2013年12月 6日

鮭を語る

鮭川村のじんぎり教室に参加してきました!
IMGP9942.JPG IMGP9955.JPG

「じんぎり」とは、川を登ってきた鮭を塩漬けして、干してつくる保存食。
昔から鮭川村にあった伝統食だそうです。
ただ、食が豊かになると同時に作る人がほとんどいなくなってしまったので、「サーモンロードの会」さんが復活させたそう。
年に1度のこちらのイベントは、去年に続いて2回目の参加です♪

なんと、一人一尾!
教えてもらいながら鮭をさばいて、塩をもみこみます。
2週間後、いったん塩抜きして、寒風に干す作業があり(ここはサーモンロードの会さんがやってくださるそうです)、参加者が鮭を受け取るのは約2ヶ月後の来年2月。
楽しみです♪

最上地域の郷土料理は、かなり共通しているものが多いのですが、「じんぎり」は舟形町にはなかったようです。
でも、小国川にも鮭は遡上してきます。
こちらに住んで2年近くなるというのに、舟形でも川鮭をとっている場所があると知ったのは、つい最近のこと・・(汗)

じんぎり教室を昼に終えて舟形町に戻り、向かったのは鮭採捕場。
鮭部会の方に、今日は採卵があるよと教えていただいたのです。

鮭の採卵、なかなかスゴイ光景でした。
IMGP0073.JPG IMGP0037.JPG

川のなかの檻に入っていた鮭を網ですくって木枠に入れ、頭を棒で叩く。
メスはお腹を切って卵(いくら)を取り出し、ボウルにためる。
ボウルにたまった卵に、オスの精子をかけて受精させるというプロセス。
なかなか見られない場面です!

孵化場で孵化した稚魚はある程度大きくなったら川に放流されるそうです。

こうした取り組みが知られていないのはもったいない。
鮭を釣ったり採卵できる現場を見られる機会は、そうないはずなのですが。。

晴れた日は川面に光がキラキラ反射して、とても気持ちのいい場所です。

ちなみに海が近い日本海側の鮭と違って、ここまで登ってきた鮭は脂が落ちています。
焼鮭よりも鮭汁が郷土料理として受け継がれてきたのは、脂の少ない川鮭をよりおいしくいただく工夫だったのでしょう。

鮭をたくさんいただいたので、しばらく鮭三昧の日々(笑)
切り身を味噌漬けにして焼いてみました。
IMGP0164.JPG
美味♪

鮭汁やチャンチャン焼きなども。
思いつきで、鮭クリコロ(クリームコロッケ)も作ってみました♪
IMGP0117.JPG IMGP0121.JPG

ちなみに、この辺りでは鮭のことを鮭(ヨウ)といいます。
「鮭汁」は、「ヨウジル」と読むのです。

鮭の採捕場は、鮭が登ってくる10~12月上旬頃まで期間限定で運営されています。
今年もそろそろ終わりでしょうか。

舟形町鮭部会のみなさま、おつかれさまでした!

そして鮭川村のサーモンロードの会のみなさま、じんぎり教室ではありがとうございました!
2月の料理教室も楽しみにしています♪