2011年12月 9日

センチメンタルジャーニー(新潟編)

CIMG2764.JPG
相馬さんの取材が終わって、軽くご飯に・・・ということで新潟市で10周年を迎えたマクロビオティックのレストラン/カフェのマリールゥさん。マルロウじゃなくて、マリールゥーさんです。


CIMG2763.JPG
おいしいご飯と


CIMG2767.JPG
美味しいケーキ。いい時間でした。


CIMG2768.JPG

翌朝。帰るまでの時間、久しぶりに新潟市内を散策することにしました。まずは本町市場。アーケードの中には朝から野菜やら魚やら乾物やらいろんなものを販売しています。


CIMG2774.JPG

新潟はお麩もいろんな形のものを作っていて、有名なんですよねー。


CIMG2775.JPG

これは新巻鮭。いつかツリープでも販売したいと思っている逸品です。


CIMG2777.JPG

CIMG2778.JPG


CIMG2779.JPG


CIMG2782.JPG


CIMG2785.JPG


CIMG2786.JPG


CIMG2790.JPG

そして、久しぶりに白山神社へお参りに。昔はなんとも思わなかったけど、よく見ると神社なのにお寺の三門みたいなところをくぐります。


CIMG2791.JPG

立派な本堂。お正月の準備もはじまっていて、昔初詣でにきたことを思い出します。

CIMG2787.JPG

そして友達からも強く奨められた、上古町(通称、カミフル)という商店街を歩きました。ここは白山神社から続く参道なんです。昔からお洒落なお店あってけど、前よりさらに進化してる感じです。ここは古町麹製造所さん。


CIMG2793.JPG
冷えきった身体のあったかい甘酒が沁みました。美味しかったです。

CIMG2788.JPG


CIMG2803.JPG

たまたま通りかかったこのお店、ヒッコリースリートラベラーズ。いいお店でした。新潟らしいお洒落なお店。いろいろ買っちゃいました。


CIMG2805.JPG


CIMG2808.JPG


CIMG2809.JPG


CIMG2810.JPG


CIMG2806.JPG

そして旅の〆は、また本町にもどって、昼飯。室内の市場の中に食堂があって、他のお店(魚屋)の刺身を選んで定食にできます。ここも友達の強く奨められて行きましたが、正解でした!


いやー、あっという間の滞在でしたが、久しぶりの新潟。とてもよい出会い、気づきが多く楽しかったです。そして収穫も沢山。


また行きます、新潟!
そして、新潟行ったこと無い方、ぜひ行ってみてください〜。

食べ物は美味しいし、人もいいです。

w.

スイートメモリーなジンジャーシロップ。

DSC_0026.jpg

学生時代の同級生がけっこうみんないい大人になっていて、今年は思いかげずそんな仲間との再会が多い一年でした。

そのうちのひとりから、地元新潟で素敵な商品を頑張って作っている人がいるよ、と紹介されたのが相馬理恵さん。

システムエンジニアから菓子メーカーに転職し、商品開発をしていたそうですが、多忙な生活でご自身が体調を崩されたのをきっかけに、いろんな健康法を試しながら、白湯のデトックス効果で体調も良くなっていったそうです。

体調を崩されたひとつの要因が、以前からの「冷え」だったということもあり、白湯のデトックス効果+身体を「温める」飲み物を考えていて、スパイスジンジャーシロップを作り始めたそうです。

世に、ジンジャーシロップは輸入物から国産の大小メーカーまで様々な商品が作られ販売されています。

そんな中、相馬さんが目を向けたのは、地元新潟でつくられた「こがねもち」というもち米に麦芽を加えて作られた1000年以上の歴史をもつ日本の甘味料「こめあめ」でした。(上の写真)


DSC_0034.jpg

その米飴に最初は新潟の生姜を加えて、試行錯誤を繰り返していたそうですが、身体を温めるためには「辛い」生姜のほうが効果があるということで、日本を代表する生姜の産地である高知の根生姜を使用することになったそうです。


DSC_0019.jpg

そしてこれが使用するスパイス。ご存知、クミン、カルダモン、シナモンの3種。パウダーではなく、ホールのまま一緒に煮込みます。

DSC_0061.jpg

相馬さん自慢の大きな大きな銅鍋ですべての材料と良質な水を加えて2時間ほど煮込みます。

ジャム作りとの違いは、水を加えるか、加えないかということだそうです。ぐつぐつ、ぐつぐつ。

常に一定のわりと強めの火力でみるみる水分が蒸発してゆきます。工房の中は、生姜とスパイスの香りと水蒸気でいっぱい。まさにスパイスジンジャーサウナ状態でした。

DSC_0087.jpg

2時間ほど煮込み、液体の温度が106℃ほどになると完成です。108℃まで煮詰めてしまうと飴化してしまうそうで、絶妙のタイミングを見計らって火から下し、いよいよ完成。いったんシロップの液体と生姜を分け、それぞれを別々に瓶に充填してゆきます。

DSC_0105.jpg

これが完成形。シロップにもしっかりと生姜とスパイスの香り、フレーバーがついて絶妙なバランスです。このシロップに少し、生姜のスライスを入れてお湯を注げば、それは美味しい美味しいスパイシー生姜ドリンクの出来上がり!


飽きのこないちょうどよい甘さは、米飴だからなせる技ですね。そしてじんわりスパイシーなところも美味しいです。

私はこれを甘いスープと表現しました。

近日中に、ツリープストアにも登場予定です。
ご期待くださいませ〜。


新潟の方は、新潟ふるさと村ほか市内の店舗で販売されているそうです!
お近くの方はぜひぜひー。

w.