本文へジャンプ

おいしい紅茶の淹れ方、教わりました。

どんなにおいしい茶葉を購入できても、
じっくりと茶葉からおいしい成分を抽出させる
正しい淹れ方を知らないと本当の美味しさを味わえません。
ここでは、ブンブン紅茶店のご主人・小木曽さんに、
紅茶のためのゴールデンルールたるものを教わりました。

紅茶のおいしさの秘訣は、沸騰したお湯をいれると起こる、
ポットの中の茶葉の上下対流(以下 ジャンピング)にあります。
ポットは、そのジャンピングが起こりやすい球形がおすすめ。
材質は保温性のよい陶磁器製がベストです。
ちなみに、ポットを選ぶ際に鉄製だけは避けてくださいね。
鉄分が紅茶のタンニンと結合して風味が損なわれます。


日本の水道水は紅茶に適しています。
汲みたての水道水を完全に沸騰させたものを使用します。
お湯の温度が低かったり、
沸かしすぎたお湯ではジャンピングが起こらず、
おいしい紅茶はできません。


ポットやカップが冷たくては、
せっかくのお湯の温度も下がってしまいます。
必ず使用するポットやカップは、
あらかじめ湯せんをして温めてから使いましょう。
※多めにお湯を沸かして、
ポットやカップに注いでおくのがオススメです。


茶葉の分量は、
ティースプーン2杯(約5gの茶葉)に対し
お 湯400cc~500ccが適量です。
お湯200cc(カップ一杯)増えるごとに
茶葉をティースプーン一杯(約2.5g)増やすことを目安にしてください。


※中身が見やすいように、ガラス製のポットを使用しています。
ポットに沸騰したお湯を注ぎます。
お湯がいっぱいになると、
茶葉はポットの中でゆっくりと上下に対流を始めます。
これが「ジャンピング」です。
ジャンピングが起こることによって、
茶葉からおいしい成分が抽出されます。


砂時計、キッチンタイマー、時計などを使い
時間を正確に量ってください。
茶葉の大きさ、種類によって蒸らし時間は異なります。

アフリカ 2~3分
クラシック 3~4分
ヒマラヤ 4~5分

ポットで蒸らしているとき、必ずティーコジー(ポットカバー)をかぶせ、
紅茶の温度が下がらないようにして下さい。


時間を計り終わったら、一度、軽く紅茶をかきませてください。
そのあと、茶漉しで紅茶を漉します。
おなじく、温めた陶器に移し変えると温度も下がらずいいでしょう。
※アフリカ、クラシックの場合は、
茶漉しで漉さなくてもおいしくのむことができます。


これでおいしい紅茶のできあがりです。
温めておいたカップに注いで、ゆっくりした時間の中で
紅茶を楽しんでください。

【 ミルクを使う場合のワンポイント 】
紅茶に入れるミルクは牛乳が最も適しています。
エバミルクやコーヒー用のミルクは濃すぎて紅茶には向きません。
牛乳の温度は常温のみをオススメしています。
温めた牛乳を入れると、牛乳特有のにおいが出て、
紅茶の香りを消してしまうので気をつけてください。

▲このページのトップへ

ツリープストアのトップに戻る