2013年11月24日

大豆の収穫!里山合宿その後・・

先日の里山合宿では、未熟だったため畑に残しておいた大豆をようやく収穫しました。

IMGP9714.JPG IMGP9722.JPG

IMGP9725.JPG IMGP9739.JPG

3種類の大豆のうち、里山合宿のときに収穫したのは「くるみ豆」のみ。
あと「青ばた豆」と「秘伝豆」が畑に残されたままでした。

「青ばた豆」はだいぶ枯れてきていましたが、本当はもうちょっと熟成が必要。
秘伝豆にいたっては、まだ青い感じです。。
生育が遅かった上に、秋になってからは雨が多くて、なかなか乾燥しません。

今回の収穫作業には、仙台からの合宿メンバーのみえちゃんもかけつけてくれました!
このブログを通じて里山合宿を知ったとのことで、9月の稲刈りから参加してくれています。

小林隊員にも協力を依頼して、農家の佐藤さんと4人で分担しながらの収穫。
大豆の葉っぱを落とす、大豆を引っこ抜く、根っこを鉈で切り落とす、束ねる。

週間天気予報をチェックして晴れを見込んで決めた日程ですが、朝から見事に雨でした・・(涙)
が、雨ニモマケズ、楽しくおしゃべりしながらの作業。

とりあえず青ばた豆だけ収穫して、まだ葉っぱが青い秘伝豆は畑に残すことに。

お昼ごはんは、歩いてすぐの居酒屋「き乃川」に行きました♪

単品の「かきフライ」にご飯をつけて定食にしてもらいました。

DVC00429[1].jpg

ちなみに、小林隊員は焼肉丼の特盛w
私と同じものを頼んだみえちゃんは、そのボリュームと値段(600円)にびっくりしてました(笑)

午後からは、大豆を佐藤さん宅の車庫に吊るす作業。
紐を枝に引っ掛けて、3~4つをひとつに束ねて下げました。

休憩では柿やお漬物、手作りの栗の渋皮煮などをいただきながら、おしゃべりに花が咲きます。
帰りはおみやげに、お漬物やお野菜をいただきました。

その後は、冷えた体を温めに「若あゆ温泉」へ♪
雨の中の作業は寒かったので、ほっと一息。

今回来てくれたみえちゃんは自然農に関心があって、なんと仙台から長野の安曇野自然農塾に毎月通っているのです。
農家さんのお手伝いや野良仕事が趣味とのこと。
来年からは自分の畑を借りることにしたそうです。
スゴイ行動力・・!

彼女は農作業とは言わず、「野良仕事」と言います。
野良仕事は、「野を良くすることに仕える事」。自然に野菜が育つ環境にしていけるように、まずは育土を楽しむことが大事だそうです。

私も自然農に興味があって、本はもっていますが、なかなか実践できていません。。
一度勉強する機会がほしいなぁ。
東北で学べる場所があるといいのですが。

彼女は仙台のお店にも詳しいので、今度仙台でカフェ巡りをしよう!と話しが盛り上がっています。

ブログを見てくれてるっていう人と会うとうれしくなります。(スローペースな更新ですが・・)

ブログがきっかけで「里山合宿」に参加いただいたり、イベントへ会いに来てくださった人もいます。

こうしたご縁をいただけて、感謝です。

ちなみに、残った「秘伝豆」はその2日後に農家の佐藤さんと2人で収穫しました。使い慣れない鉈(大豆の根っこ切り)のせいで、肩と腕が筋肉通です(笑)
「大地がないと、食べ物も育たないの。感謝なんです。」
そんなお話しを聞きながら。
本格的な雪が降る前に、3種類の大豆を干すことができたので安心しました。

おやつにいただいた干し柿が甘くておいしかったです。
IMGP9855.JPG

さて、脱穀はいつにしようかな~。