2011年11月11日

男に惚れた夜

CIMG2644.JPG

昨日は、七里ケ浜のプリンスホテルで行われた「観光振興シンポジウム~かまくらの食の魅力~」という会に参加してきました。

内容は、鎌倉と姉妹都市であるフランスのニースで、フランス料理店を営む、松嶋啓介シェフと松尾市長による「食を通じた観光」をテーマにしたお話、そして松嶋シェフの料理実演、そして松嶋シェフ監修による鎌倉の素材をつかったフランス料理をいただく、という内容でした。


CIMG2645.JPG

正直私は、壇上にラフなコックコートと前掛けにジーンズとジョギングシューズで登場されるまで、失礼ながら松嶋シェフのこと存じ上げなかったのですが、松尾市長ともお話がはじまると、松嶋さんにすぐに惹き付けられるのがわかりました。


ニースは、地中海に面して海の幸とまわりを山に囲まれている地形で、ハーブや野菜、そして海の幸に恵まれた土地だそうです。世界中からバカンスに訪れる人気の観光都市ですが、食を通じた観光を積極的に打ち出していて、行政も協力にバックアップしているという話でした。


海に面して、海の幸に恵まれ、周りを小高い山に囲まれて、鎌倉野菜も人気の鎌倉としては、とっても興味深い話です。


20歳で渡仏して、フランスで自分の店を持たれてというサクセスを現在進行形で突っ走っている人気シェフ。

現在3週間をフランスで、1週間を東京のお店を見るために帰国しているそうで、毎月のようにフランスと日本を行き来しているそうです。


そのため、海外から見た日本、鎌倉という視点でいろんな話をされて、日本や鎌倉の潜在力が、自分たちには当たり前すぎて気がつかなかっただけで、たっくさんたっくさんまだまだあるんだよということに気がつかされました。


最初は、ちょっとラフなシェフだなー・・・という第一印象が、あっというまに尊敬のまなざしへ。話し方の落ち着き方もかっこよかったです。日本だけでなく、海外でもしっかりと成功されている方の確固たる自信に、惚れ惚れしました。


写真は、二部で、シェフが実演されたサラダとニョッキです。
ニョッキはフランス語で「犬のうんこ」という名前だそうです。笑

そんなメニューをお洒落に美味しく作って披露しちゃうあたり、惚れちゃいますね。


CIMG2652.JPG


CIMG2651.JPG

w.


追伸、わたくし男の人が好きというわけではありません。

2011年2月25日

お蕎麦屋さんの絶品うどん

CIMG1594.JPG
一色さんの手作り胡麻豆腐(森野さんの本葛を使用)


CIMG1596.JPG
一色さんのうどん(森野さんの本葛粉を使用)。鴨南蛮ざるでいただきました。最高に美味しいです。


CIMG1597.JPG
一色さんのそば団子(そばがきの中に上品なあんこが!)


本日、奈良県の森野吉野葛本舗の森野社長が弊社アトリエとアロハスフーズラボにお越しになりました。遠路遥々ありがとうございます。

そして、せっかく鎌倉まで足を延ばしていただきましたので、もうちょっと足を延ばして葉山のお蕎麦屋さん「一色」様へ行ってきました。(一色さんも、森野さんの本葛を使用されていらっしゃるそうで、ご挨拶に同行させていただきました。)

一色のご主人は葉山御用邸の前にお蕎麦屋さんをはじめられて35年が経つそうです。とても気さくな方ですが、食に関する探究心は流石で、いろんなお話を私も一緒になって聞かせていただきました。


胡麻豆腐作りの話、お酒のお話など面白かったです。
食に関わる人々のつながりも面白いですね。

今日も沢山勉強させていただきました。
ありがとうございます。

w.

鎌倉の塩で塩麹(2)

CIMG1590.JPG
キュースイキュースイ、フカフカー。キュースイキュースイ、フカフカー。


CIMG1591.JPG
マタマタミズミズ、ヒタヒター♪


CIMG1592.JPG
スデニウマイ、スデニオイシー!!

二日目の塩麹の様子。
常温(冷所暗所)で一晩。すっかり水を吸いきった米麹。
今日も浄水をヒタヒタになるように加えました。

ちょっとかき回した後に、ヒトつまみ。


うーん、すでに美味しい。
旨味成分がもうでてきている感じ。
これは完成が楽しみです。

w.

2011年2月24日

鎌倉の塩で塩麹(1)

CIMG1576.JPG

ザラザラ、ザラザラ。パラパラ、パラパラ。


CIMG1578.JPG

カマカマ、カマカマ。シオ、シオ。


CIMG1581.JPG

ジャパーン、ジャパーン。ザラメ、ザラメー。シャバダー。

CIMG1584.JPG

ジョリジョリ。シャカシャカー。ジャリジャリ、コウジカオル♪


CIMG1586.JPG

トクトク、ジャー。トクトクジャー。

CIMG1589.JPG

ヒタヒタパー。ヒタヒタパー☆


坊主の大好きな絵本、山下洋輔さんの絵本「もけらもけら」風に塩麹仕込んでみました。材料は米麹、塩、水だけ。今回の米麹は鈴木さんの米麹と先日出かけた新潟のお味噌屋さんの米麹のブレンド。両方無農薬のコシヒカリで作った米麹です。そしてお塩は、港南台の人気イタリアンKIKUCHIさんからもらった鎌倉の塩。水は、走水の水!といきたかったのですが、浄水です。

麹10にお塩3、お水はヒタヒタというだけ。これはいいですね。
このまま常温で毎日ちょっと混ぜながらヒタヒタの水をキープ(水を追加する)程度で、塩麹は完成するそうです。ちょっと様子見ながらレポートします。

できたら、相模湾で採れるイカで塩辛やったり、干物作ったりしてみますよ。
楽しみです。

w.

2010年11月 4日

こういう時は、料理。

CIMG1137.jpg(昨日のランチ)

CIMG1145.JPG(今日のランチ)


小田急百貨店さまの期間限定出店が終わり、身体がヘトヘト。頭もノンノン。
そんなときは、掃除と料理がしたくなります。

本当はペペロンチーノが食べたかったんだけど、鷹の爪がなったので
ラボにあったオーガニックのドライトマトを使って、パスタを作りました。
全粒粉パスタにドライトマト、ガーリックとレンコンとエリンギです。

下はスープ。これもドライトマトを使ってスープ。残ったガーリック、レンコン、エリンギの他にアスパラとインゲンをいれました。母が作って差し入れてくれたおこわと一緒に皆でいただきました。


疲れた時にかぎって、料理をしたくなります。
そして料理をすると、心が落ち着き、活力が湧いてくるのです。

これはたまにしか料理をしない男の特権でしょうか。


w.


追伸、このヘトヘト・ノンノン状態でもう一つやったのが自転車のパンク修理。あーすっきりした☆
よーしまた頑張るぜよー。

2010年1月19日

三五八まかない日記、はじめます(超不定期便)

CIMG9462.JPG

三五八とかいて、「さごはち」と読みます。
なんとお漬け物の種類で、福島や山形のつけものだそうです。

塩、米麹、もち米の比率が3:5:8ということで、そのまんま名前になったんですね。これは漬け物の黄金比率なんでしょうか?

林さんの本では、書籍のタイトル通り「いちから」三五八漬けの床の作り方が学べますが、何と2ヶ月〜半年ほどもかかるそうです!

うーん。結構かかりますねぇ。

とそんな時に偶然、海の精のOさんから新商品のご紹介いただきました。


358.jpg

もち米を炊いたりする手間もなければ、数日で完成するという何とも現代人向きの「素」ですが、材料は有機米を使用して、なんと有機JAS認証付きです。

ということで、今日早速仕込んでみました。これから随時レポートしてゆきたいと思います!


mamecurry.jpg

三五八は今日は食べれないので、アナンさんの豆カレーをまかないでいただきました。作ったのはM女史です。アナンさんの豆カレーブックと野菜ときのこ、そしてお塩だけで作ったのにとっても美味しいカレーでした。


w.

2008年9月19日

ごちそうさまでした!

CIMG4672.JPG

こんな感じで仕上がりました。ちょっと太かったけど。美味しかったです!

これは前回のレシピのうどん。明日からの3回連続講座では踏まないうどんやうどんと一緒に食べる糧なども学べる充実のワークショップ。すでに満員御礼で申しわけありません。

このうどんが家で簡単に出来るなんて、とってもステキですね。白崎さん、ぜひまた今度企画してください。

w.

今日も、明日も、あさっても!UDON三昧。

水面下でワタナベさんがどんどんツリープを進化してくれて、仕事が楽になっている気がしているヨシハラです。

今日は、発送も少なめということで白崎さんのレシピのうどんでランチをいただきます。

CIMG4666.JPG
こんな感じでフミフミ。交代で踏みます。あ、オレのとき袋が破けた。。

CIMG4667.JPG
ゴトーさんもフミフミ。

CIMG4670.JPG

切ってるところ。


明日からは白崎裕子さんのワークショップで3回連続のうどん講座がはじまりますが、その予行演習も兼ねて、今日のランチはうどんになりました!

ってことは今日、明日、あさってと連日美味しいうどんにありつけそうです☆


w.