2012年6月 2日

木更津の有機農場「耕す。」さんに行ってきました!

去る2012年5月22日(月)、関東では金環日食ということで早朝からソワソワしていた月曜日に私はひとりでクルマを運転し、千葉県木更津市にある有機農場「耕す。」さんを目指していました。

5時半に自宅を出発。初めてアクアラインを通って房総半島入りし6時半過ぎには木更津市内に入っていました。

クルマのラジオからは「金環日食」のことで騒然。一応私も日食グラスを持参しているものの、当日の朝の空は小雨模様。雲も厚く、太陽の位置すらわからない感じでした。

私は、用意していた地図をもとに「耕す。」さんを一路目指していたのですが、なかなか辿りつきません。目印にしていたお寺はあるのですが、どうにもこうにも里山の中の小道をグルグル・・・。

ほんとうは、金環日食の時間には農場について、現場で皆さんと見れるかなーと期待していたのですが、私はその時間。ヒトケのまったくない農道で途方に暮れながらも、人家も電線も見えない棚田の田園風景に見とれていました。。

同じ道を何周かしていたところ偶然通りかかった地元に人に道を訪ねたら、ぜんぜんアプローチの道順が違っていることがわかり、9時少し前(2時間くらい迷った!?)にようやく農場に辿りつくことができました!


この耕す。という農場で働くIさんと以前から知り合いだったのですが、昨年末に私たちのツリープ由比ガ浜ストアに訪ねてきてくれて、「じゃあ、春になったら行きます!」という約束が今回の訪問でした。


本当は7時くらいから手伝いますよ!っていう段取りだったのですが、到着したのが9時。朝一の収穫作業はほぼ終わっていました。


DSC_0222.jpg


DSC_0223.jpg


DSC_0231.jpg

元々は酪農場だった土地を、農地にしてはじめられたそうで、とにかくスケールが大きいのにまず驚きました。センターハウスってもともと牛舎だったそうで、そこが今ではトラクターが停めてあったり出荷の作業をしたりするスペースだったりしました。眺めもよくて、気持ちのいいスペースですでした。


DSC_0238.jpg

DSC_0241.jpg

農作業のお手伝いの前に、Iさんに圃場全体を歩いて案内してもらいました。なんと東京ドーム6個分くらいあるそうです。圃場は有機認証を受けていて、当然栽培も有機のガイドラインに沿って栽培されているそうです。

DSC_0242.jpg
じゃがいもの花


DSC_0244.jpg
にんじん

DSC_0250.jpg
植えたばかりのなす


DSC_0256.jpg
なす

DSC_0258.jpg
番犬


DSC_0264.jpg
ハウス栽培されているプチトマト。


DSC_0272.jpg
平飼いされているにわとり。


DSC_0299.jpg
キャベツ

DSC_0305.jpg
スティックセニュール


DSC_0308.jpg
白菜


DSC_0311.jpg
圃場の真ん中にはかなり広い沼?もあったりして!


広い、広い農場を案内してもらったあとは、2時間弱くらいですが、農作業の手伝いを体験させていただきました。現場の皆さん曰く、一番きつい仕事というマルチ剥がしをやりました。マルチというのは雑草が生えないように土にかぶせるビニールのこと。マルチフィルムというそうです。

出荷が終わったレタスの畑のマルチを土から剥がす仕事。確かに腰をかがめ、土に食い込んだビニールを破片を土に残さないように取り去るというのは中々難しく、肉体労働ですね。運動不足の私にはちょうどいい運動になって、いい汗をかかせていただきました!


集中して作業をしたり、時々現場の皆さんと話をしながらあっというまにお昼の時間になってしまいました。


DSC_0315.jpg

お昼は、ほとんど皆さんで自炊されているそうで、この日もセンターハウスのオープンキッチンで獲れたての野菜のフレッシュサラダにしたり、ご飯炊いたりと調理されてました。いいですね、このオープンキッチン。たまにBBQなどもされるそうです。


DSC_0320.jpg
採れたて野菜のサラダ!


DSC_0322.jpg

そして新鮮な平飼い鳥の生たまごかけご飯!!


DSC_0321.jpg

DSC_0325.jpg

遅刻して、お手伝いも2時間弱しかできなかったのですが、広大な気持ちのいい農場で、そこで働く気持ちのいい皆さんとお昼ご飯を食べれて、いろんなことを学ばせていただきました。

この農場のスタッフIさんはもともと起業志向で、木更津という地元に貢献できる事業をしたいということで数年前に、いきなりメールで相談をしてきたのが出合いです。
去年暮れにお店を訪ねてきた時にはじめてお会いして、今回会うのが実は2回目。笑

Iさんに誘ってもらい、この「耕す。」さんを訪れてわけですが、この農場は2010年に新規就農によってはじまったばかりの農場だそうです。

そして代表はあのミスチルなどのプロデューサーとしても有名な小林 武史さんが代表も務められているそうです。

私はそれらの事実を伺う直前にホームページを見て知ったのですが、今回訪問して、現場の皆さんの仕事の姿勢、圃場の規模や管理など含めて「耕す。」さんの本気度を強く感じました。

ぜんぜんガツガツしているのではないのですが、静かに熱く農業に向き合っている感が伝わってきました。また現場の皆さんが、若くてびっくり!反面、経験不足な部分は地域の農業の先輩の皆さんに教えてもらったりして助けてもらっているとも聞きました。

私自身、それほど多くの農家さんと知り合いというわけではないですが、新しい発見が多く、これからの有機農業の一つの可能性を強く感じた有意義な1日になりました。

誘ってくれたIさん、ありがとう。
またぜひ行きたいと思います。


DSC_0328.jpg


耕す。さんの農産物は木更津市内の直売所や
東京都内の代々木ビレッジ・マルシェなどでの直売、
話題のスカイツリー内のレストラン「ラ・ソラシド」や「ファミレード」でも
食べられるそうですよ!