2010年10月12日

小田急百貨店新宿本店に来てつかぁ〜さい

CIMG1038.JPG


CIMG1039.JPG


CIMG1044.JPG


CIMG1048.JPG

昨年の新宿伊勢丹さま、今春のそごう横浜店さまに続いて、いよいよ小田急百貨店新宿本店に期間限定で出店することが決定しました。

今回、いままでの催事と大きくことなるのは、出店場所が催事会場(6階とか8階の特別会場)ではなくて、


デパ地下

ということ。


鎌倉ツリープ/アロハスフーズラボ、初のデパ地下出店です。


日曜日の夕方に現場打合せに行った際に、その様子を見て、少々気絶しそうになりました。が、そんなことを言っている場合ではありません。


今回は、新しい企画を2つご用意しております。(なんとか間に合わせるぜよ)ひとつはこれ。もう一つは、まだ秘密!

鎌倉組と新宿組で力を合わせて、私たちの商品をお届けしたいと思います。ぜひお越しください。


w.


追伸、なんと閉店時間が20時半。現場としては、この30分がしびれます。。。

追伸2、店頭アルバイトに沢山のご応募ありがとうございます。お返事これから順にいたします。

358講座

CIMG1035.JPG

3連休初日の10/9(土)はアトリエ・ツリープにて林恵子さん三五八講座のワークショップでした。

米麹、もち米、お塩だけでつくる三五八の床をみんなでつくり、持ち帰った「床」は年末に完成するという企画でした!

材料はシンプルながら、手間がかかる仕込みかと思っていたのですが、あら、意外と簡単!

もち米を炊いて、生麹と塩を混ぜ・・・あとはじっくり発酵してもらい、床の完成を待つだけ。

皆さん、年末が楽しみですね。

三五八の床を使って野菜はもちろん、魚も美味しく漬かるそうですよ。そして使いまわした床で最後に作るのが、上の写真のポトフ。

ただ、野菜を煮ただけの鍋に、使い込んだ三五八の床を入れただけだという超簡単なのにも関わらず、濃厚なうま味のあるスープになっていました。

忘れられない味のスープがまた一つ増えました。
これは、美味しかった。


w.

2010年10月 7日

リアル葉山。

CIMG0951.JPG
早朝、葉山の小さな漁港から小さな船で沖へ。しらす漁を営む三代目のお父さんです。


CIMG0953.JPG
くわえ煙草が様になっててかっこいい。


CIMG0954.JPG
少し沖にでると、鎧摺漁港から出港した息子さんの船と待ち合わせ。しらすの釜揚げをする浜小屋がある場所には小さな船しか入港できないので、毎回こうやって出港しているそうです。


CIMG0960.JPG
葉山のしらすにこだわるとは聞いていましたが、本当に葉山の岸からすぐ近く海で漁をしていました。網を海に入れるところ。


CIMG0961.JPG
こちらが四代目の真一さん。大柄でワイルドな印象ですが、じつは繊細でやさしいハートの持ち主。海の男です。


CIMG0964.JPG

場所(地形)、水中レーダー、そして太陽の位置を見ながら網を入れる場所を決めます。


CIMG0974.JPG


↑これが採れたてのしらすです!一回の網でこれくらいの量しか採れません。

CIMG0979.JPG


CIMG0981.JPG

たまに、こんなイイダコも網にかかります。(リリースしてました)


CIMG0986.JPG

鮮度が一番大切なので、船上ですぐに氷を入れて、冷やします。生しらすにしても、釜揚げしらすにしてもやっぱりこの段階での鮮度が肝心だそうです。


CIMG1004.JPG

漁を終えてもどったらすぐに釜揚げ。つまり釜で茹でて、それをさっと干します。アツアツも美味しい。


CIMG1003.JPG

たべると、ふっくら。この食感と風味がたまりません。

CIMG1014.JPG

これはたたみいわし。たたみいわしって生しらすだけで作るって初めてしりました。真一さんのたたみいわしは厚い!


CIMG1015.JPG

CIMG1012.JPG


葉山にこんな光景があるとは知りませんでした。
わずか一日ですが、しらす漁にご一緒させていただき、いろんな発見がありました。

昔からの葉山の人は「本当に何もない田舎だった」と言っていましたが昨日の葉山はその面影を感じさせる場所でした。


海(自然)と生活をする人々。
私たちの生活で本物を欲するということは、そういった人々の苦労の上で成り立っているんだと改めて感じる一日でした。

しらすは茨城や静岡が量としては本場だそうですが、漁師自らが釜で茹でるようなことをするのは相模湾の漁師だけだそうです。(湘南でしらす漁をするのははわずか十数の漁師のみ)

また最近は、しらすの鮮度を保つために防腐剤などいれたものも多いとか。。
これは味もおいしくないですし、なにより安全性が失われてしまいます。

真一さんの葉山の近海で採った新鮮なしらす、真面目な真一さんが釜揚げしたしらすの美味しさを、ぜひ味わっていただきたいです。

こちらのしらす、ツリープストアで販売を予定しております。どうぞご期待ください!

w.

追伸、さくじつは「海の精」で釜揚げしらすを作っていただきましたが、塩っぱいだけでなく、風味がより豊かで絶品でした。6.5キロを買わせていただきましたが、スタッフ、関係者だけで完売してしまいました。次回はちゃんとツリープストアで販売します。はい。

2010年10月 6日

やっぱりチャリが、すき。

CIMG0932.JPG


CIMG0933.JPG


CIMG0934.JPG


CIMG0935.JPG


久しぶりにツリープレンタサイクルのスーパーママチャリのメンテナンスで茅ヶ崎のサイクルボーイさんへ。

オーナーの谷さんは、今年の春から湘南工科大学で自転車をテーマにしたクラスを持つ講師になられて今までの自転車作り以外に大学での研究(車いす)もはじまり、さらにお忙しいそうです。

茅ヶ崎や藤沢での自転車シェアリングの構想とか、日本人の生徒と中国人の生徒の違いとか、いろんな面白いお話を聞いて、帰路へ。

写真は、納車待ちの美しい自転車たち。カンパニョーロで組んだレンタサイクル、将来やりましょう。


w.

追伸、久しぶりの茅ヶ崎での往復1時間。ファンライドでした!

三五八、うまい。

CIMG0931.JPG


今日は、長谷の林さんのキッチンの撮影でした。
そう、あの企画「かまくらキッチン」第二弾です!

久しぶりに訪れた林さんのキッチンは、相変わらずポップでかわいくて洒落ていてナイスな台所でした。撮ってて楽しかったです。

撮影後に、週末土曜日に開催する林さんの三五八漬けワークショップのちょっとした打合せと、味見を少々。


今週末のワークショップ用に林さんが8月10日に仕込まれた三五八の床が上の写真です。
米と米麹とお塩だけで漬けて、こんなに水分が。。

この水分もちょっと味見させていただきましたが、これが濃厚で美味なんです。
こんな床で漬けたら野菜も魚も美味しくなること間違いなしです。


ぬか漬けなどに比べてややマイナーな漬物ですが、お米全体を床に使う三五八は濃厚な風味が絶妙。土曜日の教室が楽しみです。

w.