マクロビオティック・食育やトレイルウォーク&陶芸、ヨットなどロハス体験しませんか?
 
知る・探す・触れる体験する・学ぶお買い物する
Check
富川シェフ 3月のマクロビオティック料理教室(07/3/25開催)

桜はまだでも、アトリエでは楽しい笑顔の花が咲きました。


3月最後の日曜日、人気講座「富川シェフのマクロビオティック料理教室」が開催されました。当日は雨と風が吹き荒れる嵐のような天候でありながら、みなさん一人も欠けることなくご参加いただき、今回も満員御礼となりました。ありがとうございます。

風雨のため富川シェフの到着が遅れてしまうというハプニングもありましたが、無事当日の食材を鎌倉連売所で購入し、アトリエ・ツリープで楽しい実習となりました。

実習では今回のメニューである「ひじき丼」と「うどの梅肉和え」を作りながら、玄米の炊き方、ひじきの煮方、野菜の湯がき方など、マクロビオティックの理論に基づいた調理法を、富川シェフがひとつひとつ丁寧に教えてくれました。

初めて会った人同士が、みんなで料理をするって、最初はちょっと緊張するけど、やっぱりとても楽しいことなんですね。富川シェフのやさしい人柄もあって、自然とアトリエの空気がまあるくなっていました。 参加者の皆さんも笑顔。笑顔。

そして、講座が終了したときには、「おいしかった!」「楽しかった〜♪」と参加者のみなさんも大満足のご様子でした。


項目 当日のスナップ!

画像をクリックすると大きく表示されます。

真剣
真剣
富川シェフの講義にみなさん真剣に聞き入ります。
てきぱき
てきぱき
てきぱきとさすがの動きの富川シェフ。
メモ
メモ
しっかりメモしたレジュメはお家でのお料理の時に役立ちそう。
煮ひじき
煮ひじき
水としょうゆだけなのにこのままでもおいしいんです。
梅肉和え
梅肉和え
梅の風味が食欲をそそります。
盛り付け
盛り付け
みんなで仲良く盛り付けます。どっちが多い?少ない?
できた!
できた!
さあ、ひじき丼もできました。もうお腹ぺこぺこです。
いただきまーす♪
いただきまーす♪
みんなで食べると楽しいね。
おいしいね
おいしいね
おいしいごはんって会話も自然と弾むよね。



項目 概要

名称 富川シェフ 3月のマクロビオティック料理教室
日時 2007年3月25日(日) 10時30分〜14時00分
場所 【treep ATELIER】アトリエ・ツリープ
メニュー ●ひじきのマクロビ丼
●三浦大根とほうれん草のお味噌汁(セロリが市場で手に入らなかったため)
●うどの梅肉和え
参加費 5,000円(消費税込み)
参加者 女性:11名
講師 富川 浩一
天候



次回のプログラム詳細はこちらです。


項目 関連トピックス

項目 ワークショップ会場 : 【treep ATELIER】(アトリエ・ツリープ)のご紹介



富川浩一さん 講師:富川浩一(とみかわこういち)さんのご紹介

洋食のコックとしてさまざまなお店を渡り歩きレベルアップのためにフランス 料理を志し、銀座レカンに5年間勤務。その後、フランスに渡り2年間滞在。 帰国後、再びレカンに勤務後、横浜のレストランにシェフとして勤務(5年)、 何を思ったかマクロビオテックに目覚める。

色々と試行錯誤の末、栃木県益子町のオーガニックカフェ ジャムゥ ラウン ジの立ち上げに参画。

その後、より積極的にマクロビオテックを学ぶために初期のクシガーデンデリ &カフェに勤務。その時に、パトリシオ ガルシア デ パレデス氏に出会い さらに深くマクロビオテックを学ぶ。
シェフ、店長を勤めた後、チャヤマクロビオティックス事業部立ち上げに参加。

今は無き自由が丘店にシェフとして勤務。店長も兼任後、葉山本社にて商品開 発室に勤務。平成18年10月15日に商品開発室長として株式会社チャヤマクロビ オティックスを退社。現在は葉山在住で、今後は湘南を中心に活動する予定。



前のページへ戻る ページ先頭へ戻る

更新日 : 2007年3月26日 19:24
元に戻す印刷プレビュー印刷する


 
新着情報
2020.4.29【参加者募集】
リモート陶芸体験 オンライン陶芸講習【小皿4枚】募集開始しました。

スタッフのひとりごつ。

鎌倉日和

チームマイナス6%みんなで止めよう温暖化

鎌倉ツリープはチームマイナス6%に正式参加しています。


FOOD ACTION NIPPON

鎌倉ツリープはFOOD ACTION NIPPONの推進パートナーです。


 
旅と暮らしを紡ぐツリープ|鎌倉・江の島での体験ワークショップ紹介