2010年11月26日

ネパールのぬくもり

IMG_4926.JPG


IMG_0901.JPG


昔、島に住んでいたころに読んだ池澤夏樹の「すばらしい新世界」で、ネパールという国を知り(興味をもち)、アロハスの仕事で戸田さんと出会い、もっともっとネパールを知りたいと思うようになりました。


今年の夏と秋に会った戸田さんからだんだんと都会化されてゆくカトマンズの話と、未だ多くのほとんどの地域で素朴で厳しい自然環境の中で生活をしていて、その生活の様子を聞かせてもらいました。一般的な家庭の暮らしの写真も沢山見えてもらいその暮らしぶりに驚きました。


土の上で暮らす。
火と共に暮らす。

そんな印象を強く受けました。
と同時に改めてネパールに惹かれる何かを感じました。


戸田さんは今年の夏前に2年ぶりにネパールから帰国したかと思ったら、またすぐにネパールへゆき、夏に戻って来たかと思ったら、つい先日冬のネパールへ旅立ってゆきました。

というか、ネパールに戻ったという方が正しいのかもしれません。


毎年ツリープでも扱わせてもらっている戸田さんのパシュミナのストール。

今年の新作は来週には販売開始の予定です。上の写真のとおり、今年はフリンジがまたまた素敵です。Frukaといって、Hanaという意味だそうです。天然のパシュミナ毛だけをつかって、無漂白、無着色の天然系4色の展開です!!
(ちなみにモデルは戸田さんではありません!戸田さんもとっても素敵ですが、どんどんネパールの女性のようになってきました。笑)


販売開始まで、もうちょっとだけお待ちください。
この後もネパールの停電終了後にメールとスカイプで打合せの予定です。


w.