2013年6月23日

大豆レボの料理

ご縁があって、この週末は鳴子でお料理をつくってきました。

東鳴子温泉の大沼旅館さんでは地大豆湯治という取り組みをされています。
今回は「苗植え大作戦」のイベントを開催されて、その前夜祭のお料理と当日のランチを頼まれたのです。

そんなわけで、先週までは「里山合宿」の準備をしながらも、スキを見ては試作する日々。
朝からパエリア作ってみたり(笑)
一緒に料理を手伝ってもらう友人と夜に試作会開いたり。

大豆の苗植えイベントなだけに、大豆を意識してメニューを組みました。

土曜日夜のメニュー
☆大豆のパエリア
☆冷製パスタ
☆油揚げの肉巻き風
☆マッシュルームのおからチーズ風詰め
☆よせ豆腐 with ニラ漬け
☆ニラのスープ
☆豆腐ジェラート

日曜ランチメニュー
☆高野豆腐のキーマカレー
☆豆腐ステーキのマリネサラダ
☆フランスパンの大豆ディップ添え
☆トマトスープ
☆豆腐ババロアのいちごソースがけ

作ったお料理を写真に撮るよゆうがなかったので、一部ですが。

IMGP4892.JPG IMGP4893.JPG
野菜の肉巻き風(写真左)
実はこれ、油揚げなのです。
中に人参といんげんを巻いています。
参考にしたレシピはあな吉さんのベジチャーシュー。

マッシュルームのおからチーズ風詰め(写真右)
粉チーズ風に仕上げたおからを舟形町の特産品マッシュルームに詰めてオーブンで焼きました。
卵、乳製品アレルギーのお子様がいらっしゃる方から、安心して食べさせられるからうれしい、とおっしゃっていただきました。

IMGP4899.JPG IMGP4904.JPG
在来種「ミヤギシロメ」を使ったよせ豆腐(写真左)
福島県いわき市の「大楽」というこだわりのおとうふ屋さんからのお取り寄せです。
ニラ漬けを添えて召し上がっていただきました。
何もつけずに食べてもおいしい豆腐だったので、シンプルに塩も用意しておけばよかったなぁと、反省。

デザートは豆腐のジェラート(写真右)
きな粉と黒蜜をのせました。
ジェラートの甘味は玄米甘酒(甜菜糖も少々)。
黒蜜も手づくりです。

ちなみにメインのパエリアと冷製パスタは写真を撮りそびれたのですが、試作した時の写真で。。
IMGP4637.JPG


昼のメニューも、やっぱり大豆系ですw
130623_121838.jpg
前日に仕込んだ高野豆腐のキーマカレー。


豆腐マリネ.jpg
豆腐ステーキのマリネサラダ。
大沼さんの奥様が焼いてくださったフランスパンに大豆ディップを添えて。
味わいのあるおいしいパンで、ディップも大好評♪


豆腐ババロア.jpg
豆腐ババロアはいちごソースをかけ、ミントを添えて。
ソースは舟形のいちご「女神のしずく」を時間をかけて煮詰めて作りました。

ランチ会場は畑!
自然豊かな畑のなかに、一日カフェオープンです♪
料理をとってる写真.jpg

当日もバタバタでしたが、みなさんに「おいしい」と言っていただけて、苦労した分その言葉が心に響きました。
みんなで食べてる写真.jpg

私が大沼さんと知り合うきっかけになったNPOトージバの神澤さん一家もいらっしゃっていました。

東京に住んでいたときに、知人に頼まれてケータリングしたことがありました。

以前マクロビオティックの教室をしていたこともあって、こうした依頼がくることが時々あったのです。
知り合いから頼まれるくらいで、まだまだプロと言えるレベルではないけれど。
今回のことをきっかけに、もっと料理をがんばろうという気持ちになりました。

隣の新庄市から参加されていた方に料理を気に入っていただけて、マクロビ料理教室を開催してほしい、とおっしゃっていただけて。
こちらではあまり需要がないかなと思って、教室をすべきか迷っていたのです。
最近はお休みしていたけれど、マクロビ教室も再開しちゃおうかなと考えていますw

貴重な経験やご縁のきっかけをくださった大沼さん、召し上がっていただいたみなさん、料理を手伝ってくれた友人、そして時々しか更新していないブログを読んでくださったみなさんに、感謝の気持ちを込めて。

Masako

2010年12月23日

12/22 トークイベント、初日を終えて。

今日はまるで夢のような時間でした。
Earth Art Caféという最近オープンしたばかりの青山にあるオーガニック系のお店でのイベント。以前から憧れていた平田シェフが総料理長をされているお店です。
平田シェフの開催しているSMM(Simple Modern Macrobiotic)という教室は募集を開始するとすぐ満席になってしまうほど大人気。

そんな素敵なお店で、岡部先生、吉度さんのトークライブに加えていただいたのです。
大人数(今回は20名程度)の前でお話をする経験はほとんどないので、と~っても緊張しましたが、吉度さんや先生がお話を振ってくださって話しやすかったです。

お食事のときには参加者の方と一緒にテーブルに座らせていただいて、交流の時間をもてました。週末農風の活動に興味を持ってくださる方も多数いらっしゃって、うれしかったです!

イベントの後に岡部先生や平田シェフ、お店のスタッフの方たちとゆっくりお話することができました。なんて贅沢な時間なのでしょう。。。

私は岡部先生の本(『心とからだをキレイにする マクロビオティック』
)の中でマクロビオティックを実践して夢を叶えた人の一人としてご紹介いただきましたが、本に載ったうえにみなさんの前でお話しする機会をいただいたこと、そして岡部先生や平田シェフとお話しできたことがまさに夢のようでした。

それにしても、お料理がほんとうにおいしかったです!
また今度、改めてうかがいたいと思います。
(今度は緊張していないときに、ゆっくり味わって食べたい・・。笑)

出版記念トークライブは本日を皮切りに、26日まで毎日開催します!
(場所や時間帯は毎日違うので、要注意です!)
12/4の記事をご参照くださいね。

http://treep.jp/blog/earthday/2010/12/04003053.html

特に千葉のイベントはまだお席によゆうがあるとのこと。
(12/24は千葉市内のカフェで、25日は千葉の長生郡、Browns Fieldの近くだそうです。)
もちろんおいしいお食事つき!


26日の「カフェオハナ」(三軒茶屋)も素敵なお店ですよ~!


ぜひお越しくださいませ♪

Masako

2010年12月 4日

12月22〜26日イベントのお知らせ☆ 出版記念トークライブ・ツアー

イベントのお知らせです!

出版記念トークライブ・ツアー!!
といっても、私が本を出版するわけじゃ、ありません(残念ながら、笑)
でも、私もちょこっと顔を出させていただいている本です。
もちろん私以外にもたくさんの方が紹介されているのですが、今回出版になる本の2冊どちらにも載せていただいていることもあって、トークに参加させていただくことになりました(汗)

『心とからだをキレイにする マクロビオティック』岡部賢二著
この本では、私はマクロビオティック実践者の一人としてご紹介いただいています。
岡部先生のファンで、トークイベントに出かけたり、ムスビの会で販売しているMI塾の講義録CDで勉強していましたが、まさか一緒にトークできるとは・・・、夢のようです!

吉度日央里著 『種まき大作戦 〜土と命に触れる生き方』
タイトルどおり、土と命に触れる生き方をしているたくさんの人が登場する、素敵な本です。
こちらの本では、私が友人と主宰している「週末農風」の活動を紹介していただきました。
日央里さんは、下の紹介にもあるように、敏腕編集者であり、ライターであり、マクロビオティックインストラクターでもある、とにかくすごい人です!

というわけで、12/22~26の日程で都内、もしくは千葉に出没します!

詳細は以下をご覧ください。
そしてぜひ、お越しくださいませ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『マワリテメクル小宇宙 ~暮らしに活かす陰陽五行』と『月のリズムでダイエット』の著者でおなじみの岡部賢二先生待望の新刊『心とからだをキレイにする マクロビオティック』が、12月22日にPHP研究所より刊行されます。
 この本の編集者の吉度日央里さんも、10月にサンマーク出版より『種まき大作戦 〜土と命に触れる生き方』という本を上梓しました。
 そこで、2冊の本の出版を記念して、岡部先生と吉度さんのトークライブ・ツアーを都内と千葉県各所で開催することにいたしました(22日と23日は、岡部先生の単独出版記念会)。
『心とからだをキレイにする マクロビオティック』の中で、岡部先生は、食事オンリーで考えられがちなマクロビオティックを、創始者桜沢如一氏の思想の原点に立ち戻って、その精神性を掘り起こすとともに、日本の上古代の「カタカムナ文明」から「アワとサヌキ」といった考え方を取り入れ、まさに「NEWマクロビオティック」とも呼べるところにまで自分をもっていく提案をしています。
 吉度さんの『種まき大作戦』では、食の安全性が危ぶまれるいま、「農」を暮らしに取り入れよう、という提案をするとともに、「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんや、マクロビオティック料理家の中島デコさん、歌手で農事法人「鴨川自然王国」理事の加藤登紀子さんなど、これまで様々な種をまいてこられた40人の活動とそれぞれの熱い思いを伝えています。
 今回は、この二冊の本のなかで紹介されている援農ツアー「週末農風」を企画・運営しているいいだまさこさんにも登場していただき、マクロビオティックでのアトピー克服体験や「週末農風」立ち上げの際のお話などをしていただきます(24日昼の会ではなし)。
 トークのあとは、ギターやヴァイオリン、歌で癒されてください(出演者は日によって変わります。22日は、会場の都合で音楽ライブなし)。

* 会場で、『心とからだをキレイにする マクロビオティック』、『種まき大作戦』など、二人の本を購入できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岡部賢二著『心とからだをキレイにする マクロビオティック』
   出版記念トークライブ@青山
「マクロビオティックで、あなたの夢がかないます!」

日時 2010年12月22日(水) 18時半〜21時(18時開場)
場所 earth art café AOYAMA
   東京都港区南青山3丁目827柴崎ビル1F
内容 岡部先生のトーク・岡部先生×いいださん×吉度さんのトークセッション
参加費4500円。平田シェフ指導のマクロビオティック夕食つき。
先着25人。要予約。
問い合わせ先 TEL03-6380-5586
申し込みは電話かHPの参加申し込みフォームから。締め切り12月19日。
【URL】http://www.nfst.jp/p/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岡部賢二著『心とからだをキレイにする マクロビオティック』
   出版記念トークライブ@渋谷
「マクロビオティックで、あなたの夢がかないます!」

日時 2010年12月23日(木・祭)
   18時00分〜20時00分(17時半開場)
内容 岡部先生×吉度さんのトーク・いいださんの体験談・「Dawn-People」ライブ
先着30人。要予約。
場所  マクロビオティック料理教室「青山コンペイトウ」
    渋谷駅から徒歩5分、表参道駅から徒歩7分
    詳しい場所はお申し込み後にご連絡します。
【URL】http://www.akiko-tomoko.com/
参加費 3500円(「青山コンペイトウ」主宰・平尾安樹子さん手作りの食事つき)
    飲み物(アルコール類以外)は、各自持参してください。
問い合わせ先 TEL090-9373-0578/E-mail moon@e-oryza.com
申し込みは電話かメールで。締め切り12月21日。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 岡部賢二著『心とからだをキレイにする マクロビオティック』
 吉度日央里著 『種まき大作戦』  出版記念トークライブ@千葉
「マクロビオティックで夢の種をまこう!」

日時 2010年12月24日(土) 19〜21時(18時半開場)
場所 「カフェブルー」 千葉県千葉市中央区弁天1-30-1
内容 岡部先生×吉度さんのトーク・いいださんの体験談・「モヤッテラッキー」ライブ
参加費 3500円。マクロビオティック・クリスマスバイキングつき(ドリンク別)。
先着30人。要予約。
問い合わせ先 TEL&FAX.043--285--6308
申し込み は電話かFAXで。締め切り12月21日。
【ブログ】http://earthmarketplace.blog23.fc2.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岡部賢二著『心とからだをキレイにする マクロビオティック』
 吉度日央里著 『種まき大作戦』  出版記念トークライブ@長生郡
「マクロビオティックで夢の種をまこう!」

日時 2010年12月25日(土) 15〜17時(14時半開場)
場所 「こだまや」 千葉県長生郡長生村驚30
内容 岡部先生×吉度さんのトーク・いいださんの体験談・吉度模彌さんのライブ
参加費1500円(オーダーは別途・要オーダー)。
先着50人。要予約。
問い合わせ先 TEL&FAX.0475(?32)?7781/E-mail info@kodama8.com
申し込み は電話かFAX、メールで。当日まで申し込み可。
【URL】http://www.kodama8.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 岡部賢二著『心とからだをキレイにする マクロビオティック』
 吉度日央里著 『種まき大作戦』  出版記念トークライブ@三軒茶屋
「マクロビオティックで夢の種をまこう!」

日時 2010年12月25日(土) 15〜17時(14時半開場)
場所 「カフェオハナ」 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 豊栄ビル1F
参加費 2000円(オーダーは別途・要オーダー)。
内容 岡部先生×吉度さんのトーク・いいださんの体験談・「Dawn-People」ライブ
先着30人。要予約。
問い合わせ先 TEL&FAX.(03) 5433-8787
申し込みはHPのお問い合わせフォームから。当日まで申し込み可。
【URL】http://www.cafe-ohana.com/


■出演者プロフィール

岡部賢二(おかべ けんじ)
1961 年、群馬県生まれ。日本玄米正食研究所所長。フードアンドメディカルコンサルタント。大学在学中に渡米して肥満の多さに驚き、「アメリカ社会とダイエット食品」をテーマに研究するが、日本の伝統食が最高のダイエット食と気づく。その後「正食」と出会い、松岡四郎氏(故・桜沢如一氏の直弟子)から指導を受ける。正食協会講師として活躍後、2003 年、福岡県の田舎に移り住み、日本玄米正食研究所を開設。05 年、「ムスビの会」を発足。06 年、セミナーハウス「四季の舎ながいわ」を開校し、マクロビオティックレストラン「ながいわの郷ムスビ」をオープン。09 年、仲間8人と「マクロビオティック九州」を立ち上げる。
著書に『マワリテメクル小宇宙~暮らしに活かす陰陽五行』(ムスビの会刊)、『月のリズムでダイエット』(サンマーク出版刊)がある。
マクロビオティックの講演やプチ断食セミナーで全国を回っている。
「ムスビの会」のホームページ http://www.musubinokai.jp
「マクロビオティック九州」のホームページ http://www.macrobi-q.com/

吉度日央里(よしど ひをり)
1960年、静岡県生まれ。オーガニック系を専門とする編集者、ライター。マクロビオティックインストラクター(ムスビの会認定)。「マクロビオティック・ピクニック」主宰。長男の重症アレルギーを機に出版社を退社し、玄米菜食に出会う。尾形妃樺怜氏に師事し、故・大森英櫻氏、大森一慧氏、山村慎一郎氏、岡部賢二氏の講座にも学ぶ。
『マクロビオティック望診法―美人のレシピ』(山村慎一郎著・中島デコ料理、洋泉社)、『発酵道』(寺田啓佐著、河出書房新社)、『からだの自然治癒力をひきだす生きかた』(大森一慧著)、『月のリズムでダイエット』(岡部賢二著、以上2冊サンマーク出版)、『みなみ屋さんのお弁当』(みなみ屋さん著、パルコ出版)などの編集を手がける。2007年、「種まき大作戦」に立ち上げから参加し、出版部門を担当。『半農半Xの種を播く』や『土から平和へ』(以上2冊塩見直紀と種まき大作戦編著、コモンズ)『土にいのちの花咲かそ』(加藤登紀子著、小社)などを制作。マクロビオティック料理教室や手当て法講座を開催。トークライブ、イベントの企画・進行なども行っている。 
                   
いいだまさこ
1976年生まれ。北海道出身。クシマクロビオティックアカデミーアドバンス修了。リマクッキングスクール師範科通学中。山村塾望診法講座上級通学中。2006年10月よりマクロビオティックの食事法を実践して、アトピー体質を克服。同時に様々な不調が解消されて、食と身体と心のつながりを実感。2008年NPO「種まき大作戦」主催の「棚田チャレンジ」に参加し、農作業の楽しさに目覚める一方で、耕作放棄地の問題や、地方の過疎化などの問題を知る。自分にできることを考えた結果、2010年春に志を同じくする友人と「週末農風」を立上げ、援農ツアーを主宰。2010年5月より、都内自宅にて身体と心を調える「食」を伝えるべく、マクロビ教室「農(みの)りの風」を開催
ブログ「EarthDayな日々」 /blog/earthday/
ブログ「週末農風」 http://blog.goo.ne.jp/shumatsunofu

Dawn-People
2009年結成、吉度模彌(変則チューニングアコースティックギターと歌)、小畑亮吾(ヴァイオリンと歌)からなる二人組。アコースティック編成ではあるが、オルタナティブ・ロック由来の楽曲を製作・演奏。カフェ、野外イベント、ギャラリースペース、ライヴハウス、レストラン、街頭、バーなど、ところ構わず活躍中。
「Dawn-People」試聴 http://www.myspace.com/yoakenohitobito

モヤッテラッキー
ラキタとモヤ(吉度模彌)の若い二人が音で遊ぶ、次世代型ギター弾き語りユニット。
ラキタは1990年、NY生まれ。幼少を湘南で過ごし、その後沖縄で育つ。物心ついた時には、家族で旅をしながら多彩な音に触れていく。ファンクバンド「ズットズレテルズ」を結成し、アルバム「第一集」リリース。現在は東京在住。ギター弾き語りで、主にソロ活動中。
吉度模彌は1989年、東京生まれ。小畑亮吾(ヴァイオリン、歌)と組んでいる「Dawn-People」では、変則チューニングアコースティックギターで、オルタナティブ・ロック由来の楽曲を製作・演奏。オーガニックカフェや農イベント、エコイベントなどで活躍中。また、関東のライブハウスシーンで活動を展開している「ドロバナ」のギタリストでもあり、津軽三味線奏者・佐藤通芳率いる「寿BAND」にも所属をしている。

2010年8月19日

8/8 函館マクロビオティック講座のご報告☆

CIMG4541.JPGCIMG4528.JPGのサムネール画像 CIMG4538.JPGCIMG4544.JPG


8/8に地元函館で開催しましたマクロビ講座は無事終了しました!!

6名の方にご参加いただきました。
自宅で開く小さな教室とは違い、会場をお借りしてイベントを開催するのは始めての経験でした。

知名度なんてまったくない私が函館でマクロビの講座なんて、来てくれる人いるのかな?とドキドキしていたので、初めてお申し込みがあったときにはとてもうれしくて、もしおひとりの参加者だとしても、興味を持ってくださったその方のために開催したいという気持ちがわいてきました。

調理の前に、まずストレッチと呼吸法、そして夏という季節に合わせた体の調え方と食事法についてお話しをしました。
呼吸法というよりも、腹式呼吸を行いながらお腹に手を当てて、ご自身の臓器(今回は胃と腸)に意識をおいていただきながら、その働きについてお話ししました。
もちろんメニューにも話しのテーマを反映させています。

今回調理をしたのは、以下の5品。
○さっぱり夏の冷し豆乳黒ゴマうどん
○玄米ミニおむすび(しょうがとシソ入り)
○海藻ととうもろこしのとろとろ和風スープ
○ニンジンとパセリの梅酢サラダ
○寒天ゼリーとブルーベリー葛ソース

暑い時期の食のポイントは、体温調整の役割をする自律神経の働きを調えること、暑さで弱った胃腸の働きをよくすることです。
そのため黒ゴマ、海藻、梅酢、葛粉、寒天など自立神経に効果のある食材を意識的に使いました。
特に葛粉は弱った胃腸にもやさしく働いてくれる薬効の高い食材で、スープとゼリーのソースに使いました。
使い慣れない食材かもしれませんが、片栗粉と同じように水で溶いてとろみづけに使うことができます。ぜひ日常のお食事に取り入れていただきたいもののひとつです。
薬効を考えるのでしたら裏の表示をチェックして、本葛100%のものを選んだくださいね。

ひとりひとり食材に触れる機会を増やしたかったので、今回は3人ずつ2テーブルに分かれて調理をしていただきました。
料理初心者とおっしゃられていた方もいらっしゃいましたが、みなさんとても上手につくってくださいました!
お食事はひとつのテーブルに集まって、楽しくおしゃべりしながらいただきました。


後日参加者の方からうれしいメッセージをいただき、ご本人に承諾いただいたので掲載いたします。
*******************************
身体と食についてじっくり考えられる素晴らしい時間を、ありがとうございました。
お礼をと思いながらすっかり遅くなってしまいました。

とても印象的だったのは、何度も「身体にとって不自然」と仰っていたことです。
「何を食べるのが自然か?」を意識することから始めてみると、
外国産の食物や食品添加物・人口甘味料、加工品・冷凍食品などを避けるようになりました。

また、思い切って調味料も一新し、旬の北海道産のお野菜をしっかり摂れるような食生活を心がけています。
講座後まだ数日ですが、じわじわと身体が回復?しているような気がします。
次の課題は、サプリメントの摂取をやめることです。

冬のお味噌作りの講座、とても楽しみにしています。
*******************************

緊張してお話ししたのでどこまで伝えられたか不安もありましたが・・、さっそく行動に移していただけたようで、本当にうれしく思います。
きっと講座にお申し込みいただいた時点で、食生活を変える(変えようとする)素地はできていたのですね。

食を変えて、体の内側から元気になりたい!でも具体的にどうしたらいいのかわからない。

そう思われている方はたくさんいらっしゃるはず。以前の私がそうだったように。。
そんな方が具体的に行動するきっかけを作っていけるよう、これからも活動していきたいと思います。

準備にはバタバタしてしまいましたが、何とか滞りなく(?)終了できて、ホッと胸をなでおろしました。
反省点もたくさんありますが、アンケートでは好評価をいただきました。
(みなさん採点を甘くしてくださったのだと思います。汗)
大成功、とまではいかなくても、まずまず成功!

次回は冬の帰省時にみんなで味噌仕込みをして、「調味料」をテーマにお話しをしようか?なんて話しております。もちろんおいしいお食事つきで♪


斯うご期待!

Masako

2010年7月28日

講師デビュー!?  8/8 マクロビ講座@函館


終了しました。ありがとうございました!

CIMG4296.JPG

この夏、地元の函館でマクロビオティック講座の講師をすることになりました!

実は今年5月からひそかに都内(品川区)の自宅でマクロビ教室を開催しています。
教室とはいっても、定員4名。
自宅教室の方は今のところ知人とその友人を対象に声をかけていて、基本的に公募はしていません。月1回のペースで、ゆるりとやっております。

教室の特徴は、最初の10~15分ほど簡単な呼吸法とストレッチを取り入れていること。
リラックスしていただくという目的もありますが、作る(食べる)前にご自身の体を感じていただきたいのです。
そして調味料の大切さ、体質の見方や改善方法、食のバランスのとり方など、その時々でテーマを決めてお話ししています。


函館での講座は、友人の運営するエコビレッジ函館が主催です。

ポスターとチラシを作ってくれたのは、週末農風でもお馴染みのデザイン担当まさみさん。今回も素敵なデザインです!いつもありがとう!

ポスター_函館マクロビ講座.pdf
チラシ_函館マクロビ講座.pdf

体、そして心と食べることはつながっています。
おそらくみなさんが考えている以上に、とてもダイレクトに食は体に、そして心に影響します。
函館ではマクロビオティックをご存知ない方も多いようですが、今回の講座が食生活を見直すきかっけになりましたらうれしいです。

お申し込みいただけましたら託児所も利用できます。(無料です。)
自己紹介の時間もとりますので、参加者の方同士で友達が増えたり、つながりのできる場になれたらと思っています。

調理実習は、簡単に作ることができて体にやさしいメニューを用意しました。
夏らしく、冷やし黒ゴマ豆乳うどんを作ります。(他詳細は下記をご覧くださいね。)
先週末に自宅教室を開催して講座と同じメニューを作りましたが、好評でした♪
写真はその時のお料理です。

会場などの詳細がぎりぎりまで決まらずに、募集をかけたのが開催日2週間前。。
空席情報については、こちらの記事トップに随時アップしていきますね!

函館ににつながりのある方は、応援していただけると心強いです。

ちなみにポスターやチラシを置かせていただいている場所は以下のお店です。

・蕎麦ダイニングCOCOLO(末広町)
・cafe & salon Be Chair(五稜郭公園そば)
・cafe redoute(高松町)
・カフェにわとり小屋(ついき農園)
・上磯駅

前置きが長くなりましたが、以下詳細です。
よろしくお願いします!

『食・心・カラダのお話とおいしいごはん』 
<暑さに負けない、丈夫なカラダをつくる!>

身近な食材を利用したシンプルなマクロビティックの食事で体質改善しませんか?

私たちの体は食べ物からつくられています。
でも、それを実感する機会は少ないもの。

『マクロビティック、って何?』というまったく初めての方から、
『体質改善したいけれど、どうしたらいいの?』という方に、丈夫なカラダをつくる食べ物や食べ方のコツについてお話します。

日 時:2010年8月8日(日)10時30分~14時00分
場 所:函館市総合福祉センターあいよる 3階
料 金:3000円
定 員:15名
持ち物:エプロン、三角巾、マイ箸等

申し込み先
エコビレッジ函館
E-mail:eco_love_hakodate@yahoo.co.jp

~~~~~~~~~~
メニュー(食材入手の都合により、若干変更する可能性があります)
・さっぱり夏の冷やし黒ゴマ豆乳うどん
・ 玄米ミニおむすび
・海藻ととうもろこしの和風とろとろスープ
・人参とパセリの梅酢サラダ
・季節の果物の寒天ゼリー
~~~~~~~~~~


お待ちしております!


Masako

2009年9月16日

"食"のお話し☆

自然食品店&レストランナチュラルハーモニーの代表、河名さんの講演会に行ってきました。

講演テーマは「食のクスリ化にモノ申す!頭で食べない五感食のススメとは?」。

自然栽培をはじめ、ライフスタイルにも自然に沿うことにこだわりを持った同店の主催するナチュラルハーモニックスクールは、HPやメルマガを読んだ印象として自然食品店のなかでも前衛的な感じがしていました。

前から気にはなっていたのですが、友達が誘ってくれて参加することができました!

実際お話しをうかがった感想は、決して主張を押しつけるような話し方ではなく、河名さんの自然や社会や農業のことを真剣に考える熱い思いが伝わって、好感がもてるセミナーでした。

最近では健康情報が氾濫していて、マクロビオティックにローフード、朝バナナダイエット、朝食を食べるのがいいとか悪いとか、水を一日何リットル飲むのがいいとか・・何を信じたらいいのかわからなくなりますよね。

河名さんは、そうした○○が体にいいからこれを食べる、というクスリ化した食べ方に疑問を呈して、体で感じること、体の声に耳を傾けることが大切だと言います。

私も同感です。

もちろん、食べ物を選ぶ際に「体に良い」ということは大切な選択基準になると思います。
でもそこにとらわれ過ぎると、逆に体からのシグナルを見逃してバランスを崩す原因になるかもしれません。

私はマクロビを習っているので、物事を陰陽で考える習慣が身についています。(意識的に身につけるようにしています。)陰性のものを摂り過ぎたから、陽性のものでバランスをとろう、とか。これは極陰だから体調を考えて今は控えておこうかな、とか。

特に体調を崩しているときは、陰陽の理論や食養の知識は体のバランスをとるためにとても役立ちます。
体が冷えているので根菜類を多めにとる、のどが痛いのでレンコン湯を飲む、リラックスしたいので体をゆるめる甘い野菜や果物を食べる、・・など。

ただそのときでも、ほんとうに大切なのは頭で考えるのではなくて、体で感じること。それができていれば、意識しなくても体は自然と整って健康でいられるはずなのです。
(とはいえ、現代ではそこが難しいところでもあるのですが。。)

河名さんは食で体のバランスをとることに反論されているのではなくて、体の感覚を無視した理論先行の健康ブームに警告されているのだな、と感じました。

必ずしも100%共感できることばかりではありませんでしたが、最近ちょっと頭で考えすぎていたかなぁ・・、と自分を見つめなおすいい機会になりました!

講演の後は自然栽培のおいしい野菜を食べようと、Restaurant & Cafe Coaでお食事。
自然栽培の野菜達は味がしっかりしていて、心も体も、もちろん味覚もよろこぶ、おいしいご飯でした♪

090912_ナチュラルハーモニー.jpg


いろんな意見や考え方があるけれど、それらを鵜呑みにしたり、拒否したりするのではなくて、柔軟な姿勢で取り入れていけたらいいな。ちゃんと、自分の軸を持ちながら。・・などと思っています。


Masako