タグ「解剖学、のみさん、カラダ」が付けられているもの

2009年9月24日

のみさんの解剖学講座に参加しました!

シルバーウィークの最初の2日間、9/19,20はのみさんの解剖学講座に参加してきました!

正式なタイトルは「「日本一わかる!」セラピストのための 解剖生理学講座 」。
→http://www.lohas-moon.com/seminar/nomiyama_1.html

私はセラピストではないですが、昨年から山村先生の望診法指導士の講座を受講していて、体のしくみに関する知識をもっと深めたいと思っていました。
興味さえあれば基礎知識や経験がなくても参加OKとのこと。
解剖学という一見とっつきにくいテーマですが、とにかくわかりやすくて、楽しい講座でした。

講座といっても机に座って先生の話を聞く、というお勉強スタイルではなくて、お茶を飲みながらのみさんを中心に話しを聞いたり、体を動かしたりととっても自由な雰囲気。

話しを聞く時間、体を動かしたり筋肉や骨、間接を触ったりしながら実際に確認する時間、そして参加者同士のシェアの時間があり、ところどころ休憩をはさみます。

この講座の特徴は、なんといってもシェアの時間を大切にすること。
あるトピックに関して、のみさんの話が終わると、今度は各自が自分の感想や意見を話し合うシェアの時間です。もちろんのみさんに質問することもできます。
今回は7人での開催だったので、とても話しやすい雰囲気でした。

この講座を通して、今まで一番身近なはずの自分の体について実は知らないことがたくさんあったこと、そしてそれを知ることで可能性が広がることを文字通り体感しました。

体の部分と部分はつながっていて、それぞれに影響を及ぼしあっています。
そして心と体もつながっています。
さらには人と地球、そして宇宙も。。

テーマは解剖学だけど、終了時にはセラピストとして患者さんといかに関わるか、さらにはどう生きるかということまで学んでいた、そんな素敵な講座でした。


マクロビオティックを学んで以来、健康というと特に食べ物、食べ方にフォーカスしがちでしたが、カラダからアプローチすることも大切だな、と改めて実感。

受講者は仕事がセラピーやアロマ関係の方もいましたが、私のように興味があるけれどもまだ仕事にまでは至っていない、という方も半数ほど。
受講者は7人でしたが、みなさんとっても個性的で素敵な方たちでした。
2日間のうちにすっかり打ち解けて、最後に解散するのがさみしかったな。。
でも同じ方向を志向している者同士、きっとまた会えるね!

講師ののみさん(野見山文宏さん)は伊豆で、自然農をしながらご夫婦で生活されています。
http://plaza.rakuten.co.jp/yululi/13000
ご自宅でもセッションをされているとのこと。いつか遊びに行きたい!
今回一緒に受講したメンバーみんなと、のみさんのお宅に押しかけるという野望を秘かに抱いています。


セラピストの方はもちろん、ヨガやスポーツのインストラクターの方にはぜひ受けてほしい!そして健康や体のことに興味がある人にもオススメ!!な講座でした☆

Masako

1