タグ「味噌仕込み、トージバ、鎌倉TREEP」が付けられているもの

2011年2月24日

手前味噌復活プロジェクト

最近、何人かの人から、このところブログ更新されてないね~、とつっこまれてしまいました・・(汗)
そうか、読んでくれている人がいるのよね。
ありがたいことです。

報告したい記事は溜まっていますが、順を追って。。
今回は「手前味噌復活プロジェクト」について。

函館でも講座を開催したのですが、それをきっかけに自宅でもやってしまおうと。
「プロジェクト」なんて大げさな言い方をしてみましたが。
単に、二人以上希望者がいたらいつでも、(都合あえば)ウチで味噌仕込みワークショップやりまっせ!というだけのこと。

というわけで、2/5と6に開催しました♪
両日とも、3名様ずつのご参加。ありがとうございます!

味噌仕込み、一見ハードル高そうで、実はとっても簡単!!
昔は各家庭で当たり前のように作られていたもの。
ウチの味噌が一番ウマイ!なんて、手前味噌って言葉が生まれるほど。

ご多分に漏れず、私も自分の味噌が一番ウマイ!と思っている口です(笑)

今ではスーパーにならんでいる、工場で生産された味噌が主流になっているけれど。。
全然違うのです。
味も、栄養も。

そんなわけで手前味噌プロジェクトの目指すところは・・
冬になると家庭のお母さん、一人暮らしのOLさんでも、もちろん男性も!、「今年はもう味噌仕込んだ?」、「今週末、一緒に味噌仕込もうよ。」なんて会話が当たり前になる社会を妄想したりして。

きっと昔は近所の奥様が集まって、お姑さんの愚痴(お姑さんはお嫁さんの愚痴)とか言いながら、ワイワイ仕込んでいたんじゃないかなぁ、なんて思います(笑)

味噌づくりの工程をザックリ言うと・・

1、大豆をゆでる。
2、大豆をつぶす。
3、塩切り麹(塩と麹を混ぜたもの)とつぶした大豆を混ぜる。
4、容器に詰める。

以上。材料は大豆と塩と麹だけ。
ね、簡単でしょ☆

もちろん、大豆の茹で方にコツがあったり、容器に詰めるときもできるだけ空気を抜いて・・、とかいろいろあるけれど。
塩の分量さえちゃんと使えば、素人がやっても失敗は少ないようです。
(下手に減塩なんてすると、雑菌が繁殖しやすくなって失敗することがあるらしい。)

ちなみに一番時間がかかるのは、大豆をゆでる工程。

CIMG6022.JPG

10時間以上浸水させた大豆をたっぷりの水で、アクとりや差し水をしながら3~4時間以上ゆでます。(時間の関係上、この作業はみんなが来る前に下準備でやってしまいます。)

あとは温かいうちに、ひたすら豆をつぶす!

CIMG6023.JPG

今回はマッシャーを使いました。

麹をほぐしたものと、分量の塩を混ぜて、つぶした大豆とムラにならないよう混ぜます。

CIMG6033.JPG

あとは、大豆のゆで汁で固さを調整して、ハンバーグの時の要領で空気を抜きながらボール状にした種を容器にたたき入れます。とにかく空気が入らないように。。

CIMG6036.JPG

こんな感じで、楽しく味噌仕込みました(笑)
私の友人ですが、3人とも初対面同士とはとても思えないくらい。
一緒に味噌を仕込むうちに会話が生まれて仲良くなっちゃいました♪

みんなが大豆を潰している間に私はお食事づくり。
大豆や味噌料理にこだわってみました。


CIMG6021.JPGCIMG6025.JPG
写真左は5日の食卓。
玄米ご飯(黒豆、小豆入り)
里芋のお味噌汁
水菜とひじきのサラダwith大豆ドレッシング(味噌味)
えのきのねぎ味噌和え
ふろふき大根と味噌だれ
大豆の酢醤油漬け


6日(写真右)は若干変更。
大根と人参の味噌キンピラ
豆腐ステーキの味噌だれ

お料理も好評で、味噌づくりも楽しんでもらえたようです♪

ご参加のみなさま、ありがとうございました!


「手前味噌復活プロジェクト」は希望者がいれば3月も開催しようと思います。
でも週末がほぼ埋まっているので、開催しても平日かなぁ。。
今のところ友人知人限定ですが、どうしても興味ある!という方はコメントに記載してくださいね。(別途メールさせていただきます。コメントの「メールアドレス」欄に記載いただいてもブログ上では公開されませんので、ご安心ください。)

味噌仕込みイベントは、今もあちこちで開催されているようです。
ぜひお近くのイベントもチェックしてみてください。

ちなみに味噌仕込みのセットは、NPOトージバや鎌倉TREEPでも入手できます。
せっかく仕込むなら、大豆も麹も国産無農薬のものがうれしいですね。

鎌倉TREEP
/store/cat_normal/komekoji.html

NPOトージバ
http://thats.toziba.net/blog/?cat=8


ではでは、楽しい味噌ライフを♪


Masako

1