2011年3月12日

3/12 「キャンドルナイト」→「真っ暗ナイト?」の呼びかけ

※タイトル、内容を若干変更しました。
CIMG6245.JPG

(3/14追記:
コメントに安心してキャンドルを使える素敵なアイデアをいただきましたので、以下に転載させていただきます。
※とはいえ、油断はせずに火の取り扱いにはくれぐれもご注意を!
「まずキッチン用品のボウルありますよね、ステンレスだと尚良いのですがそこに水を貯めて、ガラスのコップに入れたキャンドルを入れると安全だと思います。なぜステンレスのボウルかというと、明かりが乱反射して余計明るく見えるからです。試してみてください。」
さっそく試してみました。上記写真です。
やさしい灯りに、心が温まりました。かおるさん、ありがとうございます。)

【転記、転載歓迎!】

先のブログにも記載したのですが、とりあえず私たちにできることは「節電」ではないか、と。。

そこで今日明日の夜(18~20時)、キャンドルナイトを・・、と思ったのですが、
「もうしばらくは余震が考えられるので、火を使うことは避けるべき」とのご指摘がありました。ご指摘のとおりです。

新たに、「真っ暗ナイト」はいかが?とのご提案もいただきました。
さすがに、真っ暗だと厳しいという方もおおいかもしれませんが、いつもよりも部屋を暗くするなど、できる範囲で。

(3/14追記:特にお子さまのいる場合、過度に暗くして事故の原因にならないようご注意ください。予報によると、また寒くなるとの事。暖房の控えすぎで体調を崩しませんように。。)

東京電力の発表では、電力需要がピークとなる午後6~7時に100万キロワットの供給不足に陥る予想で、地域ごとに停電する初の「輪番停電」の実施が検討されているそうです。

強制的な停電ではなく、自発的な停電を。
(といいながら、PC利用しています。ごめんなさい。。
その代りに(?)暖房止めています。)

亡くなられた方たちのご冥福を祈りつつ、今も救助を待っている方たちの無事を願いながら、家族や親しい人がそばにいる人はお互いに感謝しながら肩寄せ合って。

実施するのは18~20時。1時間でも、30分間でもかまいません。
ご家族と、ご友人と、パートナーと、おひとりで、お店で、学校で。

お店でも、トイレの電気を消したり、照明のトーンを落とすなど、いつもよりも少しムーディに演出を。。

今日は早めに寝る!という選択肢もありですね。

転記、転載を歓迎します。
ぜひご友人、知人の方にお知らせください。

本当に電気を必要とされている方に、電気が届くように。

みんなの心も届きますように。

地震に関する情報 2011/3/12 12:50

地震から一夜明けて、少しは落ち着いたでしょうか。
被災地のあまりにひどい状況に、愕然としています。。
引き続き、有用と思われる情報をアップします。
混乱を避けるため、昨日の情報を上書きしています。

【被災地、帰宅難民のためにできること】
残念ながら、現地もまだ混乱している現在、個々人がむやみに動くと混乱の原因になるようです。

「下記の3つが現時点での救援としては最適のように思えます。募金・節電・献血」
(http://togetter.com/li/110480 より)

「なるべく今のうちに食事の支度をして、寒くなる夕方から夜にかけて自主停電しよう。電気が他に回るように。電話も控えて、外出せずに着込んで早く寝よう。」(マエキタさんのTwitterより)

「東京電力の需給予測によると、本日18~19時の間で最大300万KWの電力が不足するとのこと。この時間帯を中心に、みんなで電力使用量を減らしましょう。(東電発表資料→ http://bit.ly/goj4tg ) 」(乙武さんTwitterより)

※不安なのでPC電源入れっぱなしでした・・(反省)
ブログ更新後に一度電源を落とします。
厚着をして、暖房も最低限の使用にしています。

献血について。
「本日3月12日(土)、東京都内の献血ルームは、「立川献血ルーム(臨時休業)」と「日赤都庁献血ルーム(定休日)」を除き、11箇所の献血ルームは通常どおり業務を行います。」(東京都赤十字血液センター http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/ より)
※休業しているセンターも多いようです。まとまった情報がないため、各地域の赤十字社を検索してください。
混雑具合がわかりませんが、不必要にセンターに問い合わせるとかえって混乱を招くので、実際に献血ルームに行かれた方はTwitter、ブログ、MLなどで情報発信お願いします。

※募金情報は下の方にあります。
他にも支援など、今できること、情報入手でき次第UPします。

【最新情報】
鉄道も一部運行を開始したようですが、まだ全線復旧ではないようです。
→鉄道コム
http://www.tetsudo.com/traffic/

TVのない方へ。
→USTREAMでNHKニュースを配信。(NHKも許諾しているとのこと)
http://www.ustream.tv/channel/jishinsokuhou
※TVのある方は、TVで。節電しましょう。

ネットでの最新情報
→産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/

都内の避難場所の最新情報。
→Google Map。
http://bit.ly/eH9xV4
※一部満員のところがあるようです。事前に確認してください。

・帰宅困難者のために全都立高校が開放されたようです。
都立高校リスト
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_gakko/ko_tohaigo/kokolist.pdf

【原発の情報】
鎌仲ひとみ監督のTwitter。
アカウントない人でも閲覧はできます。
http://twitter.com/kama38

※福島原発、蒸気放出命令が出ました。半径10km以内の方に避難勧告がでていますが、鎌仲監督は半径100kmの方が避難すべきとの見解。。
体への放射能被害を最小限にするためには、味噌と塩、ごま塩、海藻(わかめ 、ひじき、昆布、とろろ昆布)などを多めに食べること。

【余震に備えて・・】
災害バッグを用意しましょう。
<貴重品、簡単な食べもの、水、ラジオ、ライター、箸、カップ、(あれば)懐中電灯。>
風呂に水をためる。

近くの公園など避難場所を確認する。

停電地域の方は、火災防止のためにブレーカーを落とす。
使っていない時間はガスの元栓をとめておく。
節電する。
お風呂に水を溜める。(断水に備えて)
地震が起こったら、必ず窓を開ける。
電気が通じる人は、ご飯を炊いておく。

阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」で
す。大切な人を守ってください。
一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りま
しょう。

・避難した女性の方。
絶対に一人で公衆トイレに行かないで。
便乗する性犯罪者がいます。
常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。

【お店の方へお願い。】
こんな時だからこそ、できるだけお店を開店していただきたい。
もしお料理など提供できない場合でも、地域の単身者、不安な人たちの集える場所として。
お店の扉や看板に、受け皿になる意思を表明していただけるだけで、安心すると思います。
(たとえば、「単身者、不安な方へ。不安なときは、いつでも当店へお越しください。注文しなくても大丈夫です。」など。)

【災害ダイアル、伝言板など一覧】
・NHK安否情報ダイアル...03-5452-8800 / 050-3369-9680

・災害用伝言ダイアル...171

・災害用ブロードバンド伝言板...https://www.web171.jp/top.php

・NHK安否情報ダイアル...03-5452-8800 / 050-3369-9680

・災害用伝言ダイアル...171

・災害用ブロードバンド伝言板...https://www.web171.jp/top.php

・携帯各社災害用伝言板
docomo...http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi?es=0

au...http://dengon.ezweb.ne.jp/service.do

softbank...http://dengon.softbank.ne.jp/J

willcom...http://www.willcom-inc.com/ja/info/dengon/

EM...http://dengon.emnet.ne.jp/

・帰宅支援マップ...https://www.kitakumap.com/

・全国避難所マップ...http://animal-navi.com/navi/map/map.html

・2011日本地震消息情報(Google)...http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja

・東京電力停電情報...http://teideninfo.tepco.co.jp/html/00000000000.html

・各国語NHKラジオ放送周波数一覧...http://h.hatena.com/herbe/243597512623822452

・総務省:東北地方太平洋沖地震に関する被害状況等について(2011/03/11/23:30)...http://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/kinkyu01_000089.html
-------------------------------------------------
An 8.9-magnitude earthquake hit northern Japan on Friday

The frequency list of NHK radio in several languages. http://h.hatena.com/herbe/243597512623822452
-------------------------------------------------

【募金情報】
※個人的に信頼できると判断した情報ですが、自己責任でお願いします。
詐欺も増えているようですので、ご注意ください。

ジャパン・プラットフォーム
http://bit.ly/hFYr9Z

日本財団CANPANプロジェクト
https://canpan.info/open/news/0000006465/news_detail.html

Yahoo!基金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

日本共産党中央委員会
http://www.jcp.or.jp/jcp/bokin-onegai.html

民主党
http://www.dpj.or.jp/news/?num=19859

以上。

一部、発信元などを明記せずに、メールなどを転記しているものがあります。
(本人より転記歓迎と言われているものに限る。)
上記の情報に、誤りや不適切なものがありましたら、コメントにてお知らせください。

帰宅難民~無事帰宅しました

今日(2011年3月11日)15時頃、地震があったときには渋谷駅にいました。
ちょうど電車を乗り継ごうとしている途中。
かなり揺れたので、しかもなかなか揺れがおさまらずに、怖かった。

JRが運行を見合わせることになり、少し時間をつぶそうと近くのカフェに。
この時点では、すぐに復旧すると思っていたので。。

友人からのメールで、今日中にJRは復旧しないことを知り、歩いて帰ることに。
約6~7kmの距離。結局2時間半で自宅に着いたので、最初から歩けばよかったのだけど。

渋谷駅は人でごった返していて、構内に座り込んでいる人もたくさんいました。
みんな疲れた顔をしていました。
バスは何とか動いていたけれど、バス停の行列を見て並ぶのをあきらめました。
私は比較的近かったけれど、帰れない距離の方たちは。。

帰宅途中、看板に「トイレをご利用ください」と張り紙をしているカフェがあって、そのやさしさにうれしい気持ちになりました。もし私が店主だったら開放するのに、と思いながら歩いていたところでした。
でも気づいた限り、開放していたのはそのお店と福祉施設(病院??)の2ヶ所だけでした。。
(お店、オフィスビル、スクールのみなさまへ。帰宅難民のために、ぜひトイレや休憩スペースを開放してください。)

途中、心配してくれた友人からのメールや電話に励まされました。
地下鉄の復旧情報など、とてもありがたかったです。
ただ、今回はちゃんと充電してあったからよかったけど、外出中の場合はあまり電池を消耗しないよう、安否確認や必要な情報のやり取りに留めておくのが良いかなと思いました。

まさにこれが帰宅難民なんだと思うと、不思議な気持ちでした。
それでも電気はついているし、お店はふつうに営業して、明るい店内ではお酒を飲みながら人々が談笑している。
帰宅難民は道にあふれているけれど、それほど悲壮感もなく、笑いながらおしゃべりして歩いている人もいるくらい。

とりあえず電車が止まっている、という以外の被害が目に見えていなかったので、現状をどう判断していいのかわからず。
途中、近所のコンビニでは店の前にラジオを置いて、ニュースを流してくれているところも。こういう時、情報の大切さを痛感します。


無事に帰宅したものの、一人暮らしなので心細いです。
余震がある度にドキドキしています。。
徒歩5分圏内に(大家さんを除いて)知人はいません。
大家さんの家が隣にあることで、安心感はありますが。
単身生活者のコミュニティの必要性を強く感じています。

函館の家族と、埼玉の兄家族が無事であることを確認して、ただ今ネットで被災地の情報を収集中。(TVないので。)

川崎市の友人宅は、停電していたようです。(もう復旧したようです。)
帰宅して、電気、水道のライフラインが無事に動いていることに、感謝!
(ガスが止まっていて、お湯が沸かせないのが不便。。)

Twitterをやっていないので、大事な情報と思われるものは随時このブログにアップします。
特に帰宅難民や被災地の情報や支援の方法などを中心に。

どなたか上記に関する情報があったらぜひコメントにて教えてください。