
この辺りのそばは、最上早稲という在来種のそばを使っています。

田植えを一緒に手伝ってくださった長沢親和会のお二人も一緒でした。

IMG_2384.JPG IMG_2399.JPG

舟形町では、絆ぞうりというプロジェクトで被災地石巻へ1000足の布ぞうりを届けました。
親和会の八鍬さんから、参加者全員にそれと同じ布ぞうりのプレゼントがありました。

IMG_2416.JPG

里山合宿第一回目、良いメンバーに恵まれて、楽しくて濃い内容の2日間になりましたw

そして思いがけず、いろいろな町の人たちからのご好意をいただいて、私自身が町の魅力を再発見するきっかけにもなりました。

次回は6/15-16の大豆の種まきです。
2回目からのご参加、単発でのご参加も歓迎します。

お問い合わせ、お申込み、お待ちしております☆
(詳細は後ほど!)

funagata_chiikiokoshi_m@hotmail.co.jp
地域おこし協力隊 いいだ

2013年5月 8日

2013/5/25-26 田植え&山菜採り♪ ☆里山合宿in舟形町☆メンバー募集!

里山合宿2.jpg

舟形町では、みんなで一緒にお米と大豆を栽培する里山合宿への参加メンバーを募集しています!

田植え、したことありますか?
大豆を種撒きするところから育て、そして収穫した豆でマイ味噌を仕込んでみませんか?

農の楽しさや難しさ、舟形町の人の温かさ、里山の魅力を一緒に満喫してくれる仲間の募集です。

山形県の北部に位置する舟形町は人口6000人ほどの自然豊かな町で、交通アクセスは意外に(?)よいのです。

東京から集合場所の新庄駅までは新幹線で一本、東京-新庄間の高速バス(夜行)「東京サンライズ号」は舟形町で乗降できます。仙台-新庄間の高速バスでも、舟形町で乗降できます。

極論ですが、米と大豆があれば人は生きていける、と信じていますw
舟形町で、一緒に生きる力を養いましょう♪

以下、詳細です。

<What's里山合宿?>
「里山合宿」は、水と空気がきれいな舟形町で、みんなでワイワイおいしいお米と大豆を育てる合宿形式のイベントです。
お米は5月の田植え、大豆は6月の種まきから、夏場の草取り、秋の収穫、そして冬には味噌仕込み。大豆の収穫が終わる10月、もしくは11月までは、ほぼ毎月開催します。参加する回数が多いほど、もらえるお米の量が増えますよ!
農作業メインの合宿ですが、町歩きや、地元の人との交流、楽しい体験プログラムにもご参加いただけます。1回目はこちらでスケジュールを組みますが、2回目以降は前月に集まったメンバーで、次回の農作業の時間以外の過ごし方、食事をどうするかなど、相談して決めます。

農作業で汗をかいた後は景色のよい露天風呂付きの若あゆ温泉で汗を流し、ビールで乾杯しましょう♪

<年会費と収穫物の分配について>
・年会費、1人5000円。
・収穫後、1人につき米5kgを分配。大豆は収穫量を参加人数で山分け。2回目から稲刈りまでの間、1回のご参加ごとにもらえるお米が3kgプラスされ、全5回参加で17kgの支給になります。
・飲食費、宿泊費は別途かかります。実費ですので、その場でご精算いただきます。※宿泊費は宿泊場所により、1人につき1泊1000円~3000円程度の見込み。
・農具は基本的に貸し出しいたしますが、追肥や必要な農業資材を購入する場合、参加者で割って負担する可能性がございます。
・年会員ではない方でも、1回につき参加費1000円で単発参加(お米2kg支給)も可能です。

<田んぼと畑♪>
今回お米をつくるのは、無農薬無化学肥料の昔ながらの農法で田んぼや畑を営まれている佐藤さんご夫婦の田んぼで、清流小国川の畔にあります。佐藤さんはささにしき、黒米、もち米を栽培されています。野菜や豆も独自で種をとり、在来種の作物を数多く育てていらっしゃいます。
 大豆畑は、田んぼから車で5分程度の山の中腹にある兼業農家の沼澤さんの畑です。畝づくりから経験できます。舟形町の在来種、くるみ豆をメインに、在来種のささげ(いんげん)などを蒔く予定です。
無農薬、無化学肥料で栽培する予定ですので、草取りもがんばりましょう!

<宿泊場所>
今回宿泊する「ブナの実塾」は、「ブナの実21」という環境保護団体の管理するいろり付きの古民家。
周りに民家もなくて田んぼに囲まれた立地は、まさに田舎体験にぴったり♪
(上写真)
2回目以降は、参加メンバーの希望と施設の空き状況により、「ブナの実塾」、「若あゆ温泉コテージ」、もしくは「猿羽根山農林漁業体験実習館」のどれかに宿泊します。夏はキャンプもできますよ♪

<食事>
お昼ご飯は町の食事処、夜は自炊を想定していますが、地元のお母さん方に郷土料理を教わったり、そば打ち名人によるそば打ち教室なども体験できます。

<体験プログラム>例
わらじ編み・わら細工/わらづと納豆づくり/陶芸/縄文の女神レプリカ作り/板金/ブナ林散策/手倉森湿原の散策/郷土料理作り/そば打ち/鮎釣り/鮎漁
※別途体験料金がかかる場合がございます。
※8月は集落の超ローカルなお祭りに参加できます!

<集合場所、時間>
新庄駅改札前、10時50分
◎ご参考
東京7:12発-新庄10:48着(JR新幹線つばさ123号)
浜松町駅バスターミナル22:30発-新庄6:40着(夜行バス東京サンライズ号。)
※上記新幹線以外の交通手段でお越しの方は、事前にご連絡ください。

<年間スケジュール>
5/25-26 田植え&山菜取り
6/22-23 大豆種まき、田の草とり
7/13-14 田畑の草とり
8/17-18 枝豆収穫、田の草とり集落の祭りに参加
9/21-23 稲刈り&豆豆収穫祭
10月中旬~11月初旬 大豆の収穫、乾燥
1月or2月 味噌仕込み
※スケジュールは変更になる可能性があります。

<お申込み、お問い合わせ>
以下のアドレスまで、メールでお申込みください。
メール: funagata_chiikiokoshi_m@hotmail.co.jp
※★を@に変えて送信してください。

お申込みの際、以下の情報をお知らせください。
氏名(ふりがな)、性別、年齢、電話番号、住所
※いただいた情報は、保険加入と里山合宿の諸事務のみに使用させていただきます。

<お問い合わせ先>
TEL:0233-32-2111
山形県舟形町役場(まちづくり課)

担当:地域おこし協力隊 いいだ


お申込みお待ちしています♪