2011年6月 5日

旅の続き

すっかり中途半端になってしまった、放浪の旅の報告を。。

IMG_0076.jpgIMG_0073.jpg

4/30-5/1の一泊で静岡の茶畑へ週末農風の手伝い隊でうかがった後、向かった先は和歌山県北山村。
日本で唯一飛び地の村。住所は和歌山県なのに、三重と奈良の県境にあるのです。

友人に誘われて、「おくとろ温泉」のリニューアルオープンイベントのお手伝い。
地域活性の一環としてNPOがかかわっていて、そのご縁で。

オープニング前の掃除や準備と、当日はレストランのホールスタッフも務めました。

IMG_0024.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像IMG_0033.jpgのサムネール画像のサムネール画像
IMG_0060.jpgIMG_0067.jpgのサムネール画像のサムネール画像

夕食は、地元のお食事処「やまなみ」のおかあさんに料理を教わりながら、ボランティアの仲間のみんなで準備!
まるでお料理教室のよう。
イタドリ、雪の下、こしあぶらなどの山菜を使ったお料理。
名物の「めはり寿司」(高菜漬でご飯を包んだもの)の作り方も教えてもらいました。

3日目は、筏下りを体験。
北山村の名物は、「じゃばら」、「おくとろ温泉」、「筏下り」の3つ。
じゃばら(邪払)とは柑橘系の酸味の強い果物で、花粉症に効果があるようです。
筏下りは、緑の濃い大自然の中ゆるやかな川の流れを楽しむ時間あり、激流に入る時は手すりに捕まってスリルも味わえるという、想像以上に楽しい経験でした。

北山村の後は予定を決めていなくて。。
とりあえず大阪に向かう車に同乗。
突然の連絡にもかかわらず、大阪の友人が快く泊めてくれて感謝!
オーストラリアでのワーキングホリデー時代の友人で、帰国後7年も経つけれど、ずっとつき合いが続いています。
それから先の記事でも紹介したように高野山へ!

IMG_0084.jpgIMG_0093.jpg

1泊の予定が、もう少しゆっくりしたくなって延泊。結局2泊したのだけど、奥の院へお参りしたり、霊宝館へ行ったり、麩まんじゅうを食べたり♪満喫しました。
修行体験(座禅や写経など)をしたい方には宿坊「恵光院」おすすめです。
それにしても・・、高野山が真言宗だということも、開祖が空海だということも、何も知らずに行きました。。
お坊さんからいろいろ話を伺うことができたし、宿にある本も読んだりして、少し仏教を身近に感じるようになりました。

その後は、大阪経由で京都へ。

大阪では、前の会社の後輩やワーホリ時代の友人と再会。
ワーホリでは関西系の友だちもたくさんできたなぁ。。

その晩遅くに京都に着いて、ゲストハウス錺屋(左下写真)に1泊。
相部屋になった2人とも偶然東京在住で、1泊だけのご縁だったけれど、話しができて盛り上がりました。
ゲストハウスはそういうところが好き。

IMG_0146.jpgIMG_0157.jpg

翌日の京都では、すでに観光疲れしていたのであまり動く気にはなれず、日中は南禅寺に行ってのんびり。
南禅寺は京都に行くと必ず行くお気に入りの場所で、三門の大きな柱の台に腰かけてボーっと過ごすのが何より好きなのです。
夕方からバイトを終えた友人と合流して、伏見を案内してもらいました。

そして夜行バスで東京へ。
11日間の旅を終えたのでした。

無計画な旅は、ワクワク、ドキドキの連続。
ちょっぴり疲れるけど、ね(笑)
たくさんの人や場所や経験との出会い、久しぶりの友人との再会もできて、実りの多い時間でした。

東京に戻ってからも、相変わらず動き回っています。
行き着く先はわかりません。
まだまだず~っと旅の途中。
そんな気分です☆


Masako

2011年5月 6日

高野山からの便り

IMG_0116.jpg

背景  ブログをお読みいただいている皆様

いま、私は高野山にいます。
なぜ高野山にいるのか?
それは秘密です。というよりも、深い理由はありませんw

先週の土日は週末農風ツアーで静岡のお茶農家「北川園」さんをうかがいました。
(農風ツアーの報告は後ほど。。)

それ以降、PHSやwifiの電波もないような場所で西日本をふらふらしていたので、捜索届がでる前に生存報告しておきますね(笑)

静岡での農風ツアーの後は和歌山県へ直行し、知人が関係している「おくとろ温泉」(北山村)のオープニングイベントをボランティアで手伝いました。3日ほど。ごほうびに(?)筏下りを体験。
その後は大阪へ。
オーストラリアでのワーホリ時代の友人宅にて、子供2人(4才と1才)にもみくちゃにされつつ2泊。

それから大阪から意外に近い(といっても鈍行で約2時間半)ことを知って、高野山に来ちゃいました。
高野山では宿坊といって、宿泊できる寺院が多いのです。

大阪で友人との再会はとても楽しかったのですが、自然の豊かな静岡、和歌山からだと人が多くてギャップが。。
高野山に向かう電車の中、緑が濃くなるにつれてどんどん気持ちが開放されていきました。

というわけで、来週の初めには東京に戻る予定でいますが、未定です☆
京都の友達にも会いたいし。

「北川園茶摘み手伝い隊」と「おくとろ温泉」(北山村)の報告は後ほど。

敬具


Masako@高野山

2009年10月24日

旅風景その6~旅の終わりに~

シャロムでは毎朝6時からヨガがあるのだけれど、目が覚めたのが6時!?
慌てて着替えて、地下にあるヨガルームにかけこみました。。


CIMG2119.JPG

7時からはエコツアー。
シャロムの持続可能な農的暮らしを説明つきで見てまわります。
その日はオーナー臼井さんのツアーでした。

CIMG2123.JPGCIMG2129.JPG

自然農の畑にびっくり。。
なるほど、野菜の味が濃くておいしい理由がわかりました。


CIMG2131.JPGCIMG2134.JPG

朝食はバイキングで食べ放題♪
石釜で焼いている天然酵母パンが最高!


CIMG2107.JPG

10時にチェックアウトしたけど、しばらくホールに居座って読書したり、自然農の畑を散歩したりと時間を稼いで・・


CIMG2147.JPGCIMG2149.JPG

お目当ては12時開店のレストランにて、石釜で焼いたピザ!
これは食べる価値ありです。


4泊5日の安曇野、いろんな出会いがあって、おいしいものをたくさん食べて、予想以上に内容の濃い旅になりました。

改めて、出会ってくれた人たちに感謝です!
安曇野で、東京で、また会おうね!!


Masako

旅風景その5~いよいよシャロムヒュッテへ~

いざ、念願のシャロムヒュッテへ。

アクセスは穂高駅から。
夕方17時半に送迎があると聞いたけれど、地球宿の望さんお勧めもあって、ひつじ屋さんで自転車を借りることに。

自転車での移動は大正解!
自由にあちこちまわれるし、前方に山を眺めながらペダルを漕ぐのは最高に気持ちが良かった。

CIMG2051.JPG


出発して5分も経たないうちに移動販売カーこらくると出会いました。

CIMG2045.JPG
CIMG2048.JPG
CIMG2049.JPG

玄米ぴざの文字に引き寄せられて、つい・・(笑)

地球宿でのイベントに出店することもあるようで、望さんともお知り合いでした!
地元の農家さんを応援したいという気持ちが、私のお手伝いしているアースデーマーケットとも通じるものがあって、しばらく立ち話し。

うれしいことに、ピザもラザニアも肉や化学調味料不使用でベジ対応です(チーズは使っているけれど、なしにもできるとのこと)。

こらくるさん、ぜひぜひ東京でも出店してください!
これからの季節、野菜の重ね煮おでんが食べたいです。(そのときのメニューになかったけど、後日チェックしたこらくるさんのブログに載ってたの!)


注文したのは野菜ラザニアピタサンド。
少し先にあった川原でいただきました。

CIMG2055.JPGCIMG2060.JPG

CIMG2065.JPG
ボリューム満点でとってもおいしかった!
知らない人が食べたら、お肉が入ってないなんて気づかないと思う。


CIMG2070.JPG

あまりに気持ちが良くて、しばらく河原で寝そべっていました。


その後は観光客らしくギャラリーなどに立ち寄った後、「ひつじ屋」さんお勧めのお蕎麦屋さん「ふじもり」に向かいました。(おいしいお店は地元の人に聞くのが一番です♪)
CIMG2087.JPGCIMG2088.JPG
CIMG2090.JPGCIMG2093.JPG

さすがに連休真っ只中、人気のお店らしくとても混んでいて、残念ながら玄そばは売りきれ。でも八割そばもとってもおいしかった。植物性のだしを使った精進つゆにしてもらったのだけど、これがまたうまい!
お店の人の笑顔と対応がとても良くて、素敵なお店でした。

その後絵本館に立ち寄り絵本の鑑賞とのんびりティータイムの後、夕方17時前にはシャロムヒュッテに到着。

CIMG2097.JPG
はじめて来たのに、何となくなつかしい感じがする。。
オーストラリアでのワーホリ時代に泊まっていたバックパッカーの宿に、雰囲気が似ているのかもしれない。


CIMG2111.JPG
その日のメニュー

CIMG2112.JPGCIMG2114.JPG
CIMG2116.JPGCIMG2117.JPG

基本的に和食中心の養生園とはまた違って、コース料理。
マクロビではないようだけど、基本的には玄米菜食です。
もう言うまでもなく、おいしかった。手の混んだ工夫がされていて、思わず作り方を聞いてしまうほど。
同席した、やはり一人旅の女性と仲良くなっていろいろと話しをしました。
シャロムに泊まってみたくて、高知から高速バスで来たとのこと!

20時からはオーナーの臼井さんと、掘りごたつを囲んでスライドショーとお話しができる時間。
元シャロムのスタッフの方も宿泊客で参加されていました。
都内で働きながら、群馬で畑をしているとのこと。
そのすばらしい行動力は、やはりスタッフ時代に培われたのかしら!?

なんだかんだと話し込んでいたら23時を過ぎてしまって・・、翌朝のヨガプログラム(6時~)に寝坊するのでした(汗)


いったいこの旅の間に、どれだけの人と知り合っただろう!?


Masako

2009年10月15日

旅風景その1~松本、安曇野へ~

松本城.JPG

先週末は連休に有休をプラスして、松本経由で安曇野へ4泊5日の旅行に行ってきました!

新宿~松本は高速バスが出ていて、思っていたよりも安くて近くて、手軽に行けました。
連休だけあって、帰りは渋滞に巻き込まれて大幅に遅れましたが。。


今回の旅の目的は、ずっと気になっていた宿、穂高養生園シャロムヒュッテに泊まること。さらに知人の紹介で、地球宿というところにも泊まることになりました。
3件ともとっても個性的な宿です!

それ以外は何も考えずに行ったので、観光スポットも何もチェックしていない。。

初日は松本在住の友人に案内してもらったのですが、そんな私にちょっとあきれ顔(笑)
とりあえず松本城に連れて行ってもらいました。

城の中と庭を入場料600円で見学できます。

敵の侵入を防ぐためとあって階段は一段一段の高さがあり、かなり急。
昔の火縄銃など展示物もなかなか興味深いですが、石落としや鉄砲狭間と呼ばれる窓もあって建物自体戦国時代を彷彿とさせる造りでした。


ランチは松本から車で20分ほどのそば集落へ。
おすすめと書いてあったので二八の粗引きを注文。
十割蕎麦も気になっていましたが、おいしかったので大満足。
やっぱり信州といえば蕎麦ですね♪(蕎麦の写真は撮り忘れました。。)
そば集落.JPG蕎麦や.JPG
http://www.suisya-ya.com/

そして目的地の穂高養生園へ。

穂高養生園は宿泊施設ですが、ふつうの宿とはちょっと違います。
(というよりも、今回宿泊した3軒ともふつうの宿ではありませんでした(笑) 良い意味で。)

それぞれの宿の詳細は、別途ご紹介します!

Masako