2011年6月 9日

【レビュー】手作り醤油キット、仕込みから3週間目

こんにちは。
ワタナベです。

5月18日に、生まれて初めての醤油づくりを、
レビューしてから3週間が経ちました。

前回の醤油の仕込みの様子
【レビュー】手作り醤油キットで、醤油を作ってみます。

↓前回の仕込み段階の写真
前回の仕込み段階の写真

ちなみに、我が家の仕込み後のお醤油の瓶の保管場所は、
キッチン内の冷蔵庫の横で、
直射日光は当たらず、熱くもなく涼しくもない
普通の温度の場所においています。
特に、真っ暗なところに保管しているというわけではありません。

マニュアルには、
(1)その後1週間は毎日1回かき混ぜる。
(2)1週間後から1ヶ月は2日に1回かき混ぜる。
(3)2ヶ月後から3日に一回のペースでかき混ぜる。
(4)半年から1年でできる。

と書いてありますので、
ちょうど今は(2)の、2日に1回かきまぜるタイミング。

はい、ちゃんとまじめにかき混ぜています(笑)

で、本日3週間目に突入なのですが、
現在、こんな感じです。

仕込んだ当初は、まだ生生しかったというか、
新鮮・フレッシュだった麹とお水が、
今ではすっかり馴染んでます。
(どろどろではなく、しっとりという感じ?)

いつも混ぜる前に、瓶の底を眺めるのですが、
写真のように液体の上に麹の固まりが浮いていて、
底に見える液体が、なんだかもうすでに醤油色なのです。


今日も2日に1回の「混ぜ日」なので、
いざ混ぜようと瓶の蓋をとると、
いつも中ぶたのさらに小さい蓋がポンと外れています。

これって、発酵で膨らんだ瓶の中の空気が、
中から小さい蓋を押し出しているということなのでしょうか?

早速中ぶたを取ると、
瓶の中はこんな感じです。

初期に比べて、麹が水をすい、
かなりしっとり、みっしりしています。

試しに、ほら
かき混ぜるヘラを麹にさすと、
見事に立ちます。

なので、かき混ぜるにもそれなりに力がいります。
森田醤油さんのお教えでは、
「仕込んで1ヶ月間はもろみの表面1~2cmを押し込み、
下の塩水が表面にかかる程度で良い」とのことですので、
シチューをくるくるかき混ぜるイメージではなく、
上から斜めから、ぐいぐい、
みっしりした麹の固まりを中に押しこんでいくという感じです。


結構重い。
個人的には、炊き上がった米を混ぜるくらいの抵抗はあり。

おおよそ1分くらいかき混ぜたでしょうか。
瓶の中で分離していた液体部分と麹が、またしっかり馴染んで、
どっろどろになります。

(森田醤油さんの教えでは、2分くらいかき混ぜるそうです)

混ぜている段階から、
すでにお醤油というか、納豆というか、
なんというか香ばしい、
芳(かぐわ)しい香りが瓶からただよって、
とてもいい香りです。

これからどうなっていくのでしょうか。
予想もつきません。

うーん、楽しみ。楽しみ。

あとで読む

2011年5月18日

【レビュー】手作り醤油キットで、醤油を作ってみます。

こんにちは。
ワタナベです。

今回、
森田醤油×アロハスフーズラボ 
手作り醤油【海の精】キット
(完成時3.6L/麹・海の精(あらしお1kg)・マニュアル)

を利用して、
葉山の我が家にて、
嫁と二人で初のお醤油づくりに挑戦してみます。

わくわく。


マニュアルには、
「準備するもの」として、
こうじ、食塩880g、水3.6L、容器(6L~7L入る容器)、泡立器、ボール、木ベラ、濾布、皿、お醤油を入れる瓶

と書いてありました。

こうじ、食塩は入っているキットなので、
こちらで用意するのは
水3.6L、容器(6L~7L入る容器)、泡立器、ボール、木ベラ、濾布、皿、お醤油を入れる瓶
ですね。
そのうち、濾布、皿、お醤油を入れる瓶は
醤油ができてから必要そうなので、
今回は

水3.6L、容器(6L~7L入る容器)、泡立器、ボール、木ベラ

を用意しました。
ちなみに、水は自宅のウォーターサーバの水。
容器は梅酒を作るように余っていた8Lの瓶。
ボールの他に、念のため大きめの鍋、
水を計る容器と、(後ほど)計量カップも用意しました。

さて、はじめましょう。


キットに入っているお塩は1kgですので、
はかりで、マニュアルに書いてある880gを計量しました。


こういうのは細かくね。

ぴったり!

残ったお塩は、
キッチンにあった同じ「海の精」が入っている
容器行き~。

次に、マニュアルにある
水3.6Lを計量します。


いまいち、大量の水を計る経験がなく、
1.5Lの水が入る容器と、
計量カップで3.6Lを計りました。

水もたくさんなので、
ボールには入らない場合もあります。
我が家では、水は鍋に入れました。

次に、先ほど計った880gのお塩を、
鍋に入れた3.6Lのお水にとかしていきます。


塩がたっぷりで、飽和状態という感じです。

これで、麹と混ぜる塩水が完成しました!

次に、
仕込みの瓶に、麹を入れます。
(麹は冷凍してあったので、解凍しておきました)


お。
麹を瓶に入れ切ると、もうぎりぎりなのがわかりますか?

これじゃあ、塩水入んないんじゃない?
と思うくらい麹が瓶にめいっぱいです。

でも、マニュアル通りなんだから、
きっと入るのさと夫婦でうなずきながら、
塩水投入に踏み切りました。


本当は、鍋ごとジャーっと
瓶に塩水を入れたい衝動にかられてますが、
絶対ミスるという未来が見えたため、
鍋ごとジャーは一旦やめて、
最初はおたまで少しずつ塩水を投入しました。


う~ん、やっぱりこれでは少しずつすぎるということで、
ミルクパンで塩水を入れ始めました。

すこしずつ底にたまってきた。
(でも写真じゃちょっとわかりずらいかも)


もうこぼれる心配はないので、
最後は鍋ごとジャーっといきます。

写真だと色がわかりづらいですが、
水がちょうどよく入っています。

マニュアルはウソをつきませんね。



最後に、木べらでよくかき混ぜます。

マニュアルに書いてある「かき混ぜる」頻度ですが、
仕込んだ日は2回かき混ぜる。
(ということは、夜にもう1回かな?)。

その後1週間は毎日1回。

1週間後から1ヶ月は2日に1回。

2ヶ月後から3日に一回のペースで

かき混ぜればいいそうです。

のんびりいきましょう。
半年から1年でできるそうですよ。

ではでは、ゆっくりもろみを育てて行きますので、
状況報告をちょこちょこしていきます。

お楽しみに。


※ちなみに、仕込んだ瓶は
直射日光の当たらない涼しい場所に置いておきました。


2011年6月9日更新
で、仕込みから3週間後の状況です。
↓↓↓
【レビュー】手作り醤油キット、仕込みから3週間目

あとで読む

2010年10月28日

小田急百貨店 新宿店 期間限定出店中!!

こんにちは。
ワタナベです。
昨日も今日も、最近はめっきり寒いですよね!

そんな中、小田急新宿店への出店メンバーは、
連日多くの方に来ていただいて、盛況だということです!
おつかれさまですっ!

odakyu.jpg

詳しい情報は、こちらから。

2010年10月27日(水)から
11月2日(火)まで、

小田急百貨店 新宿店食品売場B2Fで、
イケメンたちが美味しいスイーツを並べて
お待ちしています。

※三年番茶もご用意してますよ。

売れ筋商品
チーズレスチーズケーキ
さつまいもとかぼちゃのケーキ
人気で連日完売とのこと。


【人気!】チーズレスチーズケーキ


【こちらも人気!】さつまいもとりんごのマクロビケーキ

どちらも、秋冬の顔で、美味しそうですもんね~。
実際美味しいですし。


あと、マイクロパウンドという、
ちょっと小さくて、300円でスーパー買いやすい商品を
小田急さんで先行販売しているので、
見た目のかわいさとリーズナブル感で大変好評!
という状況なんですね~。


↑↑これがマイクロパウンド!

昨日今日でも、売り切れが続出中のようです。
本当にありがとうございます。


あと、ツリープといえばのバナナモンブラン
週末お受取りのご予約を多数いただいていますし、
ゆずポンズも寒さのおかげ?か好評販売中。


店長ヨシハラの様子も、
twitterからチェックできますので、
エールを送り、そして足をお運びくださいませ!

店長のつぶやきはこちら。

よろしくお願いします!!


オンラインのツリープストアで開催中の
5周年キャンペーンもまだまだ続きますので、
たっくさんの豪華賞品めがけて、お買い物をお楽しみください。

ではでは。
今から、小田急に行きますか!?

あとで読む

2010年9月21日

瀬戸内国際芸術祭2010へ(犬島~豊島編)

こんにちは。
ワタナベです。

翌18日は、犬島~豊島ルートを探索しました。
犬島は、妻が一番行きたかった場所。
理由は、今は朽ちた銅の精錬所です。

僕たちも馴染みの深い
鶴岡八幡宮の鳥居はここから運ばれた花崗岩で
造られています。

3連休も初日ということから、
直島行きのフェリーはすごいことに。

犬島に着くと、
歩いて2~3分で精錬所がみえてきます。

一時期、ものすごい活気のあった場所が、
今は荒廃して、海と緑の中に美しく佇んでいます。
僕も、相当心を持ってかれました。

oio_15.jpg

oio_16.jpg

oio_17.jpg

oio_18.jpg

oio_19.jpg

oio_20.jpg

oio_21.jpg

oio_22.jpg

oio_23.jpg
レンガの表面はこのような表情です。

実際にその場に立つと驚きのある精錬所のスケール、
ちょっと写真ではつたえきれずすいません。

併設されたカフェやアートスペースも、
今回の島々の中で、特に気に入りました。
精錬所にすっかり打ちのめされて、
その日はもう満足気味。

お昼ごはんをたべて、
豊島へ。

oio_24.jpg
森 万里子さんのこの作品、
「作品とスーパーカミオカンデをコンピュータで結び、
超新星が爆発すると光を放つ。 」
ということで、
夜に見るととてもきれいだろうなあ。
と感じました。


なによりも犬島、おすすめです。

あとで読む

瀬戸内国際芸術祭2010へ

こんにちは。
ワタナベです。

9月の16日~20日、長いお休みをとって、
4泊5日で瀬戸内海の7つの海と高松を結ぶ、
コンテンポラリーアートの祭典、
瀬戸内国際芸術祭2010」へ妻と2人で行ってきました。

oio_01.jpg
ビーチにある草間弥生のかぼちゃ

・7つの島々へフェリーで移動すること。
・作品の量が膨大なこと。
という規模を考えての4泊5日ですが、
それでも足りないので、
見たい島を決めてのんびり行こう、
というスタンスで歩いた、
島の英気をもらう充実した5日間でした。


初日は15時に着いたので、
島巡りは翌日から開始。
(すぐにうどんを食べに行ったのは承知の事実)

17日、翌朝6時に起きて、またうどん。
5時からやってるとこもあるんですよ、びっくり。

ホテルから港は歩いて3分。
観たい候補1、2に入る直島行きのフェリーへ向かいます。
そう。初日は直島です。

フェリーの混雑は、それはそれは驚くものでしたが、
その辺は割愛します(笑)

oio_02.jpg
直島へ到着するとまずは迷わず地中美術館へ。

僕は5年ほど前に一度ひとりで訪れてましたが、
どうしてもまた行きたい場所でした。

oio_03.jpg
チケットセンターから美術館まで続く
モネの庭をモチーフにした庭。

地中美術館には、
モネの「睡蓮」が数点とても美しく展示されてます。
※芸術祭の作品、撮影ができないから、
写真など掲載できず残念!

僕は、「睡蓮」を展示している
その部屋を見られれば十分なくらいです。

oio_04.jpg
続いてベネッセハウスへ。
室内の展示が非常に豊富で、楽しかったです。

ベネッセハウスを出て、
バス停へ向かう10分ほどの海岸線の途中、
いろいろな作品に出会います。
太陽がじりじりしますが、
気持ちいいので歩くの、おすすめです。

oio_05.jpg
風でゆーらゆらゆれてます。

oio_06.jpg
oio_07.jpg
背丈の倍はある作品。

oio_09.jpg
ふと気づくと、誰もの近くに、作品が寄り添ってます。
ご高齢のおふたりの背後にも(笑)

oio_08.jpg
※これは作品ではありません。
どこのビーチでも、貝を拾う習性のある妻です。

oio_10.jpg

ビーチの観覧を終えて、
家々の並ぶ地域へバスで移動し、
点在する古民家を改築した作品がたくさん展示されている
「家プロジェクト」へ。

oio_11.jpg
まるごとスクラップしてます。
室内には、地面から天井をつらぬく
自由の女神もいました。

oio_12.jpg
神社にも!
地下には石室があって、そこから続いてる
きらきらした階段です。


う~む、こうやって書いていると、
見たものの10分の1も紹介できてないですが(苦笑)
とても充実した気持ちを念力でお届けしておきます。

直島は、とりあえずおさえておくといいと感じました。

oio_13.jpg
oio_14.jpg

あとで読む

2010年9月 6日

芝崎の海へ入ろうの会

こんにちは。
ワタナベです。

毎週、週末は、
テキトーに買ったシュノーケルを持って、
芝崎の海へ入ろう、というのが我が家の流行りです。

今回は、睦さんと灯くん、嫁の4名で、
ちょうど潮のひいた13時頃に、
芝崎にあるタイドプール(※)に入りました。

※タイドプールは、干潟の潮間帯に、
岩などのくぼみに海水が取り残されてたまった
潮だまりみたいなもので、すごい魚が多い場所です。
大人は潜れるし、お子さんもカニとか取れるし、
岩の上で本を読んだりできるし(笑)
とても楽しいですよ。

ザブン!
shibasaki_01.jpg
shibasaki_02.jpg

この日はすごい魚が多い!
撮影はもちろん、
カシオの水中でも使えるコンパクトカメラEXILIM G!

shibasaki_03.jpg

目の前30cmを群れが泳いでいく。というか、逃げていく。

shibasaki_04.jpg

イシダイの若魚もたくさん。

shibasaki_05.jpg

ここら辺は、目が充血したようなクサフグがいっぱいいて、
かわいいんだけど、皮膚に毒があるとか聞くので、
ちょっと気をつけながら、と思っても、
若干人なつっこくて、近づいてくる(笑)

shibasaki_10.jpg
クサフグ VS
shibasaki_11.jpg

shibasaki_06.jpg
shibasaki_08.jpg

ベラも多い。

shibasaki_13.jpg

お、綺麗な青のソラスズメダイを見ると、
ここが葉山というのも忘れます。
ラッキー。けっこういます。

タイドプール、
場所によってはお湯みたいなところもあるので、
すずしいときは、潜ってたほうが温かい場合もあります。

けっこうぼーっと潜ってあがると、
カニ取りをしてました。

shibasaki_14.jpg
shibasaki_15.jpg

カニだけじゃないし...。(あとでリリース)

shibasaki_16.jpg

嫁はムカデ以外なら大体手でつかまえられるので、
灯くんのよき手足となっていました。

shibasaki_17.jpg

↑ 王様(猪木?)


みなさんも、お気軽に海へいかがですか?

ラッシュとシュノーケルさえ買えば、
サンダルのまま入っちゃえますよ。

泳いだあとは、頭の中がすっきりします。
おすすめです。

あとで読む

2010年8月16日

郡上八幡~郡上おどりへ(2)

こんにちは、ワタナベです。
妻の両親の生家、郡上八幡の旅2回目です。

さて、夜になると、
いざお祭りに繰り出します。

郡上おどりでたくさん集まるこの街の両サイドに、ずらーーっとならぶ屋台が最高です。

gu12.jpg

gu13.jpg
いいなあ、この青い色と、おばちゃんの感じ。
gu14.jpg

gu15.jpg
お義父さんの的確なアドバイスのもと、射的をマスター。
gu16.jpg
戦利品です(ただ落とすのが楽しくて落としてたので、ほしいものということではないのですが、あー楽しかった)

夜8時から踊りが始まるので、時間が近くなると、人がどんどん増えていきます。

gu17.jpg
中心部には、歌を歌う人たちのやぐらが建ち、
踊りが行われる街に車は入れなくなります。

gu18.jpg
gu19.jpg
やぐらから流れる歌声はすごく素敵です。もう踊らずにはいられません。
このときは、ヤッチクという歌を歌っていました。

もともと、お義父さんのお父さんは、とても声がよく、やぐらの上に乗って歌を歌う方だったようです。どおりで、踊りながら大きな声で歌うお義父さんの歌も、上手かったはずです。
gu20.jpg
gu21.jpg
地元の方はもちろん、よく来られる旅行者の方まで、ものすごい量の人が、道の両サイドを町中踊りながら進みます。

10曲のどれを歌っても、完璧に踊りこなす人々にあこがれてしまい、次はマスターするぞと誓ったくらいです。(これは春駒という歌、これはマスターしました)

これが、朝の4時5時までぶっとおしで続きます。

屋台もずっとあるので、一回家に帰ってお風呂に入って寝て、
また3時頃に踊りに行く、とかいうこともできてしまいます。
これは、信じられないくらい素敵な風習だと思いました。

また、行きたいと思います。

あとで読む

郡上八幡~郡上おどりへ(1)

こんにちは、
ワタナベです。

このお盆休み、13日~15日を利用して、
妻の両親の生家、郡上八幡に行ってきました。
なんてったって、楽しみだった場所です。

名古屋から「ワイドビューひだ」に乗り換え、
美濃太田駅から「長良川鉄道」で1時間くらい?

gu01.jpg

ガタンゴトンと揺られながら、
長良川などながめて、郡上八幡に着きました。

gu03.jpg

駅に着くやいなや、その風情にノックアウト。

gu04.jpg

大正から続く職人町のどまんなかにあるお家は、
目の前を観光客が通る、あまりにも素敵な場所。
お家の前に流れる水が素敵です。

gu05.jpg
家の前を観光客が歩いてます。
たまに、家の前の水をせき止めて遊ぶ子供もちらほら。
gu02.jpg
昔、大火で町全体が焼けた名残から、各家の前にはバケツリレー用のバケツがかかっていました。

gu08.jpg

また、長い家の後ろにはとても綺麗な川があり、
風が抜けるように作られていて、さらに中庭があります。

gu09.jpg

水の影響なんでしょうか、ここにいると夏とは思えないくらい涼しく、家にいるときはずっとここに腰掛けていました。

gu10.jpg
家の裏の川
gu11.jpg
家のすぐそこのお寺など、とても風情があります。

そして、いろんな場所に、今回の目的でもある「郡上おどり」の提灯や日程がかかってました。

gu06.jpg
gu07.jpg

7月10日から9月4日まで32夜に渡って続く郡上おどりは、
400年にわたって歌い踊り続けられてきたもので、
10種類の踊りを、訪れた誰もが参加して踊れるすばらしい盆踊りです。

僕らは、そのクライマックスと言われる、
8月13,14,15,16日の徹夜おどりに行って来ました。
その名のとおり、徹夜の盆踊り。
生歌に乗って、信じられないくらい大勢の人が踊ります。

踊りの模様は次の記事で。

あとで読む

葉山一色の海へLet'sシュノーケリング

こんにちは。
ワタナベです。
お盆休み、いかがお過ごしでしょうか?

もうお仕事初めの方もいらっしゃれば、
本日までお休みの方もいらっしゃると思います。

今月行われた「シュノーケリング&水中スナップ」に、
僕も参加してきたので、楽しい思い出をひとつ。

sea_01.jpg

8月7日、9:30に一色海岸のUMIGOYAさんに集まり、
みなさん、CASIOさんの「EXILIM G」片手に、
シュノーケリング撮影体験を行いました。

sea_02.jpg

もちろん、海の中以外で撮影するとこんなに綺麗ですし、
海の中で撮影できるということもあり、
防水はもちろん、G-SHOCKみたいに、
サイドなどぶつかっても大丈夫そうで、
G-SHOCK愛用者の僕にとっては、
最高のカメラかなぁと感じながら利用しました。

sea_03.jpg

海の中の撮影テクニックより、
まずはじめに大事だったのが、僕のシュノーケリング能力。

初体験だったので、最初の20分は、
本当に、危機を感じ、足のつくところでずっと練習していました。
なので、わかめばっかり撮ってました。

そろそろ慣れてきたので、
足のつかないところへ泳いでいってカメラを覗くと、

sea_04.jpg

sea_05.jpg

sea_06.jpg

はぁー、
いろんなものがいるんですねぇ。葉山には。

足がじたばたしているもので水が濁っちゃって、
さすがに美しい写真になりませんが(笑)
シュノーケリングの楽しさを認識しました。

今週末もまた行こうっと。

あとで読む

2010年5月18日

材料をどんどん販売開始しているのです。

こんにちは。
ワタナベです。

100518.jpg

マクロビスイーツを食べるのは大好きですが、
僕自身、自分で作る、ってことを
あんまり考えたことがありませんでした。
もっぱら、試食です。

たとえば、この整備の行き届いた
アロハスフーズラボではなくて、
ごく普通の家庭の我が家で、
ケーキをひとつ作るとしましょう。

ほら...、
実際に作ることを考えると、
安全かつ美味しい材料を吟味するところから始まるので、
なっかなか大変ではないですか...。

いや、我が家も、
妻がちゃんと調味料を選んでくれているので、
お醤油やお味噌など、全部調味料はいいものなんですが、
ベーキングパウダーや、
バニラエキストラクトなどを使いたいと思うと、
ちょっと近くのスーパーには
マクロビ対応の安全なものはそんなに売ってません。

そんなとき、ツリープでは、
みなさんのお役に立とうと、出せるものは出そうと、
マクロビオティック対応の製菓・パン材料
販売することにしたのでした!!!

マクロビオティック 調味料・油・地粉のページもあるので、
材料系が充実してきましたね。

みなさんのおうちにも、
じわじわとマクロビ材料ブームが、
なんてことになってきてはいませんか??

あとで読む