2012年9月17日

再び日本のワンダーランド、岩手へ。

DSC_2480.jpg

2週間ぶりに岩手を訪れました。今回の目的も岩手県北部地域を対象とした食品の商品開発勉強会のお仕事です。

前回のテーマは商品作りについて。今回のテーマは販売についてでした。

1.付加価値とは。私たちの付加価値創造とは。
2.私たちの商品作りの方向性(ポジショニング)。
3.マーケティングとイノベーション。
4.商品作りの前に大切なこと。お客さま作り。
5.販売方法とそのチャンネルについて。
6.ブランドとは。またブランド構築について。
7.インターネットの活用。

できるだけ具体的な事例と合わせて話ができるよう努力しました。

後半は、参加者皆さんと個別面談。
皆さん経験も異なり、進捗も違う中で、抱える課題もそれぞれ。

でも、豊かな自然と豊かな人格という真似できない強みが沢山あって、ますます楽しみになってきました。ユニークな商品ができそうですよ。

一泊して、翌日は今回の案件の対象地域となる二戸や一戸を案内していただきました。

DSC_2481.jpg
まずは、一戸のどんぐり村へ。自給自足の生活を実践されているどんぐり村、村長赤屋敷さんを尋ねました。


DSC_2483.jpg
どんぐり村は、自然体験塾というコンセプトで開放されているユニークな「村」です。一般の人が訪れて自給自足の生活を体験できるそうです。この畑は桑畑。天蚕を育てられているそうです。


DSC_2484.jpg
美しい淡い緑色をした天蚕の繭。


DSC_2489.jpg


DSC_2492.jpg


DSC_2502.jpg

農家の方が野菜や加工品などを委託で販売している「産直」施設などもまわりながら、更に一戸(いちのへ)の奥中山という地区へ。どんどん上っていくと・・・。


DSC_2504.jpg

そこは日本とは思えないような景色が広がっている高原でした。


DSC_2508.jpg

夜は真っ暗の中、夜空には輝く星がよく見えるそうで、一般の人が気軽に利用できる天文台もありました。羨ましい環境ですね。


DSC_2510.jpg


CIMG3352.jpg

この写真は、八幡平市の焼走りという岩手山麓にある溶岩が見られる場所です(北部ではありません。盛岡から車で1時間弱)。高原や牧場の写真とこの溶岩の写真を見ると、ハワイ島の景色と変わりません。笑


今回、2回目の岩手訪問でしたが、私はすっかり岩手県の魅力にハマっています。


宮沢賢治が愛した自然が未だ残り、一歩 山に入れば本当に鹿が踊っていそうな景色があります。
そして日本とは思えないスケール感のある美しい自然。(もう一泊して訪れた八幡平も素晴らしかったです。
自給率100%を超える農業生産。

そして勤勉でまじめなお人柄。

岩手の皆様にはたいへん失礼かと思いますが、私は「岩手は日本の奇跡」くらいに感じています。
原発もなく(つまりそのような巨大な経済システムに依存してこなかった)、未開発の自然が多く残り、豊かな農業水産業がある。

都心が経済的に沈没しても、岩手では普通に暮らしが続くような気がします。
つまり貨幣経済を超えた、豊かさを感じるのです。


とても素敵な地域の皆様とご縁をいただいたことに、感謝しています。

ぜひ、みなさんも機会があれば岩手県に遊びにいってみてください。
期待を裏切らない「コレからのシアワセ」がありますよ!

w.