2011年9月 8日

ダイヤモンド富士山

CIMG2527.JPG


CIMG2528.JPG


CIMG2530.JPG


CIMG2532.JPG

なんだか最近ツイてるネ、乗っているネ。

狙ってないのに、偶然サンセットタイムの稲村ガ崎でダイヤモンド富士を見てしまいました!
噂には聞いていましたが、見たのはこれが初めて。

こりゃー本当にすごいわーわーわーわー的な景色でした。

今年は9/6が最も富士山の中央の角度に日が沈む日だったそうですが、いやいやまだまだ全然イケマす。今週末も天気良さそうだから、ダイヤモンド富士を見に鎌倉、江の島にお出かけするのも良いのではないでしょうか。


w.

2011年9月 7日

名前の決めかた。

CIMG2524.JPG

さきほど、鎌倉市役所に出生届を出してきました。

一人目の時は、生まれる前から、あれやこれや名前の候補を考えてきましたが、二人目の今回は何しろ生まれてくるまで性別も分からない状況(母親がそれを希望して)だったので、名前をひとつも考えていませんでした。

生まれてからの10日間、次男は家族から「赤ちゃん」と呼ばれ続けてきましたが、本日正式に名前が決定し、今日からはちゃんと名前で呼ばれることでしょう。(家内と実家に帰っていて、その辺りの様子は分からない・・・。私も早く、抱っこして名前を読んで、ニコッと笑ってもらいたい。)

多忙の中、なかなか赤子の名前を考える余裕がなく、その時間を持てたのは生後1週間以上が立った月曜日でした。

家内と長男、次男そろって帰省しており、久しぶりに一人時間。
夕方から少し時間ができたので、名前を「考える」場所を「考え」てみた結果、緊張状態の脳を一度解放したほうが、きっといい名前が思い浮かぶのではないかと思い、最近行ってないあの場所へいってみることにしました。

月曜日の夕方に出発して、あの場所にはクルマで1時間ほどで到着。
台風12号の影響がまだ少しあって、時々ざぁあああーと雨が降る天気の中、道路も空いていました。

あの場所は、それが雨雲なのか、湯煙なのか分からないほどどんよりとしていましたが、いつも通りそばを流れる川の音も心地よく、安心しました。

さぁ、名前を考えよう。

という事で、まずは名前を考える脳をリラックスさせるために、小一時間ほど、湯煙に包まれます。

コチコチになってしまった身体も心をちょうどいい塩梅の湯でほぐします。
「ぁあはあぇ〜〜〜」思わず、言葉にならない言葉を発してしまいます。

いつも通り、一番ぬるい湯に浸かりながら、目を半分ほどとじ、いい名前が思いつきそうなα波が出まくるような状態にもっていきます。気がつくと、寝てたかな?というほど気持ちがいい状態です。

頭のてっぺんから足の指までまんべんなく洗い、再びぬるま湯へ。

時計を見るとちょうど一時間くらい風呂に入っていました。
ちょっとのぼせてきたので、一旦上がります。

身体を拭きながら、扇風機にあたっていて、ふと「あ、名前まだ考えてなかったな」と思い出しました。

そこで、休憩所でちょっとゆっくりしながら考えることにしました。
その頃にはもう真っ暗で、窓の外の景色は見えません。
ただ、そこを流れているであろう川の音だけが結構な音量で聞こえています。


ようやく私は、持って来た漢和辞典をひっぱりだし、画数の少ない感じから順に眺めてみました。一画から十五画くらいまで。それ以上の画数は子どもが苦労するかなと思って対象から外しちゃいます。

静かな休憩室の薄暗い中、膨大な量の漢字を見ていたら喉が渇いたので、近くにあった自販機で缶ビールを求めました。


プシュ。
いい音です。


再び私は、漢和辞典とにらめっこです。


日本には素敵な文字が多くあります。あり過ぎです。
あぁこの文字素敵だな。かっこいいな。かわいいな。こんな読み方できるかな。

あぁでもかっこよすぎだな。借りてきた文字っていう雰囲気でちゃうかもな。。。


なかなか決まりません。


気がつくとビールも飲み干していて、目も疲れてきました。

決まらない。。。


集中力が途切れそうになったそのとき、十三画の最後のほうでこの文字を発見しました。ちょうど母親の名前と同じ画数です。

たしか長男は保育園の影響もあって太鼓が大好きだったな。(兄弟仲良く)
にぎやかすぎる子になっちゃうと大変だけど、これからの時代ますます元気いいってこと大切だからな。それに「つづみ」という音もかわいいし、意味もいろいろ良さそうだから、これで いいね!
(もちろんfacebookのいいね!以上の意味)

ということで、いい名前と出会うことができました。
ありがとう。

w.

追伸、
これからも大切なことを考える時には、やっぱりあの場所に行って、裸になって、湯煙につつまれて・・・だな。